本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

勝間和代(著)『効率が10倍アップする 新・知的生産術 自分をグーグル化する方法』 その1

 

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

  • 作者:勝間 和代
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/12/14
  • メディア: 単行本
 

 

今日が仕事始めだった人が多いのではないでしょうか。正月休み明けというのは何となく調子でないですよね。

さて、私は幸せなことにのんびりと読書三昧(ネットのつながらない環境だったので仕方なく)の年末・年始の休暇をおくらせていただきました。

それで、休み中に新しく色々読んだ本の報告をしたいと思ったのですか、引っかかっているものが・・・
そうです、
勝間和代(著)『効率が10倍アップする 新・知的生産術 自分をグーグル化する方法』 (ダイヤモンド社) 
の報告がまだになっていることがずっと引っかかっているのです。

実は私、
本田直之(著)『レバレッジ・リーディング 100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ』 (東洋経済新報社)を読んで以来、レバレッジメモの作成を実践しておりまして(偉いでしょ)、
『効率が10倍アップする 新・知的生産術 自分をグーグル化する方法』 も2回目の精読時にアンダーラインを引きドッグイヤーをつけそして、ワープロ打ちに入ろうとしたのですが、休み中、先にも述べたようにPCの無い環境でPDAのZaursuしか携帯しておらず、「ええい、ザウルスで打ってやれ」とワープロ打ちを無謀にも始めたものの、あまりの情報量の多さに両親指が悲鳴をあげ、帰宅まで持ち越しとなる始末。
それで、昨日からようやく自宅でワープロ打ちを始めたのですが、まだ3分の2ほどしか終わっておりません。

この本凄すぎます。
もうすでに何冊か読んだ本のレバレッジメモを作っているのですが、どの本もだいたいA4用紙2枚程度に収まるのに、『効率が10倍アップする 新・知的生産術 自分をグーグル化する方法』 はもう6枚を超えました。情報量が半端じゃありません。

でもさらに驚いたのは勝間さんご自身のブログ

余談ですが、いい気になって書いていたら、16万字になってしまって、「上下巻に分けない限り、これでは、500ページ近くになってしまいます」と言われ、泣く泣く、11万字まで削ったという曰くつきの本です。なので、内容の充実度は折り紙付きです。

と書かれていたこと。本当に恐れ入りました。
しかしこう書かれると削られた部分も読みたくなるのが人情ですよね。
文庫化するときは上下巻で〈完全版〉お願いします。

さて、そろそろレバレッジ・リーディング的にこの本の紹介をしていきたいと思います。
まずは表紙を見て、裏表紙もチェック!そして帯!
さらに、著者紹介・・・やっぱり凄いわ

著者について
勝間和代(かつま・かずよ)
東京都生まれ。経済評論家(兼公認会計士)。慶應義塾大学商学部卒業。早稲田大学ファイナンスMBA。現在、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程在学中。
19歳で公認会計士2次試験を突破(当時史上最年少)。21歳で長女を出産。在学中から監査法人に勤務するが、ワーキングマザーとしての働きにくさから外資系企業に転職。
以後、アーサー・アンダーセン(公認会計士)、マッキンゼー(戦略コンサルタント)、チェース銀行およびJPモルガン証券(ディーラー・証券アナリスト)を経て、経済評論家として独立。16年間で年収を10倍にした経歴を持つ。
内閣府男女共同参画会議「仕事と生活の調和に関する専門調査会」専門委員。
会計・ファイナンスおよび少子化・ワークライフバランス問題に特に強い。
ウォール・ストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、ビジネスウィークなど、海外メディアにもコメントが多く掲載されている。
2005年、ウォール・ストリート・ジャーナルから、「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれる。
2006年、エイボン女性大賞を史上最年少で受賞。3児の母。
著書に、『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』『インディでいこう!』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『決算書の暗号を解け!』(ランダムハウス講談社)、『お金は銀行に預けるな』(光文社)などがある。

以上はAmazonからの引用ですが、いったい何足わらじを履いているのでしょう。
ここまで凄い人を知ると「よし俺も頑張るぞ!」とはならず、逆にちょっと落ち込んでしまいそう。

ただし、次に表紙をめくって自転車で移動時のカラー写真があるのですが、ここで少し笑ってしまいました。(勝間さんごめんなさい)
ご本人は「スパイ大作戦」と呼ばれているようですが、これは勝間さんだからいいんですよ。
この格好を私がすると絶対不審者でお巡りさんに職質受けますよ。

さあ次回から本文について触れていきたいと思います。
今日はここまで。
レバレッジメモができてませんからね。(お許しを)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA