本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

本田直之(著) 『レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則』(幻冬舎新書) その1

f:id:mypula_nao3:20190905202421j:plain

 

 

こんばんは
実質仕事始め最初の一週間、ようやく終わりましたね。なんだかへとへとですが、3連休でリフレッシュといきたいところです。
鏡餅やしめ縄飾りも取り外して、正月気分を完全に払拭!
さあ今年も頑張るぞ!    と、思わないとね。

さて今日からは
本田直之(著) 『レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則』(幻冬舎新書)
を紹介していきたいと思います。

 

 

 

レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

 

 

 

 

実を言うと、この本、だいぶ前に読みました。
昨日書いたような本選びをしているので(ちょっと恥ずかしいのですが)、『レバレッジ時間術』を読んでから年末に出た『レバレッジ・リーディング』を読んだんです。
しかしブログ上は後から読んだ『レバレッジ・リーディング』だけを紹介したままになっていましたので、「時間術も早く書かなきゃ」と思っているところに
勝間和代(著)『効率が10倍アップする 新・知的生産術 自分をグーグル化する方法』 (ダイヤモンド社) 
がドーンと来たため延び延びになっていました。

【目次】
プロローグ あなたがいつも忙しい理由
第1章 時間も「投資」で増やす時代
第2章 成果はスケジューリングで決まる
第3章 仕組み化・パターン化の絶大な効果
第4章 「Doing More With Less」の哲学
第5章 時間密度を高める「チリツモ」技術
エピローグ 人生という時間投資

プロローグの最初のページにはこう書かれています。

◇いつも「忙しい忙しい」と言っている人
◇いつも「いっぱいいっぱい」の人
◇一生懸命やっているのに成果が出ない人
◇コツコツやることができない人
◇面倒くさがり屋の人
◇怠けぐせのある人
◇物事が続かない人
・・・この本を読んでいただきたいのは、このような人たちです。

はいはい私です、私。もうぴったし私です。なんだか私のために書いていただいたような本です。ここまで言い当てられると読まずにいられないですよね。

 

本田さんの時間に対する基本姿勢は

時間を「消費」ではなく「投資」する。
「投資」する事で「時間資産」を築き、「不労所得」的に時間を得る。

というもの。

この「投資」って言うスタンスは「時間」にも「読書」にも共通していて、もしかすると本田さんの考えの根底かもしれません。

その他、プロローグで気になったのは

人が「忙しい」と感じるとき、まだ10倍程度の仕事はこなせる

ちょっとドキッとする言葉ですね。

「常に時間はたっぷりある、うまく使いさえすれば」 ゲーテ

さすがゲーテはうまいこと言うな。でも本当にその通りですよね。使い方次第なんです。

次に第1章 時間も「投資」で増やす時代 は本田さんの本なので「レバレッジメモ」風に。

【第1章】 

「時間にレバレッジをかける」

時間は貯めることはできませんが、増やすことは可能です。時間を使って時間を増やす。「時間を投資する」ことによって、「時間資産」を作ることができるのです。しかも、時間資産はきわめて大きな「福利」で雪だるま式に増えていきます。どんどん時間投資することによって不労所得的に時間資産が生まれ、その時間を再投資することによってさらに時間資産が大きくなっていく。時間に余裕が生まれれば、自分のために使える時間が増え、将来的には収入アップにもつながります。

「仕組み」を作るために時間を使う

「天引き貯金の発想」・・やりたいこと・やるべきことのための時間を、あらかじめスケジュールから「天引き」してしまう。→ 「締切効果」が生まれ、時間密度が高まる

増えた時間は原則として、新たな仕組み作りや新しい事業、さらには自分の能力を高める自己投資など、再投資にまわすべきだと思います。これを繰り返していけば、年間で何百時間も時間資産を生み出せることになり、しかもそれは複利で雪だるま式に増えていくので、時間投資効果がどんどん大きくなります。効率的に労働時間を減らせば減らすほど、大きな成果が上がり、最終的には収入のアップにつながります。

「仕組み化」とは 再現性を持たせること 

節約ではブレイクスルーは起きない・・・今やっている仕事を半分の時間ですませる方法はないかと考える

時間投資の手順 リサーチ→スクリーニング→利益確定
①自分の仕事全体を見渡して、何が面倒なのか、何に時間が掛かっているのかを、自分で把握する
②その中でどれについて効率化を図るかを検討する(スクリーニング)。成果につながること、成果につながらなくても、どうしてもやらなければいけないこと、人に頼めないこと、ウェイトの大きいものから順位付けをしていく。
③その上で、仕組み作りのために実際に時間を投資して、効率化を図っていく。

 

まず、ルーチンの部分を仕組み化し、かかる時間を極力カットすることが、時間投資の第一歩です。その上で、得られた時間を、わずかでも成果が上がりそうなところに再投資していけばいい

 

本田直之(著)『レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則』:感想

第1章を読むと、本田さんの「時間」を「投資」で増やすという意味がよくわかりますね。

例に出てくるようなブラインドタッチなどは練習に時間を投資しても将来何倍もの時間のリターンが期待できますよね。

「投資」という考え方、新鮮でした。

またルーチンワークも理解できます。これは仕事の内容にもよりますが、どの職業でも同じことの繰り返しの部分は絶対にあるはず。これを短縮できればかなりの「時間」のリターンが期待できます。

レバレッジメモには残さなかったのですが(内容がネガティブだったので)、この章の最後に「ゆでガエル」の話が出てきます。

「これも俺のことじゃないの?」と思えてちょっと青くなりました。
「時間術、真剣に取り組むぞ!」

 

次回に続く

 

 

レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

 

 

 あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com

www.s-ichiryuu.com

www.s-ichiryuu.com

 

 

Kindleを読むならKindlePaperwhiteがおすすめです!

コスパ最強、防水機能も備えて読むシチュエーションを選ばないKindle Paprewhite 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 電子書籍リーダー

 

KindlePaperwhite(第10世代)のレビュー記事はこちら

www.s-ichiryuu.com

 

フロントライトがついて暗いところでも読めるようになった新しいKindle

最上質の読書体験、最上位機のKindle Oasisも新しくなりました

Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

 

kindleは無料の専用アプリを使ってiPhoneでも読めます。

Kindle 電子書籍リーダー

無料
(2015.04.23時点)
posted with ポチレバ

Amazonでお得にお買い物する方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して購入するのがおすすめです。
チャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。
しかも今なら、5,000円以上の初回チャージで1,000円分のポイントがもらえます。

詳しくはこちらの記事から↓

www.s-ichiryuu.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA