おはようございます。
今日、3月10日は「東京都平和の日」。
1945年3月10日深夜0時8分、東京にアメリカ軍B29爆撃機344機による焼夷弾爆撃がありました。
東京は第2時大戦中100回を超える空襲にあいますが、いわゆる「東京大空襲」という場合はこの日のことを指す場合が多いようです。

さて、本日のKindle日替わりセール本は、トランプ本。
大統領選以前から良くも悪くも世界一のお騒がせ男ですが、彼の人となりがよくわかる一冊です。


マイケル・ダントニオ (著)『熱狂の王 ドナルド・トランプ』 499円 




熱狂の王 ドナルド・トランプ
Amazonの内容紹介より

人種や外交、政策などからゴシップまで、物議を醸す発言で知られるドナルド・トランプ。彼はどうしてめちゃくちゃな発言を続けながら、共和党の大統領候補にまで上り詰めたのか? その理由は、政治はもちろん、人々のイメージや心理、カネ、不安、恐怖、メディアパワーなどあらゆる要素、あるいはアメリカのあらゆる問題を絶妙に利用して、良くも悪くも注目を集め続けてきたトランプの過去にあります。 本書でトランプの生きてきた道筋、ビジネス手腕や交渉術、メディア戦略をたどっていくことは、つまり、格差や貧困、ポピュリズム、「アメリカンドリーム」と言いながら金持ち有利な各種制度、いまだに残る人種差別など、「現代のアメリカが抱える不安や問題点」を知ることでもあるのです。 ピュリッツァー賞授賞ジャーナリストのマイケル・ダントニオが手がけ、「ニューヨーク・タイムズ」「ワシントン・ポスト」「フィナンシャル・タイムズ」など、欧米各紙で絶賛された本格ノンフィクション、ぜひお楽しみください。







Kindleを読むならKindlePaperwhiteがおすすめです!









マンガ好きにぴったり、32GBの大容量モデルも登場!

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル



カラーページの多い本なら




最上位機のKindle Oasisも発売中






kindleは無料の専用アプリを使ってiPhoneでも読めます。



このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly