『BE-PAL』付録「旅人手帳2020」【手帳レビュー】シンプルなマンスリーブロックと大量ノートページでアウトドアに連れ出したくなる旅手帳

 

f:id:mypula_nao3:20191110150240j:image

 

今月もやってきました、すっかりレギュラーコーナーとてっている『BE-PAL 12月号』の付録のレビューですが、当ブログの古くからの読者さんはおわかりのことでしょう。

 

『BE-PAL 12月号』といえば、毎年恒例の「旅人手帳」詳細レビューでございます。

今年もこの手帳をレビューする日がやってきたんですね。
この手帳を手にすると年末を感じます。
 
ということで、早速レビューしていきましょう。 
 

 

「BE-PAL」2019年12月号付録、「旅人手帳2020」レビュー

f:id:mypula_nao3:20191110150311j:image
▲一応、ご存じない方のために簡単に説明をしておくと、「旅人手帳」(トラベラーズ・ダイアリー)というのは、小学館のアウトドア雑誌「BE-PAL」が毎年12月号に付けてくれる付録の手帳です。

これが、旅とアウトドアを念頭に作られている手帳だけに、なかなかあなどれない完成度の高さ。

 
僕は毎年楽しみにしています。

 
f:id:mypula_nao3:20191110150328j:image
 
▲毎年改良や変更が加えられている旅人手帳。
2020年版はどんな仕上がりになっているのか見ていきましょう。

f:id:mypula_nao3:20191110150454j:image▲まず表紙から。
実際はこの写真よりも赤みの強いパープルです。

例年通りアウトドアを意識した手帳らしく、表紙表面は防滴加工されており、また、ハードカバーですから手に持った状態で書きこむことができます。

ちなみに、イラストは毎年干支にちなんでいまして、来年はねずみ年ということで、あけびを食べるアカネズミだそうです。

 
f:id:mypula_nao3:20191110150505j:image
▲表紙をこんなふうに開いたら、モモンガ(?)が飛んでました。
モモンガはネズミじゃないよな?
 
f:id:mypula_nao3:20191110150447j:image
▲重さは実測で109g。
大きさは測量野帳と同じ、縦160mm×横95mm×厚み約8mm
 
f:id:mypula_nao3:20191110150519j:image
▲表紙をめくったところもこのイラスト。
 
f:id:mypula_nao3:20191110150538j:image▲見開き左ページの下には、「In case of loss, please return to 」の欄。
そして注意書きとして「BE-PAL発売日は変更になる場合があります」と書かれています(なんでここに? 笑)
 
f:id:mypula_nao3:20191110150440j:image▲そして右ページには「TRAVELER’S DIARY 2020」のロゴ
 
f:id:mypula_nao3:20191110150428j:image▲次の扉ページでは
 
f:id:mypula_nao3:20191110150450j:image▲これも毎年恒例、「私をアウトドアに連れ出して!」
 
f:id:mypula_nao3:20191110150522j:image▲さて、メインの記入ページ。
マンスリーページです。
2019年12月スタート。

見開き一ヶ月、月曜始まりのオーソドックスなマンスリーブロッグタイプのデザイン。

昨年と変更点はありません。
 
f:id:mypula_nao3:20191110150515j:image▲1日のマスの大きさは、縦27mm 横21mm。
左側の余白部分には、アウトドアに関連した小ネタが毎月3つずつ記載されています。
 
 
f:id:mypula_nao3:20191110150459j:image▲5段構成ですので、6週目がある月は1日が半マスとなります。
ここがちょっと残念な点。
 
f:id:mypula_nao3:20191110150431j:image▲カレンダーに記載されいるのは祝日名と月齢の記号。
そして大切なBE-PALの発売日。
 
f:id:mypula_nao3:20191110150508j:image▲ちなみにマンスリーページは2020年12月まで。
 
f:id:mypula_nao3:20191110150437j:image▲マンスリーページの次はノートページ。
5mm方眼罫で、70ページあります。

ここも昨年と変更点はありません。

 
f:id:mypula_nao3:20191110150502j:image▲紐栞は2本。
 
 
 
f:id:mypula_nao3:20191110150527j:image▲ノートページの後はシンプルに無地。
 
f:id:mypula_nao3:20191110150524j:image
▲そしてモモンガです。
 

「BE-PAL」2019年12月号付録、「旅人手帳2020」レビュー:まとめ

2019年版からマンスリーブロッグタイプのスケジュールページと5mm方眼のノートのみのシンプルな構成となった「旅人手帳」。
 
2020年版も同じ構成となっています。
 
ギチギチにスケジュールを書き込む必要がある方には向きませんが、スケジュールはそれほど書くことがない、むしろノートページがほしいという方にはいいと思います。
 
紙質もしっかりしていて、インクの裏抜けもしません。
f:id:mypula_nao3:20191110150512j:image
 
なによりもハードカバーの撥水加工してある表紙がいいですね。
 
ただ、アウトドアに連れ出すには”収納”がないのが弱点だと思いますが、以下のようなカバーも発売されていますので検討してみてください。
f:id:mypula_nao3:20191110150424j:image
結構高いけど・・・
 
f:id:mypula_nao3:20191110150531j:image
ということで、これで「旅人手帳」10冊目となりました。
あと2冊で干支も一周ですね。

 

 

 

 

次号予告

 

f:id:mypula_nao3:20191110150534j:image

次号の付録はブービーバードのLEDランタンです。

CHUMS好きとしては見逃せない!

 

 あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA