まいぷら

MyLife+(略して「まいぷら」)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ

充実した1日の時間配分はこんな感じ。1日4時間労働だったらいいスパイラルが起きそう

6835213878_b28d15676f


photo credit: Bistro Cheny via photopin (license)

昨日は3連休の最終日。

いつもタイムログをとっている私ですが、昨日は本当に理想的な時間配分だったの、でちょっと記事にしてみました。 

充実した1日の時間配分はこんな感じ



これは昨日のタイムログ。

あまりにも理想的だったんです。




しっかりと8時間睡眠をとり、

午前中にとある勉強会に行き、

お昼はお気に入りのうどん屋で美味しいうどんを食べ、

午後からはブログを書き、

夕食後は読書。

なんと充実した1日。
そして理想的な時間配分。

ただ、僕はプロブロガーを目指しているわけだから、ブログ執筆時間を”労働時間”と考えると、5時間越えはちょっとまだ長いような気もする。

僕は仕事は嫌いなわけではない。
できれば一生働きたいと思っている。

けれども、今の世の中は働く時間が長すぎると思っている。
1日8時間労働というのはあくまで建前。
残業が当たり前。

そして、実際には通勤時間など仕事のために取られる時間もあるわけだからそれも含めると、平均1日10〜13時間ぐらいは仕事に取られている。

当ブログの読者さんにはもっと長時間働いている人がたくさんいることでしょう。

まだまだ僕などは恵まれているのかもしれない。

けれど、このレベルの労働時間でも、これでは人生のほとんどが仕事だと感じてしまう。

やりたいことがたくさんある僕の理想は、1日4時間労働。

これだと残りの時間は趣味に使ったり本を読んだり、勉強したり。
余暇の時間に取り組むことも、それだけ時間を避ければプロ級になる可能性が出てくる。

そうなると、また人生の幅が広がる。
それがまた本業に生きてくる。

そういうスパイラルの中で生きていきたい。
これがプロブロガーを目指す一番大きな理由なんですよね。 

今の労働時間では、人生仕事だけで終わってしまいそう。
それが当たり前だとしている世の中も変えていきたいな。




次回予告 気になる方は登録を!→ follow us in feedly
書評は『うつくしい日本の言葉』を準備中。
ブログに関する雑記も。