本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

楽しんで続ける”一人流PDCAサイクルの回し方”【書評】斎藤一人(著)『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。』

2015-01-14-10-22-35

おはようございます、一龍です。

さて今日は、私が大好きな斎藤一人さんの新刊をご紹介。

今回は、一人さんの成功哲学を「行動」の観点から説いてくれています。

はじめに

斎藤一人さんの新刊です。
毎回一人流成功哲学をわかりやすい言葉で伝えてくれる一人さんの著書ですが、今回のテーマは「行動」です。

動向どうすればいいのか、そのコツはなにか、そして続けるにはどうしたらいいのか。

そのあたりのポイントをピックアップしましてので、まずは一人節を楽しみつつお読みください。

ポイント

★夢は目標になると動き出す

 「夢がかなわない」っていうのは、夢を”夢”のままで終わらせているからなんだよね。
でも、その夢を目標にして、できることからコツコツやっていると、必ず夢は早くかないます。<中略>
とにかく大切なのは、夢に対して具体的にできることから始めること。
どんなに遠い道のりでも、一歩踏み出せば、その分、必ず夢に近づくことができるからね。忘れちゃいけないよ。

★「新の成功」とは成功が連続していくことです

 〝真の成功〟とは、成功が連続していくことなの。
ひとりさんの場合は、「成功」か「大成功」しかないから、昔も今も、いつでも「成功の連続」なんですね。<中略>
小さくても成功を続けていると、「成功した」「成功した」……っていう達成感が脳にどんどん「成功」として擦り込まれて、自信に変わっていきます。
すると「願いはかなうんだ」ということが潜在意識に入ります。
多くの人の夢がかなわないのは、かなわない夢を持つからなんだよね。
夢をほんとうにかなえたいのなら、かなう夢しか持っちゃいけないの。
それでも、どうしてもその夢をかなえたいんだとしたら、まずはその夢に近づくための夢を持つことが大切だからね。
そして、その夢を連続させればいいんです。

★こうすれば必ず勝てるよ!

とにかく、成功を重ねていかないと、成功者にはなれません。
それで「失敗したらどうするんですか?」っていうと、失敗したら「これじゃダメだ」ということがわかったって思えばいい。それも成功なの。
ようは、人間の魂的に言えば、失敗はないんです。
ただ経験しただけなんだよね。「こういうことをしたらこうなった」という経験をしたにすぎないの。
私たちはまず、今日持っている知恵で明日に挑戦すればいいの。そう考えれば、未来は全然怖くないからね。
そして今日の挑戦が、明日には経験に変わります。そうやって、二四時間を戦うんです。

★最初からうまくいかないのは当たり前

 この星は、思ったことがかなう星ではありません。
思ったことが正しいかどうか、それを行動に移してみて、うまくいったらそれは正しい、うまくいかなかったらそれは間違いである、ということがわかる星なんです。
そのためには、まず人に聞くのもいいし、勉強するのもいい。けれど、いずれにしても行動ありきなんです。
行動しながら自分にとっての正しい道を選ぶの。
成功とか、楽しさとか、しあわせとか、そういうのを探す星なんだよね。

★改良すれば必ず成功するからね

 行動してうまくいかなければ、それを改良・改善すればいいんです。
特に大切なのは、自分を改良することです。そうすると魂的にも成長します。
それと「改良グセ」を身につければ、仕事でもなんでもうまくいくようになるからね。
この世のシステムはすべてそうだけど、改良しないといけないようになっているんです。 <中略>
魂を成長させるために必要なこと。それはとにかく、自分をもっと改良して、改良して、改良することです。
このことがわかってくると、サラリーマンでも、主婦でも、経営者でも、なぜかうまくいきます。
神様は私たちに、改良に必要なものは全部与えてくれています。「改良しない」という〝自由意志〟を含めて、すべて与えているのです。 <中略>
私たちはつねに選択して、行動して、改良して、そして責任を取る。
行ったことが間違っていたら、また改良すればいいんだよ。たったそれだけなんです。それができる人は仕事においても、人生においても、魂の成長においても必ず成功します。

★出し切ることが大事だからね

 行動するうえで大事なこと、それは「出し切る」ということです。
いい能力を持っているのに成功しない人や、なぜか運が悪い人には特徴があります。それは、〝出し切っていない〟ってことなんですね。
〝出し切っている人〟には天がいろんなものを与えてくれます。
たとえば、頭も使っているとどんどんよくなるし、体の筋肉も使っていると強くなります。

★ひとりさんの発想術を教えるね

 とにかく行動して、改良するんです。
実際、私は「目標の立て方」や「上手な行動計画」なんて一度も考えたことがありません。
コツがあるとすれば、とにかく改良することのおもしろさを知ることです。
それと迷ったときは「四方よし」を考えること。
自分によくて、相手にもよくて、それで世間の人たちもよろこんでくれることで、神様がマルをくれるようなことを考えるんです。 「大成功しているひとりさんは、きっとすごい発想術を持っているんでしょうね」とかって言われるんだけど、特別な方法やノウハウがあるわけではありません。 <中略>
私が毎日大切にしていることは、「この人生を今日も楽しんだかな」ということ。そして、「人に親切にしたかな」ということ。この二つです。

感想

◆”一人流PDCAサイクルの回し方”

この本は一言でいうと、”一人流PDCAサイクル回し方本”です。

PDCAサイクルの回し方については、ビジネス書界では定番テーマ。
それこそ星の数ほど出版されていますよね。

でもどれも味気ないものばかり。

本書を読んでいただければわかりますが、これほと楽しくわかりやすい言葉で”PDCA”を語れる人は世界中で一人さんただ一人!

しかも実際に中卒で一代で成功をおさめた方だけに説得力も抜群です。

そして何よりシンプルなのです。

その説くところは

とにかく「行動」。そして小さな「改良」を続けること。

これだけなのです。

でもこれ本当に重要で、例えば新年が始まったばかりですが、年のはじめに多くの人が「P(プラン)」を立てましたよね。

「D(実行・行動)」していますか?

私も何度も経験済みですが、ここで殆どの人が躓くのです。

まずは行動。
とにかく始めること。

どんなに夢を描いても、自分が動き出さない限り何も始まりません。

◆「C(チェック)」「A(改善)」の部分が実はキモ 

さて、PDCAサイクルを回していく上でのコツを本書では一人さんが色々解説してくれています。

本書の特にフォーカスしているところは「行動」なわけですが、よく読んていくと行動した後が重要だということに気づきました。

いわゆる「C(チェック)」から「A(改善)」の流れ。
ここで、どんな判断基準に基づいて振り返りを行うかというところが一人さんらしいところなのです。

それは「四方よし」

よくビジネス書ではwin-winといいますが、それは自分と相手だけ。
一人さんはそれに加えて、世間様と神様もどう評価するかを考えに入れています。

「神様」なんていうと胡散臭いと思う方もいるでしょうが、神様を信じる信じないを別にして、「更に一段高いところの視点から見る」と考えたらいかがでしょう。

「世のため」という感覚はこれからの成功のキーワードだと思うのです。
この感覚が欠如している個人や企業には一時的な成功は訪れても、持続性はないと思います。

ぜひこの感覚、取り入れたいと思います。

そしてもうひとつのコツが

改良を楽しむ

こと。

ゲーム感覚でどんどん楽しんで改良を続けていく。
地球はこのゲームを楽しむ舞台なのです。

◆CDも

さて最後に、一人さんの著書の楽しみの一つが付録のCDです。

今回も”「行動の星」に生きるあなたへ”と題した短いお話が収録されています。
ここにも「行動」にともなう成功のコツが語られていますのでぜひ100回聴いてください。

なお、kindle版が紙の本より約500円安くなっていてお得です。
付録のCDの内容はテキストで読めますので大丈夫ですよ。

「一人さんの声が聞きたい!」という方は紙の本でどうぞ。

目次

はじめに
第1章 夢のかなえ方教えます
第2章 問題解決の方法教えます
第3章 この地球は「行動の星」なんです
第4章 「思い」を「行動」につなげる法
おわりに
付録CD 「行動の星」に生きるあなたへ

関連書籍

2004年に出版された、一人さんの一番弟子の柴村恵美子さんが書いた本。
ずっと読みたいと思っていたのですがどこの本屋にもすでに在庫がなく諦めていました。

それが近くkindle版で登場するとのこと。
これは一人さんファンとしては嬉しい限り。
この機会に是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA