まいぷら

まいぷら(MyLife+ マイライフプラスの短縮形)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ。書評、ガジェット、ライフスタイル、旅、アウトドア、ときどき讃岐うどん

本の紹介-教養

小川 仁志 (著)『世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典』SBクリエイティブ【本の紹介】地歴公民科の先生は必携、社会人は武器として一冊は持っておこう

おはようございます! 今日ご紹介する本は小川 仁志 (著)『世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典』SBクリエイティブ です。 いやぁ、この本、僕が高校教師してたときに出してほしかった。 そしたら絶対授業に役立てたのに。 悔しがっても…

平藤 喜久子(著)『いきもので読む、日本の神話』東洋館出版社【本の紹介】いきものの視点から伝わってくる古代日本の自然の豊かさ

この記事では、平藤 喜久子(著)『いきもので読む、日本の神話』東洋館出版社を紹介しています。 興味のある方はお読みください。

石 平(著)『なぜ中国は日本に憧れ続けているのか』SB新書【本の紹介】第3の視点から見た貴重な日中関係解説

戦後の日中関係について知りたいですか? この記事では石 平(著)『なぜ中国は日本に憧れ続けているのか』から、戦後の日中関係について紹介しています。 興味のある方はお読みください。

堀正岳(著)『知的生活の設計 「10年後の自分」を支える83の戦略』KADOKAWA【本の紹介】ブログが知的生活をささえる最適なツールであることの理由

堀正岳(著)『知的生活の設計 「10年後の自分」を支える83の戦略』をご紹介。 今回は本書からブログが知的生活をささえる最適なツールであることの理由をピックアップしました。

佐藤優(著)『武器を磨け』(SB新書)【本の紹介】”組織”で生き残るための抜群な「処世術テキスト」

佐藤優(著)『武器を磨け』(SB新書)より、読書メモをシェア。『キングダム』は”組織”で生き残るための抜群な「処世術テキスト」ですね。

『問題解決大全』は教養本として楽しめ! そして著者の博覧強記ぶりに瞠目せよ

読書猿さんの『問題解決大全』をご紹介。 この本、ただのフレームワーク集ではなく、教養本として楽しんでいただきたいです。

『コーランを知っていますか』から読書メモ、いやぁ知らなかったなぁ

阿刀田高(著)『コーランを知っていますか』の読書メモ。

「えっ、ウソ!?」、常識を覆された!誤解だらけの廃藩置県

八幡和郎(著)『消えた都道府県名の謎』より、常識を覆された誤解だらけの廃藩置県のポイントをピックアップ。

新社会人が日経新聞を読むときにチェックするべきポイント

山本博幸(著)『とりあえず日経新聞が読める本』から、新社会人が日経新聞を読むときにチェックするべきポイントをピックアップしてみました。

半年で世界史の知識が飛躍的に身につく【勉強法】佐藤優(著)『読書の技術』から、社会人のための世界史の学び直し方法の紹介

佐藤優氏の『読書の技術』から、半年で世界史の知識が飛躍的に身につく、社会人のための世界史の学び直し方法のポイントを紹介します。

『ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ』から、ISの”なぜ”について理解するためのポイント

『ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ』から、ISの”なぜ”について理解するためのポイントをピックアップしてみました。

知るって楽しい!池上彰さんに学ぶ、日本人なら知っておきたい日本のあれこれ

テレビ番組をもとにした『池上彰のニュースそうだったのか!!』の第1巻、「実はみんな知らない日本」から、わたしが「そうだったのか!!」となったトピックスを幾つかピックアップします。

そこに何か意図があるのか?安倍総理の米両議会演説の影響と評価を伝えないマスコミ

おはようございます、一龍です。 先日、夏からずっと世論を賑わせていた安保法案に一応の区切りがつきました。日本の安全保障の大きな転換点となるわけで、法案自体か非常に重要なものであったことは間違いありませんでしたが、それだけにこの法案を巡る議論…

6つの「お」がつく言葉からわかる、絶対無くしたくない日本人の誇り

おはようございます、一龍です。 昨今、安保法制を含めて世界の中での日本の存在や国際貢献のあり方などが議論されることが多くなっています。 そんな中、日本の先人の国際貢献のエピソードをたくさん紹介している『外国語には訳せない うつくしい日本の言葉…

「何から始める?」教養特集を読んで教養人を目指そう【アソシエ】「日経ビジネス アソシエ 2014年10月号」

おはようございます、一龍です。今日は久々に日経ビジネスアソシエのご紹介。メイン特集が「教養入門」とあっては、リベラルアーツブログを標榜している当ブログにとって、見過ごすわけにはいきません。

民主主義の構造的欠陥をあきらかにする【書評】塩野 七生(著)『日本人へ 危機からの脱出篇』 文藝春秋

日本人へ 危機からの脱出篇 (文春新書 938)posted with ヨメレバ塩野 七生 文藝春秋 2013-10-18 AmazonKindle楽天ブックスhontoe-hon おはようございます、フィリピンの台風の被害に心痛める一龍(@ichiryuu)です。 今日は塩野七生さんの『日本人へ』シリー…

いったい誰のための憲法改正か考えよう【書評】倉山満(著)『間違いだらけの憲法改正論議』 イースト・プレス

間違いだらけの憲法改正論議 (イースト新書)posted with ヨメレバ倉山満 イースト・プレス 2013-10-10 AmazonKindle楽天ブックスhontoe-hon おはようございます、憲法前文を暗記させられたのがすごく嫌な思い出として記憶に残っている一龍(@ichiryuu)です…

