(集まってくれた面々、ありがとうございました)

先日の東京・仙台方面への出張の折、東京でブログ仲間の馬場じむこさんが一席設けてくれました。

ちなみにこちらの本の著者さんです。

「働くママ」の時間術
馬場 じむこ
日本実業出版社
2012-04-12


(馬場さん、リンク貼っといたよ!)

当ブログでの紹介記事はこちら




日本酒の美味さにトラウマから抜け出せた!



で、その一席設けてくれたお店が池袋にある日本酒BAR酒母(しゅぼ)。



ここ、3000円で日本酒飲み放題(角打ちもあり)で、料理は持ち込み自由というちょっとユニークなお店。

でね、僕は実は日本酒があまり得意ではありません。

僕の年代って大学生の時一気飲みが流行ってて、安い日本酒を一気飲みさせられた世代なのですよ。
そのトラウマで、どうも日本酒というと美味しくない上に悪酔いするという苦しい思い出だけが刷り込稀ているわけです。

なので、この飲み会でも出張中でもあるし、「おさえろ、おさえろ、あまり飲みすぎるな」というブレーキをかけつつのスタートでした。

このお店、自分の好みの味(甘いとか辛いとか、軽いとか重いとか)を伝えると名柄を選んでくれるのです。

僕が伝えたのは軽めでちょっと辛口。

で出してもらったお酒が(酔っ払って銘柄忘れた・・・)これが美味い!

「へぇ~日本酒ってこんなに美味しいのか」

で、初っ端からもうブレーキが効かず、あれこれ飲んでしまったのでした。
そのため酔っ払ってお店の写真とかお酒の写真とかすべて撮り忘れております(申し訳ござらぬ)。

いやぁ、すっかり日本酒へのトラウマが消えました。
美味しいお酒、そして楽しい時間をありがとうございました。

今度は本格的に飲める体制で行きたいと思います。
あ、写真もとりたいし。



後日談


さて、後日談。

酒母さんではじめて飲んですっかり気に入ったお酒を香川に帰ってきてから自分で買ってきました。

それがこちら




そう、地元香川のお酒なのですよ。
しかも職場から近く、しょっちゅう蔵元の前を通っている川鶴酒造さんのにごり酒です。







ごらんのとおりカルピスのような見た目のにごり酒。
ロックでいただきます。




程よく酸味があって、乳酸飲料好きの僕にはぴったり。




この日は自宅で海鮮丼と一緒に味わいました。


まさか日本酒トラウマだった自分が日本酒で晩酌するようになるなんて。
酒母の皆様ありがとうございました。



日本酒BAR酒母 お店の情報




関連ランキング:バー | 東池袋駅東池袋四丁目駅都電雑司ケ谷駅






このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly









スポンサードリンク