本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

スカッとする自転車特集!【紹介】「BEーPAL」 2012年 11月号

こんばんは、最近自転車は乗っているより磨いているほうが多い一龍(@ichiryuu)です。

さて、朝晩めっきり肌寒くなり、少々動いても汗をかかない季節になりました。
まさに自転車シーズン到来!

ということで今夜は「BE-PAL」の自転車特集を紹介します。

 

【特集項目】
IMG_1901_convert_20121021115400.jpg

スカッとする自転車
・日本一スカッとする自転車店!
・いまなぜ『サーリー』なのか?
・スカッとしたいときは、自転車屋さんに相談だ!
・最近、これがキテます!
・10万円で選ぶ「スカッとする自転車」図鑑。
・バイク・トリップしませんかー?

【ポイント&感想など】

勝間さん以来ビジネスマンの自転車通勤は珍しくなくなり、ビジネス雑誌でも自転車特集が組まれるようになった昨今ですが、そこはアウトドア雑誌の老舗である「BE-PAL」が組む自転車特集、ひと味もふた味も違います。

特にこの特集で猛プッシュで紹介されているのがこちら

IMG_1902_convert_20121021115439.jpg

「SURLY」(サーリー)というブランドです。

ローテク、頑丈、長寿命がウリの武骨なフォルムはとにかくインパクト大。

仕様の特徴としては、「4130クロモリ鋼」を使用したフレーム、ギアは前後ともシングル、そしてなんといってもその太いタイヤ。

IMG_1903_convert_20121021115614.jpg

レーサーやクロスバイクのように、タイヤは細くて接地面積が少ないほど軽く走ることができます。
しかしそれに反比例して振動吸収力は落ちて乗り心地は悪くなります。

その問題の解消策としてサスペンションなどハイテクを駆使するわけですが、SARLYはあくまでローテク。

「タイヤは最良のサスペンション」と考え、空気のいっぱい入った太いタイヤで振動を吸収。
いや、この考え方は気がつかなかったな。

それにこの太いタイヤのフォルムはパワフルでカッコいい。
日本でもこれから流行るかもしれませんね。

さて、SARLY以外の自転車の最新ニュースも。

ワタクシが特に注目したのはこちら
IMG_1904_convert_20121021115701.jpg

サイクルトレーラーというとカッコいいですが、要するにリアカーです。

TOPEAK(トピーク) Journey Trailer and DryBag ACZ21000 TOPEAK(トピーク) Journey Trailer and DryBag ACZ21000
(2011/11/30)
TOPEAK(トピーク)

商品詳細を見る

ただし、このトレーラーが魅力的なのは、まず一輪ということ。

2輪だとカーブで車体を倒せず、どうしても曲がり辛いのですが、これは一輪なので曲がりやすいのだとか。

それに最大積載32kg!
お米やミネラルウォーターなどの重たいものを買い出すときにも便利そう。

もちろん自転車での長距離の旅にはすごく重宝(防水仕様の専用大型バック付属)すると思います。
取り付けもワンタッチで、ほとんどのクロス、ロード、MTBに装着OK。

少々お値段が張りますが、ワタクシも欲しい。

さて、最後に自転車でのオススメ旅情報も。

IMG_1905_convert_20121021115739.jpg

自転車で瀬戸内海を渡ることができる唯一のコース、しまなみ海道も紹介されています。

「BE-PAL」を読んで、秋の自転車旅行に出かけてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA