私用で小倉に1泊2日で訪れましたが、お昼前にさくらで到着。

先発で来ていた家族と合流して、「九州に来たんだからラーメン食べよう」と商店街の方へぶらぶらと歩き始めて、ふらっと立ち寄ったのがここ。

ろくの家大黒さんでした。

こがしニンニクが香ばしい六黒をいただいて、九州に来たことを実感





最近、香川県でも美味しいラーメン屋が増えてきましたが、それでもうどん以外の麺類はマイノリティであることにはかわりません。

そんなうどん王国に住むうどん県民にとっては、県外に出た時が美味いラーメンを食べるチャンス。

今回は小倉ということで、北九州らしい細麺豚骨を堪能しようと期待しておりました。

ということで、ろくの家さんにはいったのですが、メニューを見ても知識がないから迷うんですよね。







こういう時はセオリー通り、一番オススメのものを。
「名物」と書かれている六黒(肉玉入り)を注文。



おお、このギトギト感。
豚骨ダァ。
そして、濃い茶色のものがこがしニンニクで、とっても香ばしい。





そして、そうめんのように細いストレート細麺。

ああ、九州に来たんだなぁと実感。

しかし、見た目のギドギド感と違ってコクはあるけど結構あっさり系なんですね。



煮卵もうまいし、




チャーシューもいい(メニューには"肉"って表記されてたな)。



3分の1ぐらい食べたところで、紅ショウガや辛子高菜を入れてまたちょっと違う味を楽しんでみたのですが、中でもよかったのがこちら




旨辛赤だれ



ピリッと辛いけれど、それほどしつこく辛くない。

とっても味のアクセントになって美味しかったです。


ということで、九州上陸してすぐに食べたろくの家さんの六黒。
ストレート細麺と豚骨スープの北九州のラーメンは九州に来たことを実感させてくれる逸品でした。



お店の情報











このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly









スポンサードリンク