まいぷら

まいぷら(MyLife+ マイライフプラスの短縮形)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ。書評、ガジェット、ライフスタイル、旅、アウトドア、ときどき讃岐うどん

香川県民の丸亀製麺に対する感情は他県の人には理解されることはないと思う理由

香川県民の丸亀製麺に対する感情は他県の人には理解されることはないと思う理由

(ほかんとこのうどんは死んでるのか?)
 

さぬきうどんブームの火付け役、麺通団の田尾団長こと、四国学院大学教授田尾和俊氏がこちらの記事を書き、

 

www.mentsu-dan.com

 

で、この記事をツイートした人がいてプチ炎上。

 

 

香川県民が激おこ」みたいな記事も登場して、

 

yukawanet.com

 

香川県民vs丸亀製麺のさぬきうどん論争が週明けから起こっていました。

 

僕は田尾団長の記事に対して全肯定で、一応こんなツイートだけはして、この話題はスルーしようと思っていました。

 

 

ところが、完全に論点がずれたこんな的はずれな記事が登場して、

 

nikkan-spa.jp

 

しかもYahoo!に登場してたくさん読まれている様子。

 

 

これで僕も黙っていられなくなった。 

 

このすっとこどっこいなライターさん、田尾団長の記事を本当に読んでいるのか? それとも読解力がないのか? 

この場合当事者に取材といえば田尾団長と丸亀製麺の社長だろうということは疑いようがないのに、何を血迷ったか丸亀市に取材して、しかも丸亀製麺丸亀市にCM出してスポンサー料払ってるとか、社長が丸亀城の石垣修復に寄付しているとかいったことを「衝撃の事実」などといってスクープのごとく報告しています。

 

アホか?

 

もう一度田尾団長の記事を読み直してほしい。

丸亀製麺丸亀市の関係など、どうでもいいんだよ。

行政なんて、CM料払ってくれる相手にはへいこらするに決まってるやん。

 

 

田尾団長が言ってるのは、

 

丸亀製麺の社長が、さぬきうどんの歴史や技術的な面に関しても自分たちに都合のいいストーリーを作り、さらに自分たちがさぬきうどん文化の代表であるかのごとく発言していること。

 

②そして、そういったことを含めて丸亀製麺のさぬきうどんに対するリスペクトのないこれまでの経緯が、「誠実な讃岐人や讃岐うどんファン」たちから丸亀製麺に対するネガティブな感情が出てくる原因になっていること。

(ちなみに僕は「もんぞう」の一件から完全にアンチになった) 

 

 ということだ。

 

まぁ、僕も含めて身近なさぬきうどん通は総じてアンチ丸亀製麺なのだが、そんなアンチに対してネット上にはこんな意見も多い。

 

香川県民の丸亀製麺に対するアンチ度は異常。

 

香川県民のうどんに対する執着は異常。

 

それはそうだろう、香川県民以外にこの丸亀製麺に対する「気分が悪い」感覚、うどんへの異常なほどの執着は到底理解できないと、僕はわかっているのですよ。

 

ここまで長かったが、この記事ではその理由を書いておく。

 

 

香川県民の丸亀製麺に対する感情は他県の人には理解されることはないと思う理由

 

先日東京に行った際、ブログ仲間と飲んでいて言われました。

 

「よくあれだけ毎日うどん食べてて飽きないね」

 

うどん食べるたびにインスタに上げているし、うどん記事は当ブログのメインコンテンツの一つでもあるからでしょう。

 

で、僕は「飽きませんよ」と、答えるのですが、「いや、絶対飽きるだろう」と納得してくれません。

 

その時僕はもうわかっていたんですね、どんなに「飽きない」といっても理解してもらえないことを。

 

今までもこういう会話を何度もしてきましたから。

 

あのね、僕ら日本人にとって主食はお米でしょ。

で、毎日毎食お米を食べてて飽きますか?

 

そりゃたまにはパンも食べたくなるでしょうけど、パン食とか続いたら、「米が食べてぇ〜」ってなるじゃないですか。

 

でね、香川県民にとってうどんは准主食なのですよ。

だから飽きる飽きないというレベルじゃないの。

 

各地方にご当地グルメとか、ソウルフードと呼ばれるものがありますが、主食並みにしょっちゅう食べたりはしないですよね。

 

たとえば、長崎県の人は毎日ちゃんぽん食べる? 宇都宮市民は毎日餃子食べる? 名古屋の人は毎日味噌カツ食べる? 大阪府民は毎日たこ焼き食べる?

食べないですよね。

 

それに対して香川県民とうどんの関係は異次元級に濃厚なのですよ。

まさに准主食。

一人あたり平均年間200玉食べると言われています。

 小麦使用量 もダントツ。

 

www.pref.kagawa.lg.jp

 

少なくとも僕は香川県における県民とうどんとの関係のような、地域と食べ物の関係を他に知りません(あったら教えて)。

 

 

食べる量が多いだけではありません。

 

僕らは離乳食開始と同時にうどんを食べます。

運動会やお祭り、お盆に親戚が集まるときとかなにかの行事ごとには「たらいうどん」が登場します。

高校の学食には必ずうどんがあって、僕の母校の食堂ではテボで麺を温めるのも自分でする完全セルフ形式でした。

さすがに大晦日は年越しそばを食べる家庭もありますが、年越しうどんを食べる家庭も多いです。

(我が家では僕が手打ちします)

 

もう一度言うけど、食べる頻度と量、そして生活との密着度において香川県民とうどんの関係に類似した地方と食品がありますか?

 

ないでしょ?

だから香川県民がどうしてこれほどうどんに執着するのか、他県の方に理解できるわけがないんですよ。

 

 

しかも、これ言ったら怒られるけど、執着するもう一つの重要な理由をあえて言うよ。

 

それは、

 

香川県には世界的に誇れるものがうどんしかないんだよ!

 

その唯一誇れる、大切な文化であり准主食を香川県に縁もゆかりもない一企業が勝手に「さぬき」と「丸亀」の名前を使って、「自分がさぬきうどんの代表です」みたいな顔されたらそりゃ気分いいわけないだろう。

 

でも、この感情はご当地グルメの粋を超えた愛してやまない准主食がある地域の人にしかわかるはずはないのですよ。

 

これが結論です。

 

 

アンチを丸亀製麺ファンに変える方法

 

 最後に、香川県民で丸亀市民の僕からアンチを丸亀製麺ファンに変える方法を提案します。

といっても前々からずっと言っていますが、その方法は唯一つ。

 

丸亀市に出店しなさい。

 

先出したこちらの記事

 

丸亀製麺様は香川には店舗を極力出さない方針だとおっしゃっていて、丸亀市にも絶対に出さないとお話されていますが、それは我々に対して遠慮してのことだと言います。

 とあるけど、一体何の遠慮なんだろう?

 

もともとあった「丸亀製麺所」への遠慮? 

それとも「いえいえ私達は本場香川県で大々的に展開できるほどのものではございません」という遠慮?

 

 ビジネスなんだから、そして食品会社なんだから出店して勝負して、その勝敗はお客に決めてもらったらいいじゃないですか。

 

それで生き残ることができたら香川県民も丸亀市民も態度が変わると思いますよ。

 

 

ああ、丸亀製麺が近くにあったら食べてみたいのになぁ、「明太クリーム釜玉」。

こんな変化球メニュー、香川県じゃ食べられないもんなぁ。

 

 

あわせて読みたいうどん記事

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com

 




うどん巡礼のお供に

 

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

 



当ブログでの紹介記事:『さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版』【うどんネタ】ゴールデンウィークは本書をガイドにうどん巡礼! 使い方のポイントも解説 - まいぷら





うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

 

 

当ブログでの紹介記事:『うどん手帖 死ぬまでに一度は食べたい!! 全国の名店50+α』【うどんネタ】うどん県以外にも美味いうどんはあったんだ! - まいぷら