IMG_2701


こんにちは、一龍(@ichiryuu)です。

手帳ファンは毎年楽しみにしている『日経ウーマン』 2018年 11 月号 。
『日経アソシエ』が休刊となっている今、雑誌の手帳特集としては国内最大級の内容とボリュームを誇るといっても過言ではないでしょう。

で、今年の手帳特集のテーマは

2019年は書くだけで、自分が見える!夢に近づく!未来が整う!手帳の書き方 Sample 300

「書き方」にフォーカスした特集となっていますが、これでもかと実例が満載されている伝統はこれまでどおり。

さて、今回のエントリーでは、この特集で紹介されている「書き方」の中から、気になったものをポイントとしてご紹介したいと思います。


『日経ウーマン』11月号 2019年は書くだけで、自分が見える!夢に近づく!未来が整う!手帳の書き方 Sample 300


IMG_2703


★書いてデトックス→改善点を別のノートに書く


IMG_2704

日本テレビキャスター 小西美穂さん

「日経ウーマン」の手帳特集の特徴は、毎回様々な業種から、様々な手帳タイプの、様々な使い方を紹介していること。

今回の特集でもたくさんの実例が挙げられていますが、なかでも僕が注目したのは日本テレビキャスターの小西美穂さん。

というのも、こちらの本でお名前を知っていたからなのですが(テレビ見ませんから本でお名前を知りました)




それはそうと、手帳術。

オッと思ったのは、週間バーチカルの独特な使い方でした。

週間バーチカルといえば、スケジュール管理に特化したスタイルなので、きっちり書いている人が多いイメージでした。

ですが、小西さんの使い方は結構ゆるゆる。

新聞記事を貼っていたり、空きスペースちは「雑記」されていたり。

ですが、自由に使っているように見えて、スケジュールやタスク管理はもちろん、気づきや反省なども書かれていて、書くべきことはしっかり書かれている。

この記事でも触れられていますが、反省やネガティブな感情の吐き出し場所として手帳は機能していて、それに対する改善策も別のノートに書かれるそうで、日々の成長の起点となっているんですね。

いずれにしても、この習慣バーチカルの使い方は面白いなと思いました。



★技のデバート


IMG_2705


実践例の後は手帳術講座です。
この特集では、マンスリーやレフト手帳など、形式に応じて使い方のテクニックを紹介しています。




★平日夜の予定は色で囲んで目立たせる


IMG_2706

ひとつ使い方テクをご紹介します。

平日夜の予定を色で囲んで目立たせるという方法。
この例では黄緑色で囲まれている部分。
1日のマスの下側を夜の予定として囲んでおり、こうすることでこの日は「残業できない日」として意識するのだそうです。

マンスリーページはすべてのスケジュール管理の起点ですから、この段階で「見える化」するは効果的だと思います。

早速真似しよう。




★「質問」手帳術で夢や目標を叶える


IMG_2707

今回の特集の後半は夢や目標を実現するための手帳術が紹介されています。

その中でまず気になったのが、「質問」手帳術。
このコーナーの解説者は質問家の河田真誠さん。




詳しい方法は本書で確認してほしいのですが、例えばどんな「質問」かというと、

表紙の見開きに、「1年後の今頃、どうなっていたいですか?」

「1年後「ありがとう」の手紙を2通受け取りました。それは、誰から、どんな内容のものですか?」という質問に、実際に想像しながら手紙を書いて、手帳に挟んでおく

などなど

質問によって行動の起点にしようという感じかな。

手帳を見返し、目標を意識する方法としてとてもいいと思うので、これも真似しよう。



★書くことで目標を達成する手帳術



IMG_2708

さて最後に、目標を達成するための手帳術を紹介。

解説してくれているのは原田隆史さん。
あの、『目標達成ノート』の著者さんです。

原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER
原田 隆史
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-04-20




これも詳しくは本書で確認してほしいのですが、よくビジネスシーンで言われる「PDCA」の手帳での回し方。

そして、週末に立てた翌週のプランを毎日の手帳に落とし込んでいく方法を紹介してくれています。

この記事では習慣バーチカルタイプで実例を紹介してくれていますが、レフトタイプとか一週間を俯瞰できるタイプのものなら真似できると思います。








感想


◆とにかく実例が満載


先述しましたが、現在日本で出版されている雑誌の手帳特集としては最高峰のポジション、今年も不動でした。

とにかく日経ウーマンさんの手帳特集のいいところは、実例が豊富すぎる点。

しかも、タイプの違う手帳を、それぞれ違う職業の方でバラエティをもたせたのはさすがとしか言いようがありません。

これだけ人数集めるの大変だっただろうな。

そのおかげで本来他人の物を見ることができない手帳をまじまじと見せてもらえるわけですから、本当にありがたいです。


◆仕事だけでなく目標達成テクも豊富

そして、女性向け雑誌ならではの特徴として、目標達成テクが男性雑誌よりも豊富に掲載されている点。

テーマとしては「貯金」とか「ダイエット」といったものが紹介されていますが、目標達成という本質は共通していますからとても参考になります。

ポイントは記録して「見える化」することと、「振り返り」から「改善」へという流れ。

これさえ抑えておけば、あなたの手帳も「目標達成手帳」になるはずです。



◆お約束の手帳と文具の紹介はなかった・・・


大満足な手帳特集でしたが、一つだけ残念な点が。

それは手帳特殊にはお約束の手帳紹介と文具の紹介のコーナーがなかったこと。

個別の記事で手帳と文具が紹介されていますが、やっぱり絶対量が少ないですね。

そこだけちょっと物足りなかったので、来年の手帳特集のときは復活お願いします。







目次



書くだけで、自分が見える! 夢に近づく 未来が整う! 手帳の書き方 Sample300
PART 1 仕事に効く手帳術
・人事、営業企画、管理職、起業家…  
 職種別に8人登場! 手帳で“仕事力アップ"するコツ
・2018年輝いた女性の「引き寄せる」手帳の秘密  
 直木賞受賞作家・島本理生さん  
 日本テレビキャスター・小西美穂さん
・忙しくてもON/OFF充実! “ワーママ手帳"の秘密
・仕事のお悩み別! あなたにピッタリの手帳ガイド&使い方テク  
 スケジュールに余裕を持って進めたい ⇒ マンスリー手帳  
 やり忘れなどのミスをなくしたい ⇒ レフト手帳  
 予定に追われず自分の時間も確保したい ⇒ バーチカル手帳  
 仕事と家庭とを上手に両立したい ⇒ ガントチャート手帳

PART 2 デジタル×アナログ活用術
・デジタル×アナログ手帳で「整う生活」始めよう!

PART 3 書くだけで充実! のコツ
・毎日コツコツ書くだけ 手帳で「幸せと成長」を実現中です
・自分をもっと大切にする「手帳タイム」を始めよう
・話題の質問家が教えます  
 書くだけで人生が動き出す! 「質問」手帳術

PART 4 夢&目標に手が届く手帳術
・試験に合格 ダイエット成功 お金が貯まる  
 教えて! 夢&目標がかなう手帳の書き方
・毎日、書き込むだけ!  
 原田式 書くことで目標を達成する手帳術
・ジブン手帳、EDiT、アクションプランナー…  
 人気の手帳を100冊プレゼント!




おまけ


IMG_2695

今回の日経ウーマンにはスマホケースのおまけが付いています。


IMG_2697

リサ・ラーソンのオリジナルスマホケースでございます。



IMG_2698

iPhone、アンドロイドのほぼ全機種対応とのことですが、僕のiPhoneXがギリギリ収納できる大きさなので、iPhoneXs Max(Plus)は無理っぽいです。





このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly