本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

女性向け読書特集とはこういう内容だったのね【紹介】日経WOMAN 2011年8月号

男性ビジネス雑誌の読書特集は毎回チェックするものの、女性雑誌の特集は今までチェックしたことがありませんでした。
おそらく男性読者が多いであろう当ブログも、これからは女性読者の獲得を目指すべく、マーケティングも兼ねて日経WOMANをはじめてチェックしてみました。

自分へのメモも兼ねて、気になる本をご紹介

 

【特集項目】
woman1_convert_20110724204607

人生の糧になる本がきっと見つかる! 心を満たす夏の必読本220冊
・Interview ~私の心を満たす10冊~ 知花さくらさん、谷原章介さん、井上荒野さん
・道尾秀介さん、深澤里奈さん、シルクさん・・・本を愛する著名人の珠玉の3冊
・11年上半期の面白本ランキング&話題作のあらすじ、教えます
・明日からの仕事にお役立ち! できる女性が活用するビジネス&スキルアップ本
・POP付き!WOMAN世代の書店員に聞く、働き女子におすすめの本
・本好き男子も登場! 街角スナップ「今読んでいる本、見~せて」
・読み出したらとまらない! 心を動かされる最高の小説
・加藤夏希さん&名越康文さんに聞いた「テーマ別おすすめマンガ」決定版
・大人の心を癒す絵本/政治・経済のわかる本
・寺島実郎さんに聞く”教養を深める読書法”
・孫さん&柳井さん カリスマ経営者の頭の中が分かる本
・お悩み別☆あなたにぴったりの哲学書
・編集部もお試し! プロが太鼓判を押すおいしい料理本
・本が苦手な女子もハマる! 詩集&短歌の魔力
・旅に行きたくなる本、旅した気分になれる本
・夏休みに訪れたい! 東京&6都市のブックカフェ
・姜尚中さん「今改めて問い直す本の力」

【気になる本のメモ】

1.明日からの仕事にお役立ち! できる女性が活用するビジネス&スキルアップ本
woman2_convert_20110724204712
まずはビジネスシーンの最前線で働く女性たち3人のオススメ本から

◇グレーシア代表 佐藤由紀さんのおすすめ本

 

「知っておいてよかったルールがたくさん。仕事と向き合う姿勢が変わりました」

◇リクルートエグゼクティブエージェント 森本千賀子さんのおすすめ本

 

「挫折を経験すれば、その乗り越え方が身に付くものだと強く実感しました」

◇ジョヤンテ社長 川崎貴子さんおすすめ本

 

「長く働きたい女性におすすめです」

ビジネスの現場はまだまだ男社会。
女性には理解しにくい”男社会独特のルール”が存在するし、それ以外にも女性がキャリアを積むには超えなければならないハードルがいくつもあります。

本気で仕事を続けて行こうと考えているなら、どれも読んでおくべき良書かと。

2.POP付き!WOMAN世代の書店員に聞く、働き女子におすすめの本
woman3_convert_20110724204817
女性書店員さん4人がすすめる「これを読む女性はステキ!」と思える本
そのうちイチオシの本をご紹介

◇紀伊国屋書店 新宿南店 神矢真由美さんのイチオシ本

 

「扱うテーマはコンビニおにぎりや賞味期限の話。その気取っていない感じと、ダメな自分を出して笑を取っているところに、デキる男ぶりを感じます。」

◇ジュンク堂書店 池袋店 矢部公美子さんイチオシ本

 

「北村薫さんは人の心の機微を描くのが巧みな小説の名手。”お酒を飲むとやらかしてしまう”主人公の失敗ぶりとともに、仕事で成長していく姿にも共感できる。」

◇有隣堂 ルミネ町田店 渋沢良子さんイチオシ本

 

「性や出産をテーマに、高校生や主婦、働く母親など様々な人の劣等感や愛情が描かれている。どうしようもない状況でも生きていく姿の、リアルさと強さに圧倒されます」

◇丸善 丸の内本店 高頭佐和子さんイチオシ本

 

「ファッションのエッセイが有名な光野さんですが、人間の描き方も秀逸。母や夫、娘との関係、亡き母の遺品整理、エンディングノートを買うべきか・・・年齢を重ねるなかで起こる様々なことを乗り越える難しさについて、心の内が正直に書かれていて胸を打ちます。」

残念ながら4冊とも読んだことがありません。
しかし、餅は餅屋という言葉があるぐらいで、編集者さんや本屋さんの推薦本にはずれはありません。

書評ブロガーはどうやねん!という突っ込みが怖いですが、”打率”でいうと、ブロガーさんより書店員さんのほうが上かなって気がしてます。
もちろん、目利きの書店員さんがいればの話ですが、新刊以外のコーナーで平積みにされている本をみていると、「おっ、ここは目利きの書店員がいるな」ってわかるようになりますよ。

3.政治・経済のわかる本・寺島実郎さんに聞く”教養を深める読書法”
woman4_convert_20110724204937

政治コメンテーター三反園訓さんとエコノミストの門倉貴史さんが政治・経済それぞれの分野で理解の深まるオススメ本を紹介。

◇三反園訓さんのおすすめ本

 

「1枚の絵に、政治家の風貌や人物像、当時の政治状況や国際関係など様々な情報が詰まっている。この1冊で、25年間の日本の政治の流れを、楽しみながら追うことができます」

◇門倉貴史さんのおすすめ本

 

「世界の景気は女性の消費行動に大きく影響されている。という調査結果が興味深い。女性特有の消費行動や購買心理の分析も読み応えがあります」

よく、「女性は政治・経済や時事問題に疎い」と言われますが、政治経済や時事問題というのは女性だけでなく、男性だって苦手なんですよ。
でも取っつきにくいだけで、いい入門書があればすごく楽しい分野でもあるんです。
ということで、このページのオススメ本は男性も必見かと。

◇寺島さんのコーナーは読書のヒント満載
読み応えがあります。

「本を読むことは、気付きの入り口、ひとつにきっかけにすぎない」

といった、読書に関する含蓄のあるお言葉が読み応え有ります。

が、ここで紹介されている本は、良書かもしれませんがちょっとヘビーすぎる。
そこで、新書で寺島さんの著書を紹介しておきます。

 

「知識のつながりを体系化していくという意味で面白い本です」

4.お悩み別☆あなたにぴったりの哲学書
woman5_convert_20110724205034

ニーチェ以来プチ哲学ブームのようで、女性雑誌でも哲学書の一コーナーが。
名だたる西洋哲学者の本がずらっと並んでいますが、現代に生きる我々にはまずはこの本でしょう。

分厚く、内容もけっしてやさしい本とは言い難いのですが、古典よりも数段読みやすいです。
他の西洋哲学の考え方、例えばベンサムの“最大多数の最大幸福”といった考え方の解説もされていて、哲学入門書という役割も果たしてくれます。

5.本が苦手な女子もハマる! 詩集&短歌の魔力
woman6_convert_20110724205130

この分野はワタクシ全く守備範囲外。
金子みすずさんや、相田みつをさん、俵万智さんぐらいはさすがに名前を聞いたことはありますが、それ以外の紹介されている本は全然知りません・・・。

「だってビジネス書の書評ブロガーだもの」(相田みつを風)
たまには美しい詩にひたって、薄汚れちまった悲しみを清めてみたいものです。

6.旅に行きたくなる本、旅した気分になれる本
woman7_convert_20110724205238

「世界ふしぎ発見!」のリポーター、竹内海南江さんが推薦するこの本が気になってしまった。

アラビアンナイトの現代版だそうですが、なんと日本推理作家協会賞&日本SF大賞受賞作。
これは面白そう。

【感想など】
最初に書いたように、女性向けビジネス雑誌の読書特集とはどんなものなのか、どんな本が紹介されているのか?
そこに最大の興味を持って、生まれて初めて女性雑誌を購入。

ただ、恥ずかしいのでリアル書店ではなくアマゾンで購入したのですが・・・。

率直な感想は、オモシロイ!

やはり、男性向けビジネス雑誌の読書特集とは全然違いますね。
なんというか、華やか。

巻頭のインタビューも、知花くららさんとか、イケメンの谷原章介さんとか素敵な方々が登場。
ビジネス雑誌ではあるのでしょうが、えらい大物経営者さんとか全然出てこない。

また、紹介されている本の分野も、圧倒的に文芸が幅を利かせて、あとは料理とか詩集とか絵本とか。
男性雑誌の読書特集が”スキルアップ”とか、どちらかというと仕事に関するハウツー本がメインなのに対して、
女性雑誌は”内面を磨こう”的な本がメインなのですね。

そんな中、紙面こそ少なかったものの、女性のために推薦されたビジネス書はなかなか参考になりました。
「あ~、女性はこういうビジネス書を求めているんだな」という特徴がよく出ていたような気がします。

おおざっぱに言うと、対人関係とキャリア。
この二つがどうも2大問題のようですね。

よしよし、女性ファン獲得のために大きなヒントを得ることが出来たぞ!

そしてもっと大きな収穫が、文芸書。
知らない小説ばっかりでした!

面白そうな本んがたくさん紹介されているし、夏休みぐらいはちょこっと小説を楽しんでみようかと。

モテ男になりたい方は、女性に人気の小説を読んで、共通の話題を作るのにも役立つかもしれませんね。
もちろん女性は要チェック!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA