本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

一番の金融商品は?【書評】水野俊哉(著)『お金持ちになるマネー本厳選50冊』(講談社)

今日ご紹介するのは成功本50冊「勝ち抜け」案内 や、その続編成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 で一躍ビジネス書界に躍り出た水野俊哉氏の新刊

 

お金持ちになるマネー本厳選50冊

お金持ちになるマネー本厳選50冊

  • 作者:水野 俊哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/11/15
  • メディア: 単行本
 

 

前2作が実に”濃い~”成功本の濃縮ジュースでしたので、今回もマネー本の”原液ドロドロ”(表現が汚いなぁ)が期待できそうな上に、実は水野氏はワタクシが当ブログで初めて”著者降臨”体験させていただいた方ということもあり、めちゃめちゃ期待して読ませていただきました。

それでは水野氏がどんな本を選んだのか?、マネー本はどう濃縮されたのか?
さっそくまいりましょう。

 

【目次】

 はじめに
 投資タイプ診断チャート
 第1章 投資の世界の羅針盤

 01 『投資戦略の発想法 2008』 木村剛
 02 『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』 橘玲
 03 『お金をふやす本当の常識』 山崎元
 04 『10年先を読む長期投資』  澤上篤人
 05 『お金は銀行に預けるな』 勝間和代
 06 『なぜ株式投資はもうからないのか 』 保田隆明
 07 『内藤忍の資産設計手帳のすすめ』 内藤忍
 08 『大前流 心理経済学』  大前研一
 09 『サブプライム後の新資産運用』 中原圭介
 10 『マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術』 松藤民輔
 11 『あなたに金持ちになってほしい』 ロバート・キヨサキ、ドナルド・トランプ

 第2章 伝説の海外投資家たちから学ぶ
 12 『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界大発見』 ジム・ロジャーズ 
 13 『バフェットの教訓』 メアリー・バフェット、デビッド・クラーク
 14 『全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦』 ジム・クレイマー
 15 『ピーター・リンチの株で勝つ』 ピーター・リンチ、ジョン・ロスチャイルド
16 『マンガ ジョージ・ソロス 』 黒谷薫

 第3章 だまされない知識をつけるための本
 17 『投資信託にだまされるな!?』 竹川美奈子
 18 『金融商品にだまされるな!』 吉本佳生
 19 『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』 藤沢数希
 20 『日本経済 タブーの教科書』 別冊宝島編集部
 21 『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント』 北村慶

 第4章 より確実に儲けるために読む本
 22 『めちゃくちゃわかるよ!経済学』 坪井賢一
 23 『一番売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門』 ダイヤモンド・ザイ編集部
 24 『貯められない女のためのこんどこそ!貯める技術』 池田暁子
 25 『新版 あなたを変える「稼ぎ力」養成講座』 渋井真帆
 26 『マネーの公理』 マックス・ギュンター
 27 『なぜか日本人が知らなかった新しい株の本』 山口揚平

 第5章 お金持ちになるための下準備
 28 『<新訳>バビロンの賢者に学ぶ錬金術』 ジョージ・サミュエル・クレーソン
 29 『私の財産告白』 本多静六
 30 『世界一読みたかった お金の聖書(バイブル)』 ザビエル
 31 『億万長者 専門学校』 クリス岡崎
 32 『普通の人がこうして億万長者になった』 本田健
 33 『黒リッチってなんですか?』 博報堂お金持ち勉強会
 34 『日本のお金持ち妻研究』 森剛志、小林淑恵

 第6章 投資の世界を解剖する
 35 『敗者のゲーム(新版)』 チャールズ・エリス
 36 『投資の科学』 マイケル・J・モーブッシン
 37 『まぐれ』 ナシーム・ニコラス・タレブ
 38 『天才数学者はこう賭ける』 ウィリアム・パウンドストーン
 39 『経済は感情で動く』 マッテオ・モッテルリーニ
 40 『最強ヘッジファンドLTCMの興亡』 ロジャー・ローウェンスタイン
 
 第7章 投資ジャンルあれこれ
 41 『FX革命!』 南緒
 42 『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編』 橘玲、海外投資を楽しむ会
 43 『相場ローテーションを読んでお金を増やそう』 岡崎良介
 44 『世界一わかりやすい! 株価チャート実践帳』 渋谷高雄
 45 『新・サカキ式「大化け割安株」投資実習』 榊原正幸
 46 『1年で10億つくる! 不動産投資の破壊的成功法』 金森重樹
 47 『これ以上やさしく書けない金投資入門』 植田進
 48 『ETF投資入門』 太田創
 49 『名波はるか&Kumaさんが教える!![日経225&mini]で始めるシステムトレード入門』 名波はるか、Kuma
 50 『世界をよくする簡単な100の方法』 斎藤槙

 マネー本から読み解いたお金持ちになれる本ベスト10
 あとがきに代えて
 マネー本・投資本マトリックス

【ポイント&レバレッジメモ】
本書は前2作同様、書評本です。
今回もフォーマットが素晴らしく、また、それぞれマネー本のエッセンスをしっかり絞りだし、濃縮してくれています。また、選書の妙も著者が本書を出筆するために相当な数のマネー本を読まれたことをうかがい知ることができる選択となっています。

さて、ワタクシとしてはそれぞれの書評に対する書評はできません。
ですので、それぞれの本に対する書評は、実際に本書をお読みください(スマヌデゴザル)。
そのかわり、どんな本が選ばれているかは【目次】で全50冊リストアップしておきました。
(前作同様Amazonリンク貼ってあるあたり人間性が低い? )

ここでは主に マネー本から読み解いたお金持ちになれる本ベスト10 から気になったところを;【ポイント&レバレッジメモ】として書かせていただきます。

・「儲ける」ためのノウハウ本や「株式投資で○億儲けました」という人の体験気には、競馬やパチスロの「オカルト必勝本」と本質的になんら変わらない本も多い ⇒ その通りに投資すると「ほぼ確実にお金を減らす」

・投資信託とは「お金を集めるための箱」であって、「お客さんのお金を増やすため」の道具ではない

・最強の金融商品は「あなた自身」 ⇒ 無駄な支出を減らして将来投資に回すための元金を貯めながら、あくまで本業のキャリアアップやスキルアップを計るのが、最も効率の良い運用方法である

・現代の典型的な玉の輿妻は「賢いキャリア女性」 ⇒ お金持ち男性も専業主婦妻より、金融リテラシーに優れたパートナー妻を求めている

・週末の貴重な時間を「銘柄研究」に費やすのも、「ただ儲けたい」のであればクオリティー・オブ・ライフ(生活の質)をそこねるので、割に合わない投資法

・株式投資は株の値動きを予測するのではなく、値動きの幅を見極めようとする行為

・最も確実な株式投資とは全世界の市場にインデックス運用する「グローバル分散投資である」→「一つの籠に卵は盛るな」→アセットアロケーション

・株式売買が「投資かギャンブルか」の答えは、「あなたが何を信じているのか?」によって決まる

・ドル紙幣とユーロ紙幣を10万円分ずつ換金して保有しておくだけでも「有事の命ガネ」としては有効

・毎日、経済の動きをチェックすることで少しずつマネーの世界に興味を深めていくことが最初の一歩になる

【感想など】
まず、装丁が前2作のペーパーバックスタイルからソフトカバー単行本スタイルに変更されました。しかも表紙が黒字に金文字。
ルイビトン風を意識されたデザインだとか。ん~ん、ゴージャス。

さて、今回いろいろな仕掛けがなされていることに気付かされました。
例えば 投資タイプ診断チャート
ライオン、サル、カメ、ウサギ、ヒツジの5種類に分類されそれぞれに合った投資スタイルとその参考になる本を紹介してくれています。

さらに各書評では、
「資金」という欄がありまして、それぞれの本に書かれている投資をするにはいくらから必要かが分かるようになっていたり、
結論として「本書でこう儲けろ!」といったアドバイスがあったり、
そして、「書評読むの面倒くさいなぁ」という人には、「ひとことで言うと」だけを読んでみても面白いかと。
(この「ひとことで言うと」が実にうまい!マネー本と関係なく、書評を書く人として勉強になりました←そっちかい!と突っ込んでください)

もうひとつ、絶対読んでほしいオススメはコラム。今回コラムまで【ポイント&レバレッジメモ】に書き出したらネタバレしすぎと思って書き出しませんでしたが、ここは奥深いですよ。

ワタクシ、投資に関してど素人でして、本書に掲載されている50冊のうち読んだことある本は片手で余るほど。アセットなんとか(←いい加減に覚えなさい)と言われても知らんしなぁ。

しかし、成功哲学的に考えると、一番の投資は最強の金融商品は「あなた自身」と考えて自分に投資することではないかという結論に到達したのですが・・・
マネー本を紹介しつつこれでいいのかなぁ。

ということでわたくしなりに本書の使い方を考えると

とりあえず、
まずは本業でスキルアップのための勉強。投資のための元金を貯めつつ、将来のために投資の勉強を始める。そのための案内書として本書を使うというのが一番よい読み方と思います。

という結論でどうでしょう。

 

お金持ちになるマネー本厳選50冊

お金持ちになるマネー本厳選50冊

  • 作者:水野 俊哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/11/15
  • メディア: 単行本
 

 

【関連書籍】

 

成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)

成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness)

  • 作者:水野 俊哉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/01/24
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (光文社ペーパーバックスBusiness)

成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (光文社ペーパーバックスBusiness)

  • 作者:水野俊哉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【追記】
またまた水野俊哉氏のブログ

またしても内容の的確な解説をいただきました

と紹介していただきました。
著者に紹介されるのって、恥ずかしいやら嬉しいやら。ありがとうございました。

1 COMMENT

水野

一流さんへ
ブロガーマトリックス受け付けました(笑)。
ただいま、デザイン作成中なので、しばしお待ちください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA