【雑味なし!】ウィズウェル「Water Dripper」レビュー:自宅で本格水出しコーヒーが楽しめる

f:id:mypula_nao3:20191106105521j:image

 

ウィズウェル「Water Dripper」レビュー

この記事はウィズウェル「Water Dripper」をレビューしています。自宅で手軽に本格的な水出しコーヒーを楽しむことができるコーヒードリッパー。その使い方のコツもあわせてご紹介します。

 

こんにちは、コーヒー中毒のなおさん(@ichiryuu)です

 

テックウィンド様からレビュー用にウィズウェル「Water Dripper」を提供いただいので紹介したいと思います。

 

通常コーヒーは熱湯で抽出しますよね。

しかし熱を加えると雑味も抽出され、さらには酸化も早くなります。

 

その点、熱を加えず、長時間かけて水を滴下して抽出した水出しコーヒー(最近はかっこよくコールドブリューコーヒーとも呼びます)は、雑味がなく酸化もおさえられ、コーヒー本来のコクと旨味が味わえます。

 

ですが、喫茶店で見かけた方もおいでるでしょうが、水出しコーヒーのドリッパーって結構大掛かりな装置なんですよ。

とても個人の自宅に購入して使うような代物ではありません。

 

そんな水出しコーヒーのドリッパーを軽量コンパクトにして、しかも簡単に抽出できるようにした、コーヒー好きには夢のようなドリッパーがこのウィズウェルの「Water Dripper」なのです。

 

では早速紹介していきましょう。 

 

 

 

 

 

 

【雑味なし!】ウィズウェル「Water Dripper」レビュー:自宅で本格水出しコーヒーが楽しめるウィズウェル

 

「Water Dripper」の外観や同梱品

 

f:id:mypula_nao3:20191106105834j:image

▲届いた荷物を見て最初に思ったのが、「小さい!」ということ。

喫茶店にある大きなガラス製の水出しコーヒーのドリッパーのイメージがが頭の中にあるので、そんな印象を持ってしまいました。

 

f:id:mypula_nao3:20191106105841j:image

▲カラーバリエーションは黒と白の2種類あって、今回は僕の希望で白を提供していただきました。

 

f:id:mypula_nao3:20191106105928j:image

 ▲梱包されているのは「Water Dripper」と、ペーパーヒィルターが100枚。

そして説明書。

 

f:id:mypula_nao3:20191106105949j:image

 

▲組み立てたところ。

上から「ウォータータンク」、中程に「コーヒーバスケット」が入り、下に「コーヒーサーバー」という構成。

大きさは直径8.35cm、高さ28.1cm

 

 

f:id:mypula_nao3:20191106125955j:image

 ▲重さは実測では450g(公式には456g)

予想よりもコンパクトで軽量でした。

そしてなによりデザインがスタイリッシュでかっこいい。

 

 

「Water Dripper」で水出しコーヒーを作ってみよう

さて、早速水出しコーヒーを作ってみましょう。

f:id:mypula_nao3:20191106105946j:image

▲まず、このステンレス製のコーヒーバスケットにコーヒー豆をセットします。

内側に「40g」と印字されていますが、実際に豆を入れてみるとこのラインを軽く超えます。

f:id:mypula_nao3:20191106105920j:image

▲一度の抽出にペーパーヒィルターを2枚使います。

 

f:id:mypula_nao3:20191106105914j:image

▲1枚を底に敷き

 

f:id:mypula_nao3:20191106105852j:image

▲細かく挽いたコーヒーパウダーを40g入れます。

普通に入れると豆が溢れてしまうので、スプーンで上から少し押しました。

 

ちなみにコーヒー豆40gというのは、普通にコーヒーをいれる場合の4杯分になります。

結構大量に使いますね。

 

f:id:mypula_nao3:20191106105907j:image

▲そして少量の水で豆を湿らせてかき混ぜます

f:id:mypula_nao3:20191106105910j:image

▲もう一枚のフィルターを置きます。

水滴がまんべんなくコーヒー豆に浸透するようにです。

(このフィルターは水で濡らしてから置くのが正解だったようです。)

f:id:mypula_nao3:20191106105837j:image

▲コーヒーサーバーにバスケットホルダーをセットし(ここはロック式)

 

f:id:mypula_nao3:20191106105903j:image

▲コーヒーバスケットをセットします。

 

f:id:mypula_nao3:20191106105940j:image

▲その上にウォータータンクをセットして、水を入れます。

f:id:mypula_nao3:20191106105932j:image

▲水を300ml入れたところ。

このあと蓋をしたらセット完了です。

f:id:mypula_nao3:20191106105937j:image

 ▲さて、これから水を滴下してコーヒーを抽出しますが、ここで非常に重要な役割を果たすコックシャフトについて説明します。

 

f:id:mypula_nao3:20191106165535g:image

▲コックシャフトを調整して滴下のスピードを調整します。

つまみは水平状態でコックは閉じています。

そこから回すごとに滴下のスピードは上がっていきます。

滴下が遅いほどコーヒーは濃くなり、滴下が速いほどコーヒーは薄くなります。

 

 

f:id:mypula_nao3:20191106170322g:image

 ▲理想は10秒に1滴ぐらいのスピードなのですが、この調整がすごく繊細。

 この操作には少しなれが必要そうです。

 

f:id:mypula_nao3:20191106170014g:image

▲ちなみに僕は5秒に1滴のスピードで抽出したのですが、このスピードでもこれぐらいゆっくりとコーヒーがたまっていきます。

f:id:mypula_nao3:20191106105855j:image

▲3〜4時間ぐらいで抽出完了。

 

f:id:mypula_nao3:20191106105845j:image

▲できた水出しコーヒーの量は250ml

300mlの水を使って、250mlの珈琲ができたということは、50mlはコーヒー豆に吸われたということかな。

 

 

ウィズウェル「Water Dripper」で作った水出しコーヒーの味やいかに

f:id:mypula_nao3:20191106105917j:image

▲さて、その味やいかにということで、試飲していみましょう。

f:id:mypula_nao3:20191106105849j:image

▲40gのコーヒー豆を時間をかけて300mlの水で抽出しているので、かなり濃いコーヒーとなっています。

コーヒー豆10gで120mlのコーヒーができるというのが一般的なので、その考えからすると480mlの珈琲ができるところを250ml抽出ですから、濃さは約2倍。

 

実際、メーカーも2倍の水で割ることを推奨しています。

f:id:mypula_nao3:20191106105831j:image

 ▲ただ、そのへんは好みの問題ですね。

僕はコーヒー中毒なので、この濃い水出しコーヒーに氷を入れて、氷が溶けて若干薄まったぐらいが好きですね。

 

あと、牛乳多めのアイスカフェラテも試しましたが、これも美味しかったです。

 

いずれにしても、濃縮したコーヒーの香り、そして雑味がなく深いコクとマイルドな味。

喫茶店で飲む本格的な水出しコーヒーに負けない味わいでした。

 

ウィズウェル「Water Dripper」の洗浄について

 

f:id:mypula_nao3:20191107115652j:image

▲「Water Dripper」の洗浄についてです。

全てのパーツが簡単に分解できるので、バラバラにして洗えばOK!

 

f:id:mypula_nao3:20191106130054j:image

▲ただ一つだけ注意して取り扱ってほしいのがこのコックシャフトとノズルの部分

 

f:id:mypula_nao3:20191106130039j:image

▲まずコックシャフトを引き抜き

f:id:mypula_nao3:20191106130047j:image

▲そしてコックノズルを引き抜きます

f:id:mypula_nao3:20191106130043j:image

▲金属製なので相当乱暴に扱わない限り壊れることはないですが

f:id:mypula_nao3:20191106130050j:image

▲「Water Dripper」の心臓部ともいえるパーツなので、丁寧に扱ってください

 

 

ウィズウェル「Water Dripper」レビュー:まとめ

 

以上、ウィズウェル「Water Dripper」について紹介してきました。

 

このドリッパーの優れた点をまとめると

  • 自宅で本格的な水出しコーヒーを簡単に楽しめる
  • 軽量コンパクトでスタイリッシュ
  • 分解洗浄が簡単
  • 電気は一切必要ない

 といったところでしょうか。

 

逆に使っていて改良してほしいなと思った、ウィズウェル「Water Dripper」のイマイチな点はコーヒーサーバーですね。

 

f:id:mypula_nao3:20191107115827j:image

 すぐに飲まずにコーヒーサーバーで保存しておこうと思ったときに、まず蓋ができない。

ウォータータンクの上にかぶせるトップカバーがコーヒーサーバーの蓋になると便利なのになぁ。

残念ながら蓋としては使えません。

 

それと、コーヒーサーバーに注ぎ口と折りたたみ式の取っ手があると便利かなと思います。

 

 

「Water Dripper」使い方のコツ 

 2回目の抽出でちょっとコツを掴んだので紹介します。

f:id:mypula_nao3:20191107115721j:image

▲コーヒーバスケットに20g豆を入れ、

f:id:mypula_nao3:20191107115724j:image

▲ここで一旦水を加えてかき混ぜます

f:id:mypula_nao3:20191107115728j:image

▲さらに20g豆を加えて、もう一度水を加えてかき混ぜます。

f:id:mypula_nao3:20191107115717j:image

 ▲その後、ビタビタに濡らしたフィルターを敷いてセット完了。

 

1回目の抽出でコーヒー豆に50ml水分を取られたので、40mlぐらいの水を最初に混ぜてみました。

すると、抽出も早くなり、出来上がったコーヒーの量も若干増えました。

 

f:id:mypula_nao3:20191106125937j:image

 ▲あと、ドリッパーごと冷蔵庫に入れて抽出すると、キンキンに冷えた水出しコーヒーを楽しむことができます。

また、低音で抽出すると、カフェインの抽出量が少し減るので、カフェインを気にされている方は冷蔵庫で抽出する方法をお試しください。

(あくまでカフェインが減るだけで、カフェインレスではありません)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA