本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

【ツール】ドキュメントスキャナ ScanSnap S1500 がついに来ました!

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500 FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(2009/02/07)
富士通

商品詳細を見る

かねてから導入検討していたドキュメントスキャナ ScanSnap S1500 が昨夜到着。
さっそく少々いじってみました。

 

【ツール】ドキュメントスキャナ ScanSnap S1500 がついに来ました!

 

 

昨夜、ScanSnapが到着しました。
意外に小さな箱ですね。
Image609
さっそく食べ物かと臭いをかぎまくる我が家のおバカラブ。
「ちがう、これはお父さんの荷物だ。それに食べ物じゃない」

Image612
だから、伏せして“いい子さん”しても食べ物じゃないから。

Image613
おバカラブは一時ゲージに閉じ込めて、さっそく箱を開ける。

Image614
取り出してみたところ。
スキャナーが小さいのでびっくり。(本当にA4が入るの?って感じ)

さて、実はここからが大変。
スキャナーを設置するスペース(ワタクシの書斎の机)には本が山積み状態。(←この状態を解決するために買ったわけですよ)
これを片づけるのに結構時間をロスしてしまいました。

一応、机の左半分は本をどけたのでそこに設置してみることに。
Image615
FAXと比べてもその小ささがお分かりかと。

Image616
まずは、スキャナー内のテープや緩衝材を取り除いて。

PCにドライバをインストールしてからPCとスキャナーをつなぎます。

Image617
この注意書き。
以前、フラットタイプのスキャナーを買ったとき、ドライバをインストールする前にPCとスキャナーをつないで、PCがおかしくなった経験のある私には、こういう心遣いが嬉しいですね。

Image618
さて、すべての準備完了。
こうなると、試してみたくなるのが人情というもの。

しかし、別に注文した裁断機がまだ届いていないので、本を読み込むことはできず。
「何か適当なものはないか」と探していたら、なぜか通天閣のパンフレットが。

Image619
ただし、この長さは一気に読み込めません。
(標準モードでは360ミリまで。長尺読取というのがあるようですが、まだ使い方が分からず)

Image620
で、4分割して

Image621
いざ読み込み、動画でないのが残念。
思わず「早っ!」と言ってしまいました。

Image622
読み込むとPC上では自動的にこの画面が出て、保存先などを聞いてきます。

Image623
「おっ、ちゃんとPDFファイルで保存されてる!」

Image624
この写真では見にくいのですが、通天閣近辺の細かい地図や店の名前もしっかり読み取っています。
もちろん「串カツ だるま」も。

いや~、ドキュメントスキャナというから写真とかは解像度悪いのかと思ってましたが、きれいにうつるじゃないですか。
これ面白い!

他にも何かやってみようということで、今度は名刺を読み込んでみることに。
Image625
ブログに載せることを考えて、自分のブロガー名刺をスキャン。

Image626
名前のところに「管理人」と入ってしまいましたが、メールアドレスとURLはしっかり読みこめています。
これも使えそう。

この日は時間も遅かったので、とりあえずちょこっと使ってみただけでしたが、いろいろ可能性を感じさせる高性能さの片りんを見せていただいたな、って感じです。

この連休中にしっかりトリセツ読んで使い方をマスターしたいと思っています。
(トリセツがPDFファイルでDVDに入ってるんですよ。これは紙のほうがいいな。)

【管理人の独り言】
この記事書いてるときに裁断機が来ました。
Image631
だから、食べ物じゃないって。

これで役者がそろいました。
後日、本の裁断風景などをアップしたいと思います。

PLUS 断裁機 裁断幅A4 PK-513 26-128 PLUS 断裁機 裁断幅A4 PK-513 26-128
()
プラス

商品詳細を見る

 

2 COMMENTS

YUKIO

ドキュメントスキャナー良いですね。
次の裁断の様子が楽しみです。
どうぞ良いことありますように!

返信する
一龍

YUKIO 様
ドキュメントスキャナーいいですよ。
正直これほど使えるとは思っていなかったのですが、スピード、画質とも言うことなしです。
本の裁断にはまだ気持ち的に抵抗があるのですが、雑誌や新聞の切り抜き、手書きのメモ、電気機器のトリセツ、領収書などなど、ありとあらゆる紙媒体のものが気軽にデジタル化できそうです。
どういう風に使い方が広がるのかすごく楽しみです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA