本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

川川うどん(善通寺市)【さぬきうどん】小麦の甘みと不思議な存在感の麺

f:id:mypula_nao3:20191120095309j:image

どうも、うどん番長のなおさん(@ichiryuu)です。

今回ご紹介するのは今年10月にオープンしたばかりのお店。

善通寺市の川川(かわかわ)うどんさんです。 

川川うどん(善通寺市)【さぬきうどん】小麦の甘みと不思議な存在感の麺

善通寺インターの近くなのですが、少しわかりにくい場所にあります。

目印は、幹線道路に立つ看板のみ。

f:id:mypula_nao3:20191120095420j:image

そして、お店の前には一切看板がなく、のれんにも何も書いてないという・・・ 

f:id:mypula_nao3:20191120095446j:image

形式は食器の返却はセルフというハーフセルフスタイル。

注文は聞きに来てくれるし、うどんも席まで持ってきてくれます。

f:id:mypula_nao3:20191120095432j:image

新しいお店ですから当然といえば当然ですが、とってもきれい。

まるでカフェのよう。

最近オープンするうどん屋さんはどこもおしゃれだよなぁ。

f:id:mypula_nao3:20191120095438j:image

メニュー。

完全セルフのお店に比べると、ほんの少し高めの設定かな。

f:id:mypula_nao3:20191120095443j:image

テーブルには薬味が並んでいて、僕の好きなスタイル。

f:id:mypula_nao3:20191120095423j:image

ネコがうどん加えているアイコンがかわいい

f:id:mypula_nao3:20191120095441j:image

初めて訪れるうどん店では定石のかけうどんを注文。

f:id:mypula_nao3:20191120095412j:image

ひと目見た瞬間目を引いたのは、このお出汁の透明感。

これだけ澄んだお出汁を見るのはめずらしい。

f:id:mypula_nao3:20191120095449j:image

まずはしっかりうどんそのものを味わうため、薬味はネギを少々のみ乗せていよいよ実食。

f:id:mypula_nao3:20191120095427j:image

一口目で、「ん? 甘い?」とちょっとびっくり。

でもお出汁は甘いわけではありません。

小麦の甘みでした。

そして、独特の弾力と食感。

いままで「グミみたい」とか「ゴムみたい」とか「硬い」とかいろいろな表現をしてきたけど、ここの麺の弾力はちょっと独特だな。

硬すぎず、柔らかすぎず、そしてゴムのような反発はないけどコシがある。

おもしろい。

そしてあの澄んだお出汁。

これも独特。

小麦の甘みが味わえるから、控えめなお出汁ではあるんだけど、小麦の味の後にしっかり追いかけてくる。

なんというか、静かな個性をすでに確立している。

これはまた面白いうどん店が登場したものだ。

今回はかけうどんだけだったので、次回はぶっかけも試してみたい。

そして、この不思議な存在感のある麺は、冷たい状態だとどうなるのか、ぜひ体験してみたいと思いました。

ちなみに、今回トッピングで選んだサイドメニューは

f:id:mypula_nao3:20191120095435j:image

とり天。

f:id:mypula_nao3:20191120095416j:image

 とっても柔らかく、そしてうどんとも喧嘩しない上品な味でした。

川川うどん お店情報

関連ランキング:うどん | 金蔵寺駅善通寺駅

あわせて読みたいうどん記事

うどん巡礼のお供に

created by Rinker
¥1,650 (2020/07/06 22:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログでの紹介記事:『さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版』【うどんネタ】ゴールデンウィークは本書をガイドにうどん巡礼! 使い方のポイントも解説 – まいぷら

created by Rinker
スタンダーズ
¥1,121 (2020/07/06 22:22:56時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログでの紹介記事:『うどん手帖 死ぬまでに一度は食べたい!! 全国の名店50+α』【うどんネタ】うどん県以外にも美味いうどんはあったんだ! – まいぷら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA