本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

【読書カード】勝間和代(著)『断る力』(文春新書)

断る力 (文春新書) 断る力 (文春新書)
(2009/02/19)
勝間 和代

商品詳細を見る

◇アサーティブの4つの考え方の柱
 ①誠実 (自分の気持ちに気づいて、ごまかさないこと)
 ②率直 (気持ちや欲求を伝えるときは、相手にきちんと伝わる形で行うこと)
 ③対等 (自分を卑下したり、相手を見下したりしないこと)
 ④自己責任 (自分の行動の結果をすべて、自分で引き受けること)

◇アサーティブを考えるときに、持つと想定する12の権利
 ①私には、日常的な役割から自立した一人の人間として、自分のための優先順位を決める権利がある
 ②私には、賢くて能力のある対等な人間として、敬意を持って扱われる権利がある
 ③私には、自分の気持ちを言葉で表現する権利がある
 ④私には、自分の意見と価値観を表明する権利がある
 ⑤私には、「イエス」「ノー」を自分で決めて言う権利がある
 ⑥私には、間違う権利がある
 ⑦私には、考えや気持ちを変える権利がある
 ⑧私には、「わかりません」と言う権利がある
 ⑨私には、ほしいものを欲しい、したいことをしたいという権利がある
 ⑩私には、人の悩みの種を自分の責任にしなくてもよい権利がある
 ⑪私には、周囲の人から認められることに頼ることなく、人と接する権利がある
 ⑫私には、アサーティブでない自分を選択する権利がある
         
          (出所:特定非営利活動法人アサーティブジャパン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA