本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

「ブーリン家の姉妹」【教養敵映画鑑賞】ブーリン家の宮廷工作とエリザベス1世誕生秘話

「ブーリン家の姉妹」【教養敵映画鑑賞】ブーリン家の宮廷工作とエリザベス1世誕生秘話

映画から歴史的教養や雑学を学ぶ教養的映画鑑賞、32回目の今日は「ブーリン家の姉妹」です。

名君エリザベス1世の母の物語ですが、野望と愛憎が入り混じったドロドロとした宮廷映画です。

 

ブーリン家の姉妹 (字幕版)

ブーリン家の姉妹 (字幕版)

 

 

 

 

 

 

はじめに:「ブーリン家の姉妹」、ブーリン家の宮廷工作とエリザベス1世誕生秘話

ストーリー(Amazonより)

時は16世紀イングランド。20年にわたる結婚で皇女メアリーしかもうけることが出来なかったヘンリ ー8世(エリック・バナ)は、男子の世継ぎを産むための愛人を探していた。 一族の富と権力を高めるため、新興貴族のブーリン卿は自慢の娘アン(ナタリー・ポートマン)を差 し出す。しかし、王が見初めたのは清純で心優しい妹のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)だっ た。王の寵愛を射止めるのは2人のどちらなのか…。 断頭台の露と消えた悲劇の王妃アンと、知られざる妹メアリー。ブーリン家の2人の姉妹の間で繰り 広げられた熾烈で華麗なバトルに隠された愛の真実とは? いま明かされる、エリザベス1世誕生の 秘密がここにある!

歴史教養的見どころ

 

◆ブーリン家の姉妹を使った宮廷工作

02_large

アン・ブーリンといえば、ヘンリー8世の2番目の妻で、彼女との結婚のためにヘンリー8世はカサリンとの離婚を認めないローマ教皇との決別を決意し、イギリス国教会を設立したのは有名な話。

また、後の名君エリザベス1世の母としても知られています。

しかし、アンの妹のメアリーのことはこの映画を見るまで知りませんでした。

04_large

ヘンリー8世といえば、イギリス絶対王政の基礎を築いた人。
もともと王権の強いイギリスにおいては、王家にどれだけ近づけるかが一族繁栄のポイントです。

ブーリン家の2人の娘を使った壮絶な宮廷工作が、絶対王政の何たるかを物語っています。

日本史で言えば天皇家に娘を嫁がせる藤原氏のような感じですね。

まずはこのブーリン家の策略が見どころです。

◆メアリーとの間に男の子がいた!?

最初に王の心を掴んだのは妹のメアリー・ブーリン
(メアリーのほうが姉という説もある)

姉と違って美貌だったとの伝承が残っています。

05_large

映画では美人姉妹ですがね。

このメアリーはすでに結婚していて、夫がある身。
なので最初から愛人として遇されたようです。

10_large

映画では世継ぎに恵まれないヘンリーの期待に答えて男の子を出産しますが、これが史実かどうかはわかりません。

一応彼女は2人の子供を産んだという記録が残っていて、その子孫の一人が故ダイアナ妃も含まれます。

◆世継ぎをもうけるために結局6人の王妃と結婚したヘンリー8世

06_large

メアリーとの関係が冷めた後、ブーリン家はアンを王の側に送り込みます。

ここからが本映画の見所で、アンの王の心を操る焦らし戦法がすさまじい。

ですが、それはそれとして、見て欲しいのは、なぜイギリスはローマ教皇と決別してイギリス国教会を設立したのかという点。

また、当時絶対王政とはいえ、ローマカトリック教会から破門されることのリスク、また、当時ヨーロッパ最強国であるスペイン出身のカサリン妃と離婚するリスクを考え悩む王の姿が描かれています。

このあたり、当時のキリスト教的価値観やイギリスという国実力(はっきりいって2流国)や置かれている地位を表してくれていてここも見どころ。

09_large

カサリンとの離婚(=スペインとの対立)、ローマ・カトリックからの決別は当時の国王にとって一大決心だったのです。
だって下手をすると、カトリック養護国でもあるスペインと戦争となるわけですから。

ですが、結果的にこの時の決断がその後のイギリスの繁栄の基を築いたことになります。
といっても、決してヘンリー8世が名君だったわけでなく、あくまで世継ぎを作るための方策だったというのがなんとも言えません。

ただ、あんなに迷い悩んでいた王も、アンを処刑してからは箍が外れた感じ。

結局世継ぎをもうけるために6人の王妃と結婚することになるのです。
ということで、イギリスでは「ヘンリー8世」といえばスケベオヤジの代名詞。

まぁ、処刑された王妃たちは可愛そうですが、世継ぎをもうけるというのは王にとっては国を安定させるための最重要な仕事。

ある意味国王もかわいそうな存在なんですよね。

最後に個人的な感想を

この映画、まずブーリン姉妹が美しすぎます。
そして、ヘンリー8世がかっこよすぎます。

本当はこういう方。

800px-Henry-VIII-kingofengland_1491-1547

まぁ、あんまり中年のギラギラしたリアリティあるおじさんが登場しても嫌なのですが。

基本データ

監督:ジャスティン・チャドウィック
主演:ナタリー・ポートマン
公開:2008年
115分

 

ブーリン家の姉妹 (字幕版)

ブーリン家の姉妹 (字幕版)

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA