おはようございます、一龍です。 今日は、当ブログでは珍しく、文芸書をご紹介。基本的に文芸書の書評は書かない事にしているのですが、本書はブロガーとしてかなり胸に迫ってくるものがあり、ブログ記事にせずにはいられませんでした。それに、「実はこの本が、例のあの本 ...