本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

まずは意識改革、そして外見を変えよう【書評】青木一郎(著)『40歳からのモテる技術』CCCメディアハウス

2015-02-09-08-27-55

おはようございます、一龍です。

今日ご紹介するのは世の独身おじさま方に送るモテ本。
歳を理由に諦めるのはこの本を読んで実践してからにしよう。

 

はじめに

私の周りを見回しても、けっこうアラフォーの独身男性たくさんいます。
その多くがあきらめている感じなんですが、注意して見ると歳の差結婚をされている人も周りに意外と多いのです。

諦めるのはまだ早い。
今回は歳をとっているからこそ努力すべき点のなかでも、特にすぐに出来る”見た目”に関する部分をピックアップしました。

ポイント

★おじさんが恋愛で行き詰まる3つの原因

 

 40歳以上の男性のモテない原因、それは
 1 おじさん臭い外見
 2 女性とのコミュニケーション不全
 3 慢性的な出会い不足
 この3つが手かせ足かせになってモテないのです。逆に言うと、この3つの壁を打ち破ると、女性の恋愛対象に踊り出ることができるということです。

★外見を変えるのは簡単

 

 女性、特に若い女性が中年男性にレッドカードを突きつける理由の一つに、「おじさん臭い外見」というものがあります。この場合、姿形の美醜ではなく、おじさん臭い服装や髪型など美容やファッションのセオリーを知らないこと、肌のシミなどの加齢現象を放置していることが原因です。
 内面を劇的に変えることが難しい一方で、外見を変えることは比較的容易です。
 例えば、髪型や服装を変えてみる。姿勢をしゃんとする。それだけでも見栄えは大幅に変わります。見た目の印象が変わると、女性からの評価がぐんと上がります。

★髪型のセオリー

2015-02-10-10-43-23

 髪型のセオリーは、サイドとトップの“〝厚み”〟の比率にあります。これが、おじさん臭いかそうでないかの印象を大きく左右します。
「サイド」とは頭の横の部分、「トップ」とは頭の上(頭頂部)の部分のこと。おじさん臭い人の髪型は、サイドが膨らみ、トップが薄い。サイドの比率が高いのです。若く見える人の髪型は、サイドが押さえられて、トップに厚みがある。つまり、トップの比率が高いものです。 <中略>
 お洒落な人はトップに厚みを作っていますが、おじさん臭く見える人は、トップをベタっとポマードなどで押さえつけていてサイドが膨らんでいるのです。

★メガネ3分の1の法則

2015-02-10-10-43-15

 私が「メガネ三分の一の法則」と呼ぶセオリーを紹介しましょう。
 メガネの横の長さは自分の顔の幅に合わせます。この横の長さに関しては、たいていの人がジャストサイズを選ぶことができます。ぴったりのサイズでないと、ずり落ちたり、きつかったりするからです。
 ポイントは、縦幅、メガネの縦の長さです。縦の長さを、眉間からアゴまでの長さの三分の一以内にする、というのがポイントなのです。  これより長いと、おじさん臭いメガネ顔になってしまうんですね。「アラレちゃんメガネ」を覚えていますか? 簡単にいうと、あのサイズ感です。

★床屋さんを利用して10歳若返る方法

 

 近所の床屋さんが当たり前にできる「一〇歳若返って見せる技術」。その答えは、「顔そり」です。  中年男性の老け顔を若返らせる鉄則その一は、「顔のくすみを消して明るくする」こと。具体的には、細かい産毛を除去して、皮膚のいちばん表面の角質層をはぎ取るのです。これはつまり、顔そりに他なりません。  たかが顔そり、と侮るなかれです。顔のくすみを取り明るくすることで、見違えるように見た目が若返ります。金属の表面にできた細かいサビをやすりで磨くと明るく輝くのと同じ理屈です。

★大人の男のための、まゆ毛そりのススメ

 

 年を取ると、目の周りの筋肉が弱まり、目尻がだらりと下がります。好々爺ぶりをアピールするにはいいのですが、それはイコール、年を取った、老けたということ。
 この老化現象を補正するのが、まゆ毛そりです。
 まゆ毛の両端の下、つまり垂れ下がった部分をカットします。すると、目尻が上がり、若々しく見えるのです。
 デザイン力のある理容店で、顔そりと一緒にまゆ毛も整えてください。まゆ毛専門のカット店もあります。

★バブル時代の遺物、おじさん臭いスーツを脱ごう

2015-02-10-10-42-10

 スリムフィットとは、若い男性がよく着ている体のラインに張り付いたシルエットのシャツやジャケット、パンツのこと。いかにも、弱々しい、女っぽいとおじさんには不評です。
 が、しかし、女性陣、特に若い女性には好評なのです。
 なぜなら、女性は体のラインをキレイに見せたいので、体にフィットするサイズ感の洋服を好んで着る傾向があるからです。このため、おじさんがよく着るような「だぼっ」とした大きめのサイズの洋服には違和感があるのです。

★ノーネクタイ姿をお洒落に

2015-02-10-10-41-49

 ノーネクタイ姿でもお洒落になるワンポイント技が、襟元のお洒落です。
 襟元のお洒落には、二種類あって、一つはボタンに小技を効かせたもの。もう一つは襟自体が加工されているものです。
 シャツの最上部の部分を台襟といいますが、ここに二つボタンがついたものが前者の代表格。デュエボットーニ・シャツといい、この小技が襟元をエレガントに印象づけます。また、すべてのボタンに細工が施されているものも、お洒落感があります。
 後者は、クレリック・シャツが代表選手です。ワイシャツやポロシャツで、襟の部分が本体と違う素材や色、柄物でできているのを見たことはありませんか? 襟の部分に細かい柄の生地をあてていたりして、小技が効いてお洒落です。
 また、ダブルカラーといって、襟が二枚重ねになっているものも同じようにお洒落感があります。

感想

 

◆まずは見た目から努力しよう

今回感想を書くにあたって最初にお断りしておきますが、私もただの40代のオッサンです。
特に男前でもないし、モテるわけでもありません。
ですが、これから書く感想ではキツイ物言いをするかもしれません。
それはただただ、同世代の独身男性に幸せになってもらいたい一心からのアドバイスですのでそこのところはご承知おきください。

さて、

本書では「40歳以上の男性のモテない原因」として、

 1 おじさん臭い外見
 2 女性とのコミュニケーション不全
 3 慢性的な出会い不足

の3つについて書かれています。

今回はその中でもすぐに取り掛かることができ、手っ取り早く変わることができる

1 おじさん臭い外見

についての部分からピックアップしました。

私の周りにも40代独身男性が結構いて、結婚したくないのかと思っていたらすごく結婚したいけど相手がいないという人ばっかりです。

で、そういう人に限って「どんな女性がいい?」と聞くと、今流行のアイドルを挙げたりします。

はっきりいいます。

「ないですから!」

そしてもうひとつ顕著な特徴が、そんなアイドルのような可愛くて若い子と結婚したいと望みながら、なんの努力もしていない人ばかりです。

まず自分は選ぶ立場ではなく、選ばれる立場であることを認識しましょう。
そうしたら、同自分が努力して変わらないといけない決意ができるでしょう。

 女性に「選ばれる」という立場を自覚して、女性の視点で服装や髪型を選ぶべきなのです。
 これからデートする女性は家族ではありません。「ありのままの自分」で受け入れてもらえるハズがありません。モテたいと思ったら、モテるという目的に対して合理的な行動を取るべきなのです。
 そうした意識改革ができたとき、ある意味、すべてが変わります。そのとき、モテるおじさんへの道が開けることでしょう。

と、著者が言うように、もう若さという圧倒的武器を失ってしまった以上、若い男に勝てるだけの努力が必要です。

本書前半部分ではすぐに取り組める外見改善の事例が豊富に掲載されています。

いつの時代も女性はおしゃれな男性が好きです。

メガネをかけているならメガネを変えるだけでも印象が違ってきます。
スーツを着る仕事なら、スリムなスーツとおしゃれなワイシャツを買いましょう。

これぐらいなら今すぐにでもできますよね。
というか、これぐらいのことすらしないのなら、もう女性と付き合いたいと思う資格もないと思いますよ。

◆ダイエットと禁煙は絶対やるべき、そして潔い髪型

本書には書いていないのですが、私が個人的におじさんがモテるために絶対やったほうがいいことを2つ提案しておきます。

それはダイエットと禁煙です。

太っていていいことはまずありません。

見た目が悪いだけでなく、生活習慣病の原因となるし、汗をたくさんかくので体臭の原因にもなる。

おまけに自己コントロールできないだらしない人と思われることもあります。

お腹がドーンと出ていて、いつも汗をかいていてハンカチを手放せない人と一緒にデートしたいなんて思わないですよ。(特に夏は)

またタバコも同様。

女性はタバコにすごく厳しいです。
一緒にいると体に悪いだけでなく匂いもうつります。
おまけに息も臭い。

私はタバコを吸わないので余計に敏感なのだと思いますが、職場の喫煙者と仕事の話をしているときは息を止めるか口で息をしています。

喫煙者は自分の口臭がどれほど臭いかをもし自覚できたら愕然とすると思いますよ。

ダイエットと禁煙はかなりハードルが高いですが、女性にモテるためだけでなく自分自身の健康のためにもなるので絶対取り組んで欲しいですね。

なお、本書の頭髪に関して薄毛対策の部分は割愛しました。
かなりのページを割いて書かれているのですが、現在市販されている育毛剤の効果がはっきりしないので。

ただ、これも私の感じていることですが、薄くなったらいっその事坊主頭かスキンヘッドにするほうがかっこいいと思います。

けっこう坊主頭好きの女性っているものです。
私は坊主頭ですが、「触らせて〜」といって頭なでてくる女性が多いのに驚きます。

逆に間違ってもしてはいけないのがバーコード頭。
あれほど未練たらしくみっともない髪型はありません。

あれをするぐらいだったら全部そってスキンヘッドにした方が何十倍も潔くてかっこいいです。

◆外見が完全できたら次は”聞き上手”に

以上おじさんがモテるための外見について書いてきましたが、本書ではこのあと

2 女性とのコミュニケーション不全

について書かれていて、ここがやっぱり一番のキモの部分。

基本は聞き上手に徹することですが、詳しいテクニックは本書でご覧ください。

なお、デートについてもアドバイスが掲載されていますが、ここで登場するのが石田純一さんのデート術。

いや、不倫は文化と喝破したモテ男だけのことはあります。

石田さんのデートの秘訣をまとめると、ポイントは次の三つになります。
  1│ 非日常感   2│ 徹底的な事前準備   3│ 女性本位

しかし、このどれもやっぱりレベルが違いすぎる。

詳しくはこちらを読まれると良いかと。

ということで、なんだかんだと厳しいことを書きましたが、同世代の独身男性諸君。
本書を読んで、ぜひ素敵なパートナーをゲットされることを心から願っています。

そして結婚の暁には恐妻組合(私が会長)の会員となられることをお待ちしております。

目次

第1章 「モテおやじ」に生まれ変わって第二の青春を
第2章 おじさん臭い外見を一新する逆転のセオリー
第3章 中年男性が無理なく会話力をアップさせる方法
第4章 おじさんの出会いを量産する「価値観×ネット」戦略
第5章 若い男に勝つ恋愛カルチャーセンター計画
おわりに

関連書籍

女性心理を知りたい方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA