先日の上京のおり、横須賀へ戦艦三笠を見に行ったのですが、その前に横須賀に行ったら海軍カレーを食べないとということで横須賀海軍カレー本舗さんに立ち寄りました。

昔ながらの海軍のカレーの味を再現した海軍カレー。 

今のカレーとは一味違って、なかなか味わい深いものでした。

 

横須賀海軍カレー本舗は明治大正期のモダンな雰囲気の店内で昔ながらの味を再現した海軍カレーを味わえる


横須賀中央駅を出てすぐ。

横須賀海軍カレー本舗さんはすぐに分かりました。

IMG_1429

▲お店の前にはこの子がいますから。

実はこの子、ポケストップになっています。


IMG_1431

残念ながら、動き出すことはありませんでしたが、この日は土曜日ということもあって、お店には行列が。
約1時間待ちで入店しました。

その間、1Fがおみやげショップになっているのでいろいろ物色していると、

IMG_1427

▲ペリーサイダー発見。
そうか、ペリーが上陸したのもこのすぐ近くだったな。


IMG_1428


▲ついでに海軍ラムネも。

こんな面白そうなおみやげを物色しているうちに、呼ばれたので2Fのレストランへ上がっていきます。



IMG_1435

▲メニューはいろいろあったのですが、ともかく一番オーソドックスな横須賀海軍カレースペシャル(スペシャルはセットという意味らしい)のビーフを注文。

んー、カレーにしてはお値段ちと高いですね。
しかしここは観光地値段と割りきりました。



IMG_1436

▲カレーを待つ間この「かわら版」を読んでみると、



IMG_1437

海軍とカレーにまつわるエピソードがいろいろ書かれていて面白い。
今でも海上自衛隊は、曜日感覚を無くさないように金曜日にカレーを食べているとのこと。



IMG_1439

▲また、海軍カレーとはという定義も書かれています。

いわく、カレー粉と小麦粉を炒ってあること。
薬味にチャツネをそえることなどが一般的なカレーと違うところかな。


他のお客様が満席だったので店内の写真は撮らなかったのですが、あきらかに海軍ファン(ミリヲタ、迷彩着てでかいカメラを持っている)という方と、それ以上にアニメファン(キャラクターグッズを持っている)が多数。

明治大正期を思わさるモダンな内装のお店の雰囲気と超現代的なお客様との融合が、なんとも不思議な空間となっています。

そのアニメですが、艦コレぐらいは聞いたことがあるけれど、

IMG_1434

晴風は知らなかった。
けど、店内のモニターがずっとこのアニメを映しているから多分人気アニメなのでしょう。


IMG_1442

▲また、軍艦をかたどった艦名のついたカレーメニューも。


IMG_1440

▲さて、先に付け合せが登場。
サラダと牛乳、そして福神漬けとチャツネ。

IMG_1441

▲カレーにチャツネを添えるというのは初めてだな。


IMG_1443

▲で、遅れて海軍カレーの登場です。


IMG_1444

▲一見、ちょっと色が薄めかなと思うくらいで、見た目は普通のカレー。


IMG_1445

▲実食した感想は、まずは辛くない。
昔の日本人にはそんなに辛いモノを食べる習慣がなかったからでしょうか。

ちょっと辛口のカレーを食べ慣れている僕には、子供が小さかったときに作っていた甘口のカレーを思い出す味でした。

んー、決して大人の味ではないなぁ。
しかも牛乳とかチャツネを一緒に味わうと、これはもうマイルドすぎますね。

具材は野菜が型くずれしていないところを見ると、べつに調理して、お客様に出すときに一緒にして加熱するのかな。

ただ、肉はとろけてなかなかいい感じ。

まぁ、悪くはないですね。




まとめとお店の情報


カレーとしては、甘口だし、量も少なめだし、その割に値段高いのでおすすめしにくいですが、観光地の記念というか話の種に食べるのはありかなと。

それに昔の海軍軍人さんはこういう料理に憧れて入隊した人も多かったと聞いていますし、その味を知るのもまた教養としていいかもしれません。

もう一回食べたいかと聞かれたら微妙ですが、横須賀に初めて行かれるならぜひ体験してみてください。





関連ランキング:カレーライス | 横須賀中央駅汐入駅








このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly









スポンサードリンク