玉石混淆から玉を見出す【書評】勝間 和代(著)『専門家はウソをつく』 小学館新書

専門家はウソをつく (小学館新書)posted with ヨメレバ勝間 和代 小学館 2013-10-01 AmazonKindle楽天ブックスhontoe-hon おはようございます、うどんを食べる専門家の一龍(@ichiryuu)です。 さて今日は、超久々に勝間和代さんの新刊をご紹介。 専門家なる…

自分の目で見抜いてしまえ!【書評】鈴木 哲夫(著)『政治報道のカラクリ』 イースト・プレス

政治報道のカラクリ 安倍政権誕生の真相 & 操られた平成選挙史 (知的発見! BOOKS 018) (知的発見!BOOKS)posted with ヨメレバ鈴木 哲夫 イースト・プレス 2013-09-15 AmazonKindle楽天ブックスhontoe-hon おはようございます、3連休はおとなしく家でブログ…

これはもう超訳です!【書評】塚田 薫(著)『日本国憲法を口語訳してみたら』 幻冬舎

日本国憲法を口語訳してみたらposted with ヨメレバ塚田 薫 幻冬舎 2013-07-26 AmazonKindle楽天ブックスhontoe-hon おはようございます、我が家では人権よりも犬権のほうが上という不条理な状態にある一龍(@ichiryuu)です。 さて今日は、日本国憲法を口語…

この命をどう使い切るか【書評】池田貴将(著)『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰』 サンクチュアリ出版

この記事では、池田貴将(著)『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰』 サンクチュアリ出版より、吉田松陰先生の生き方に関する言葉を紹介しています。

不屈!【書評】ポール・ジョンソン(著)『チャーチル』 日経BP社

チャーチル 不屈のリーダーシップposted with ヨメレバポール・ジョンソン 日経BP社 2013-04-25 AmazonKindle楽天ブックス7nethontoブックオフe-hon おはようございます、Vサインをピースサインと呼ぶのに違和感がある一龍(@ichiryuu)です。 さて今日は、…

日本がとるべき道は?【書評】鈴置高史(著)『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』 日経BP社

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国posted with ヨメレバ鈴置高史 日経BP社 2013-02-21 AmazonKindle楽天ブックス7nethontoブックオフe-hon おはようございます、韓流スターはヨン様しかわからない一龍(@ichiryuu)です。 さて今日は、日経ビジネスオンラ…

大人の教養としての歴史の学び方が勉強になった件【教養】「日経ビジネス Associe 」2013年 02月号

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 02月号 [雑誌]posted with ヨメレバ日経ビジネスアソシエ編集部 日経BP社 2013-01-10 AmazonKindle楽天ブックス7netbk1e-hon こんばんは、歴史小説も大好物な一龍(@ichiryuu)です。 さて今夜は、もう2月号が出た…

心に語りかける超訳【紹介】日経おとなのOFF『心がラクになる 超訳 賢者の言葉』 日経BP社

心がラクになる 超訳 賢者の言葉 (日経ホームマガジン 日経おとなのOFF)posted with ヨメレバ日経おとなのOFF 日経BP社 2012-09-29 Amazon楽天ブックス7nethontoブックオフe-hon 「ソ、ソ、ソクラテスもプラトンも、みんな悩んで大きくなった!」 こんばんは…

強く生きよ!【書評】白取 春彦(編訳)『超訳ニーチェの言葉II』Discover21

超訳ニーチェの言葉IIposted with ヨメレバ白取 春彦 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-08-14 Amazon楽天ブックス7nethontoブックオフe-hon おはようございます、お盆休みに充電どころか放電しまくって抜け殻となっている一龍(@ichiryuu)です。 さて…

人生は思索の旅【書評】白取 春彦(著)『生きるための哲学』Discover21

生きるための哲学posted with ヨメレバ白取 春彦 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-05-14 Amazon楽天ブックス7netbk1ブックオフe-hon おはようございます、哲学というと大学の寮の後輩が哲学科の変わったヤツで、肘フェチだったことを思い出す一龍(@i…

「新しい指標」で戦うために【書評】鈴木 博毅(著)『「超」入門 失敗の本質』 ダイヤモンド社

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマposted with ヨメレバ鈴木 博毅 ダイヤモンド社 2012-04-06 Amazon楽天ブックス7netbk1ブックオフe-hon おはようございます、第二次大戦中のレシプロ戦闘機が大好きな一龍です。 今日は…

こういう電子書籍を待っていた【アプリ】「ルーブル美術館 木村泰司の絵画の読み方」(ディスカヴァー21)

ルーヴル美術館 木村泰司の絵画の読み方 - Discover21,Inc. 今日は電子書籍のご紹介。 美術館好きのワタクシにとって、ようやく電子書籍の特性を生かした“出してほしい本”が登場しました。 いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!

さらばテレビ放送【書評】坂本衛(著)『「地デジ化」の大問題』(知的発見!BOOKS)

「地デジ化」の大問題 誰も書かなかった「アナログ停波」のカラクリ (知的発見!BOOKS)posted with ヨメレバ坂本 衛 イースト・プレス 2011-06-09 Amazon楽天ブックス7netbk1ブックオフe-hon いよいよ明日でアナログ放送終了です! しかしこの地デジ化への移…