本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

無印のノートがどうもあのノートに似ている件【文房具】「滑らかな書き味のノート」

muji1_convert_20110913213148

仕事で使っている無印のノートがもう残りページ少なくなったので、今日出張帰りに無印に寄って新しいノートを買ってきました。

残念ながらずっと気に入って使っていたノートは廃版(無印にはよくあること)、で、違うノート、「滑らかな書き味のノート」を買ったのですが、これってもしかしてあのノートの影響?

 

無印のノートがどうもあのノートに似ている件【文房具】「滑らかな書き味のノート」

 

 

あのノートとは、右のノート。
muji2_convert_20110913213247
あえて名前は言いませんが(ってモロバレですが)、トップの写真を見ていただいてわかるとおり、真っ黒な外観。

そして、ハードカバーとまでは言わないまでも、分厚く硬めな表紙。

さらに、ワタクシの疑惑を決定づける、角の丸いカット
muji4_convert_20110913213522

ややクリーム色がかった紙色、そしてどのページも180度フラットに開く。
muji3_convert_20110913213407
(左は無印ノート、右は〇〇スキン)

無印さん、絶対意識してるでしょ!あのノートを!

以前当ブログでも紹介した

の、成島氏、松本氏、神谷氏の御三方による文具対談コーナーで、成島氏が

たぶん「無印」にはふたつのコンセプトがあって、ひとつはオリジナリティ。付箋とかあそこにしかない物ってけっこうあるんですよ。で、もうひとつは、要はメーカーが創ってる商品を、形を変えて無印流にカスタマイズしてるパターン。 (成島)

といってましたが、これは二つ目のコンセプトなのか?

どうせなら、ゴムバンドと拡張ポケットも付けてくれたらいいのに・・・

さて、

お客の意見を取り入れてアイデアを柔軟に形にしていく (松本)

のが無印の文具のいいところなのですが、これは同時に、今日のワタクシのように、

今使っているノートがすごく気に入っていてるのに、同じモノを買いに行ったら生産終了。

というパターンを経験することにもなるということ。

せっかくいい商品をつくるのに、ここが無印良品さんの文具の今ひとつ“大好き”になれないところなんですよね。

ちなみに、無印ノートのどこが好きかというと、すごく些細なことなんですが、
muji5_convert_20110913213636
ページ上の、ここが狭いことです(笑)。

なお、“気がつくと増えている”というのも無印グッズの油断のならないところ。

今年の春からワタクシが購入した一部をご紹介

バッグインバッグ
muji6_convert_20110913213801
これは便利!このなかにモレスキンとペンを入れています。

カードケース
muji7_convert_20110913213914

折りたたみ定規
muji8_convert_20110913214035

そして出張先に持って行くのに便利なコンセント
konsento
他にもペン類は数知れず・・・

恐るべし無印良品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA