本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

静かな地元の名店【讃岐うどん日記】讃州屋

IMG_1726_convert_20121117142635.jpg

追記:讃州屋さんは閉店いたしました

讃岐うどん日記、第17回目。

地元民に絶大な人気を誇り、そしてワタクシが一番好きなうどん店、 讃州屋 の登場である。

 

 

 

静かな地元の名店【讃岐うどん日記】讃州屋

うどん県で社会人をしていると、必ず職場に一人や二人はうどん通がいる。

讃州屋に通うようになったきっかけは、そういった職場のうどん通の先輩に連れてこられたことだった。

休日には自分でもうどんを打つのが趣味というその先輩に、「先輩が一番美味いと思ううどん屋に連れて行ってくださいよ」と言った時に連れてこられたのだ。

国道沿いにありながら目立たなくて、うっかりすると見落としそうな店の外観。
そして店内は、お世辞にも綺麗とかオシャレという言葉とはほど遠い”昭和レトロ”な内装。
”昭和レトロ”は店構えだけではない。
注文を聞きにきてくれるお姉様方もかなり年季がはいっている(失礼)。

讃岐うどんの原風景のような店である。

先述の先輩に、「この店のオススメは?」と訊くと、間髪入れずに「ぶっかけやろ」の返答。

「ここのぶっかけはな、あちこちのうどん屋を食べ歩きをすればするほど讃州屋が一番美味いって納得できるわ」

以来、十数年。

あちこちのうどん屋を食べ歩き、うどんファンとしての現場実習を積めば積むほどわかったことがある。

「讃州屋のぶっかけは最高」ということだ。

店に入ったら迷うことなく「ぶっかけ大!」と大きな声で注文することをおすすめする。
小では「うわ美味い、もっと食べたい。大にしとけばよかった」と絶対に後悔するからだ。

しばらく待つと”お姉さん”がうどんを運んできてくれる。

これだ!

IMG_1721_convert_20121117143049.jpg

もう、これ以上ないというレベルのシンプルさ(潔い)。

茹でたうどんにレモンが乗っているだけである。

しかし、この麺、艶やかで艶かしい。

ここでオススメの食べ方を紹介する。

この店にはトッピングの天ぷらはない(この点も潔い)。

しかし天かすはドーンとある。

IMG_0967+のコピー_convert_20121117143150

かなり大粒の天かすを、これでもかというぐらい、麺が見えなくなるぐらいにどんぶりに盛る。

IMG_1722_convert_20121117143235.jpg

今回は撮影用にひかえたが、いつもはこんなもんじゃない。

IMG_1723_convert_20121117143321.jpg

そしてテーブル上にあるネギを、これまたてんこ盛りにし、一味(鷹の爪)を少々。
この店の一味はむちゃくちゃに辛いので要注意。

そしてぶっかけ出汁。

IMG_1720_convert_20121117143527.jpg

徳利で”お姉さん”が運んできてくれる。
赤いテープが蒔いてあるのが「熱いの」、青いテープが蒔いてあるのが「冷たいの」だ。

IMG_1724_convert_20121117143413.jpg

通常、ぶっかけうどんの出汁は少なめなのだが、この店では自分で注ぐため好きなだけかけることが出来る。

いりこの濃厚な出汁を、かけうどん並みにたっぷりかける。

ようやく準備完了。

IMG_1725_convert_20121117143620.jpg

やや太麺の、コシがしっかりした重たい麺をまずは一口。

もうこの後は、夢中で食べることになる。

気がつけば、濃厚なぶっかけ出汁を含んでトロトロになった天かすを、出汁とともに一気に飲み込み、完食していることだろう。

讃岐には数々の名店が存在するが、観光客に知られておらず、地元民に愛される讃州屋は、いまや貴重な店である。

【蛇足】
ワタクシにとってうどんはソウルフード。
もし、「死ぬ前に何が食べたい?」と訊かれたら、脊髄反射で「うどん!」と答えるのは言うまでもない。
そしてもし、”銘柄”まで指定できるなら、迷うことなく「讃州屋のぶっかけ」と答えるだろう。

ちなみにワタクシの”讃州屋”という屋号は、いうまでもなくこの店から勝手に拝借したものである。

【お店のデータ】
住所:香川県善通寺市下吉田町889−4
電話:0877-62−9339
営業時間:(平日)11:00~16:00
     (土) 11:00~16:00
     (日・祝)11:00~16:00
定休日:水曜日
お店の形式:一般店

あわせて読みたいうどん記事

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

うどん巡礼のお供に

 

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

 



当ブログでの紹介記事:『さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版』【うどんネタ】ゴールデンウィークは本書をガイドにうどん巡礼! 使い方のポイントも解説 – まいぷら

うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

 

 

当ブログでの紹介記事:『うどん手帖 死ぬまでに一度は食べたい!! 全国の名店50+α』【うどんネタ】うどん県以外にも美味いうどんはあったんだ! – まいぷら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA