本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

【読書カード】吉越浩一郎(著)『デッドライン仕事術』 (祥伝社新書)

 

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)

  • 作者:吉越 浩一郎
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2007/12/15
  • メディア: 新書
 

 

○デッドライン仕事術の二つのポイント
 ①毎日、「お尻の時間」を決めて仕事をする(ダラダラ残業禁止)
 ②すべての仕事に「締切日」を入れる

○ホワイトカラーの生産性を上げようと思ったら、仕事の進捗状況を「可視化」する

○日本のホワイトカラーの生産性を下げている問題点
 ①必要のない仕事を一生懸命にやっている
 ②「ワイガヤ」は集中力を奪うだけ
 ③「判断」の遅い企業は、日常業務も間延びする

○残業をなくせば、効率は必ず上がる! 仕事のアウトプット=能力×時間×効率

○仕事のクオリティというのは本人の「能力」によって決まるのであって、「効率」に左右されるものではない。

「仕事のスピード」=「判断のスピード」

○リーダーに必要なコミュニケーション能力とは、組織全体の判断力を高めるために「情報を共有化する能力」

○複雑な問題は、小さくブレイクダウンする。最後は「失敗しても死ぬわけではない」と割り切れば、即断即決できる

○「ワーク」に使う時間は少なければ少ないほどいい。私にとって仕事というのは、いかに少ない時間で多くのお金を稼ぐかを考える「ゲーム」のようなものである。

○デッドライン仕事術
 ・すべての仕事に「○月○日」までという締切日を入れる
 ・すべての仕事は「何を、誰が、いつまでに」を明確にする
 ・デッドラインの基本は「明日」。ドンドン前倒しにする
 ・仕事は発生した瞬間に取り組むことで、一番、効率が上がる
 ・1日分の仕事の優先順位で悩むのは無駄。すぐに仕事に手を着ける
 ・仕事の効率を上げるためには、朝イチからエンジン全開で仕事をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA