2.7K撮影追加など【情報】DJI OSMO POCKET ファームウェアアップデート(Ver01.09.00.20)、変更点を紹介

f:id:mypula_nao3:20190925103808j:image

DJI OSMO POCKET のファームウェアアップデートが行われ、Ver01.09.00.20になりました。

今回のアップデートで追加された内容のうち、気になるものを紹介しておきます。

 

 

 

 

【情報】DJI OSMO POCKET ファームウェアアップデート(Ver01.09.00.20)、変更点を紹介

f:id:mypula_nao3:20190925103828p:image

今回のアップデートでの変更点を英語で書かれているものを意訳すると

  • 2.7K撮影追加
  • オートフォーカスの最適化、夜間(花火撮影など)も最適化
  • ExtensionRodボタンの感度向上
  • モーションタイムラプスのフォーカス補正アルゴリズム追加

 
といった内容になります。

この中から気になる変更点をご紹介します。

 

2.7K追加、正直メリットが良くわからない

 

f:id:mypula_nao3:20190925104010j:image

▲iPhoneにつないでの操作画面でも、

 

f:id:mypula_nao3:20190925104017j:image

▲OSMO POCKET 本体のモニターでも2.7K撮影が追加されていることがわかります。

フレームレートは25、30、50、60fps

 

この2.7Kというのは、僕は正直言ってその価値がよくわかりません。

フルHDよりは上、4Kよりは下。

 

「わりとキレイだけど、4Kほどデータが重くないよ」というのがメリットなのでしょうか?

 

どういう場面で使うと便利なのか、知っている方がいたら教えて下さい。

 

 

 他の変更点も正直ビミョウ

アップデートしたばかりで、OSMO POCKETの変更点を使い込んだわけでないのですが、ちょっと触った感じでは、今回のアップデートはかなり微妙。

 

細かい改善なのかなと思います。

 

オートフォーカスに関しては、違いはわかりません。

以前からそんなに遅いとも甘いとも感じていませんでしたし。

 

またExtensionRod(純正自撮り棒)ボタンの感度向上に関しては、ExtensionRod自体を持っていないのでわかりません。(結構ほしいんですけどね、僕の中では優先順位が低くて未だ購入の計画なし) 

 

 

 

 

お持ちの方は試してみてください。 

感想

 

前回のアップデートでは操作音が消せるなど、実際の撮影シーンでかなり嬉しい改善だったため印象的でした。

 

それだけに、今回は注意してもよくわからないほどの非常に細かい改善で、正直微妙だなという印象です。

 

ですが、OSMO POCKETは発売から1年近くが経とうとしていて、その間にDJIからはOSMO ACTIONも登場していますが、今もなお着々と細かい改善を続けてくれるのは嬉しいですね。

 

OSMO ACTIONのファームウェアアップデートのときもいいましたが、こういう企業姿勢は高く評価したいと思います。

 

今後の改善も期待しますし、そろそろ2世代目も登場するのかな?

 

 

 

あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com

 

Amazonでお得にお買い物する方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して購入するのがおすすめです。
チャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。
しかも今なら、5,000円以上の初回チャージで1,000円分のポイントがもらえます。

詳しくはこちらの記事から↓

www.s-ichiryuu.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA