本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

【読書カード】ジョー・タイ(著)『天使になった男』(ディスカヴァー21)

 

天使になった男 軽装版

天使になった男 軽装版

  • 作者:ジョー・タイ
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2013/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

〇恐怖は臆病者だ。恐怖は、きみがおびえ、混乱したときに攻撃してくる。けれど、ほとんどの臆病者と同じで、恐怖はかんたんに萎縮する。強い心を持って、物事をきちんと考えれば、恐怖はすぐに逃げていく。

〇恐怖は嘘つきでもある

〇恐怖は牢獄だ。…行動する自由をとても巧妙に奪ってしまう。その結果、恐れていることを未然に防ぐためにできることも、できなくなってしまう

〇恐怖は人殺しでもある

〇恐怖には武器が必要だ。そして恐怖がもっともよく使う武器は、パニックだ。パニックとはただ単に、恐怖に対して理性的な反応ができなくなっているだけだ。そして多くの場合、パニックはただの間違った反応では終わらない。パニックを起こすと、まさに恐れていたことが現実になってしまうんだ

〇恐怖を克服することは難しいかもしれないけれど、問題ならいつでも解決することができる。恐怖に名前をつけたら、それはもう恐怖じゃない。解決できるただの問題になるんだ

〇恐怖は人を退け、敵をつくる。自分の周りの壁を壊して、自分とは違う人たちに手を差し伸べるには、とてつもない勇気が必要なんだよ

〇恐怖とは、たくさんの恐ろしい明日の中で生きることだ。まるでその明日が絶対にやってくるかのように考えている。勇気を持つとは、全ての明日を締め出し、自分の気持ちとエネルギーを、全て今日というこの日だけに注ぎ込むことだ。絶対に確実なものは、それしかないのだから

〇信じる心があれば、恐れるものなど何もない。人生には意味があると信じ、そして自分の生きる目的を信じる。すると、恐怖はただの警告になる。まだ挑戦する準備ができていないと教えてくれるんだ。恐怖を支配すれば、それはきみの味方になる。

〇恐怖を克服するための最も有効な方法は、自分の人生に責任を持ち、自分の問題や失敗を他人のせいにしないことだ。

■“恐怖”には実態がない。それを生み出しているのは自分自身の心。
■“恐怖”に名前をつければただの“問題”になる。そして“問題”を解決するには“行動”しかない。
■奇跡は結果ではない。それはプロセスである。そして一番偉大な奇跡とは、自分を根底から変えること。

IMG_2864_convert_20101031213445

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA