本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

iPadのカバーを新調したらiPadがさらに愛おしくなった件

我が家ではiPad3がまだまだ主力タブレットとして頑張っています。
大きなiPadが登場したら買い換えるつもりでいたら、ずるずるここまで引っ張ってしまっただけですが。
もうそろそろ引退が近づいてる雰囲気はありますが、先日カバーを買い換えました。

「風呂のフタ」ついに壊れる

長年使ってきたiPad3のカバー。

 

その形状からいわゆる「風呂のフタ」と呼ばれているやつだ。 

今や薄汚れ、接着剤が剥がれ、こんな状態に。
それでもなんとか使っていたが、iPad本体と結合するマグネットの金具との接合部分がとうとう外れそうになってきた。
まだまだ使えるiPad3を買い換えるにはしのびなく、もし買い換えるなら大きなiPad(iPad Pro?)が出てからと思っているので、とりあえずカバーだけ買い換えることにした。

 

で、Amazonで探し始めたのだが、そこで気がついた。

「安い!」

もはやiPad3用のカバーは在庫処分だから、とにかく安いのだ。
しかもまだまだ種類が豊富。

迷い迷い選んだのがこちら。

以下、簡単に紹介します。
色はネイビーを選択。
ネイビー好きなんですよ。 
革風の表面にロゴが刻印されています。
内側は
ソフトな素材でiPadに傷がつかないようになっています。
装着してみたところ
装着は簡単。
パキッと音がするまで押し込むだけ。 
カメラやスイッチ類周り。
フタは「風呂のフタ」の形状で、おなじみの三角に折りたたんで台にするタイプ。
低い台にも
立てる台にもなります。

 

唯一の欠点は、一番トップの写真のように、いつも家ではキーボード付きドッグに立てているのですが、カバーを外さないとドッグに立てれないことです。

まぁ、しょうがないですね。

 

まとめ

今回カバーを新調してわかったこと。

それは

新しいiPadを購入したかのような錯覚に陥る
ということでした(笑)。 
 
これ、冗談じゃなく本当。
現に新しいカバーをしたiPadを見た娘が、「お父さんiPad買ったん?」と聞いてきました。

 

そしてもう一つわかったこと。

それは

また新たにiPadに愛情が湧いてくるということ。
まだまだiPad3を使い続けますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA