MyLife+ 50歳からの Life Shift

MyLife+(まいらいふぷらす)では、100年生きる時代に、「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信しています。

2009年01月

早いもので今日で1月も終わり。(←ホント早いですね) 2009年も残り11カ月となりました(←こう書くとまだまだあるやんと思ってしまいます) 今日は1月の終わりの日ですので久しぶりに【肉体改造】ネタを まずは体重などの報告  体重        76.8kg  体脂肪率  ...

「残業ゼロ」の仕事力(2007/12/22)吉越 浩一郎商品詳細を見る ○基本はロジックを積み重ねて「理詰め」で物事が決まっていくべき。ただ、それだけだと人間関係がぎすぎすするので「義理・人情・浪花節(GNN)」で間をうめる。 ○問題を顕在化することができれば、その時点 ...

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)(2007/12/15)吉越 浩一郎商品詳細を見る ○デッドライン仕事術の二つのポイント  ①毎日、「お尻の時間」を決めて仕事をする(ダラダラ残業禁止)  ②すべての仕事に「締切日」を入れる ○ホワイトカラーの生産性を上げようと思ったら、 ...

今日はどの推薦図書特集にも必ず出てくる名著中の名著 ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか(2002/12/14)エイドリアン・J・スライウォツキー商品詳細を見る 前々から読みたいと思っていたら、先日図書館で発見! で、家に帰って読みだしたらもう・・・・スゴ本 ...

今日ご紹介するのは、林成之先生の新刊 望みをかなえる脳(2009/01/14)林 成之商品詳細を見る 林先生は、以前、当ブログで紹介した の鍛え方 (講談社現代新書)" border="0">の鍛え方 (講談社現代新書)(2006/10/21)林 成之商品詳細を見る の著者で、脳低温療法を開発した世界的 ...

今日ご紹介するのは 世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)(2009/01/21)マッテオ・モッテルリーニ商品詳細を見る 最近よく雑誌などで“読書”特集や“オススメ本”特集が組まれますが、 そんなとき必ず経済分野で必ず推薦される一冊が 経済は感情で動く―― は ...

とても寒い週末、いかがお過ごしですか。 最近のワタクシは、土曜日は子供を習い事に送って行って、その足で古本屋と図書館をハシゴするのが恒例となっています。 図書館だろうが、古本屋だろうが、たくさんの本に囲まれていると幸せを感じるワタクシにはまさに週に一度の ...

ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)(1999/03)立花 隆商品詳細を見る ○本の選び方  ・入門書には2種類ある。教科書的入門書と教科書以前の一般向け入門書とである。  ・まえがき、あとがき、目次、奥付だけは必ず見なければならない。 ...

今回は【書評】ではありません。 男道(2009/01)清原 和博商品詳細を見る ワタクシは、 同世代、野球好き、アンチ巨人そして清原和弘という稀有のバッターのファンとして、純粋に涙しながら読ませていただきました。 みなさんもとやかく考えずに読んでいただければ結構かと・ ...

今日は先日に続き本田直之さんの新刊 レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』(2009/01/16)本田 直之商品詳細を見る これまでレバレッジシリーズといえば、勉強法、時間術、リーディングといったビジネスパーソンにとっての個人的なスキルアッ ...

野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86) (角川oneテーマ21)(2008/08/10)野村 克也商品詳細を見る ○「人は、無視・賞賛・非難の段階で試される」 ○「失敗」と書いて「せいちょう」と読む ○依頼心が強ければ強いほど、人間の思考能力は衰える。 ...

今日ご紹介するのはレバレッジシリーズで有名な本田直之氏久々の新刊 面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則(2009/01/15)本田 直之商品詳細を見る しかも今回は本田氏初の広い意味での自己啓発本。 いわばレバレッジ成功法とも言える内容。 さて、面倒くさがりやでも ...

↑このページのトップヘ