本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

まりお著 『株と僕と樹海の日々』

 

僕と株と樹海の日々

僕と株と樹海の日々

  • 作者:まりお/中原 圭介
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2007/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

本日は少し軽めの株本
まりお著 『株と僕と樹海の日々』を紹介します。

先日紹介した『オタリーマン』のよしたにさん同様、
ブログ(旧ブログはこちら)で人気となり本になったのが『株と僕と樹海の日々』です。

正直言って絵も文章も上手とは言えないのですが、かえって親しみを持て、しかも必死さが伝わってくる作品です。

サブタイトルの「株やめますか?それとも人間やめますか?」でもわかるとおり、内容は自虐ネタのオンパレード。

成功法則から言って自虐的なものは読まない、触れないのが鉄則。

ではなぜ『株と僕と樹海の日々』を紹介するかと言えば

本屋さんの株コーナーを見てみてください。
世間ではジェイコム男ことB・N・Fや主婦が株で数億儲けたとか景気のいい話や出版物があふれています。
「株って儲かるんだ」と思いこんでしまうようなものばかりです。

「金持ち父さん」がいうようにいつかは何らかの投資に参加しなければラットレースから抜け出すことは難しい。
当サイトは「金持ち父さん」の教えを実行していくサイトですから、投資を危険だからするな!なんてことは絶対言いません。
しかし市場に参加するなら充分勉強してからにしなさいと「金持ち父さん」は言っています。

『株と僕と樹海の日々』は勉強しないで株式投資を始めるとどうなるかのオンパレードです。そういう意味で「これから株を始めようかな」と思っている人に一読を勧めます。

またこの本はファイナンシャルプランナーの中原圭介氏による投資のポイントやアドバイスが掲載されています。

通常、株の入門書はいいことだけしか書いていません。
そういう本に踊らされることなく、
株を始めれば誰でも経験するような出来事が満載の『株と僕と樹海の日々』を株入門書として読んでみてはいかがでしょうか。

投資を始める前に、投資について勉強する時間を投資しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA