「オーヴァーロード」【映画レビュー】人間の狂気こそが最強最悪なホラー


2019年、映画館で観る3本目は「オーヴァーロード」。

「オーヴァーロード」の公式サイトはこちら

しばらく映画館の大きなスクリーンで見たくなる作品がなくて、2月の「アリータ バトル・エンジェル」以来の映画館での映画鑑賞となりましたが




「オーヴァーロード」、人間の狂気こそが最強最悪なホラーだと気づくだろう


一作で3度美味しい作品


J・J・エイブラムス制作というのが全面に宣伝されているので、正直言って警戒していました。

というのも、僕はこの方の制作、あるいは監督作品には当たり外れがあると感じるから。

最近だと「ミッション・インポッシブル」シリーズはおおむね高評価を与えていいとおもいますが、「スター・ウォーズ エピソード8」はもうスター・ウォーズファンを辞めたくなるような駄作でした。

なので今回、久しぶりに映画館に行ったけど、お金の無駄にならないか心配していました。
が、その心配は始まった途端に杞憂となりました。

とにかく冒頭の落下傘部隊のシーンがすごすぎる。

完全に心を鷲掴みにされ、作品に引き込まれます。

で、ガチの戦争映画の体で始まるわけですが、ここから弛むことなく話が展開されていき、気がつくととんでもない映像を見せられています。

戦争映画 → 戦場スリラー → モンスターホラー

といった感じで、どんどんと作品の内容が変わっていく、いわば一作で3度美味しい作品でした。

冷静に考えれば、最後のモンスターホラーなんてただのおバカ映画なのですよ。

「ナチスの秘密兵器を潰しに行く精鋭部隊」というテーマの映画はよくありますが、この作品は度が過ぎています。

普通なら現実味がなくなってしまうところですが、うまく3段階に引き込まれているので、最後まで手に汗握って見入ってしまい、エンドロールで脱力して疲れ果てる。

そんな感じです。




B級おバカ映画ながら人間の狂気を感じさせるのに成功している


で、話自体はB級おバカ映画ですが、戦場という狂気の舞台とうまくくっつけたところが勝因ですね。

ゾンビだろうがモンスターだろうが、一番怖いのは人間ですよ。

一歩間違うと人間ほどの化物はいない。

しかも戦争という狂気に追い立てられると、なにをするかわからない。

そういうちょっと深いメッセージも後から気づきます。

言っておきますが、後からです。

映画見ているときは、そんな事考える余裕は全くありませんから。






若手俳優に注目


さて、今回この作品には二人注目してほしい役者が。

一人はフォード伍長役のワイアット・ラッセル。
なかなかかっこいい役者だな、雰囲気もあるしと思っていたらカート・ラッセルさんの息子さんなのですね。
もちろんお母さんはゴールディ・ホーンさんです。
超サラブレッド。




そしてもう一人は作品に華を添える紅一点、クロエ役のマティルド・オリヴィエ。

まだ24歳のフランスの女優さんですが、芯の強さを感じさせる美人です。
今後の活躍が楽しみ。


この二人、注目してください。


あっ、もちろん主役のジョバン・アデポもです。



あわせて読みたい








スポンサードリンク