本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

手帳特集の季節がやってきた!「DIME」”2016年版大調査 勝者の手帳ベスト5”

今年も雑誌の手帳特集記事が始まりました 。

毎年何冊か紹介するのがこの時期の楽しみとなっていますが、今年の当ブログでの紹介記事第1弾はDIMEさんの手帳特集を取りあげたいと思います。 

 

本当に売れている手帳

今年の雑誌の手帳特集のトップを切って紹介するのはDIMEさんの手帳特集にしました。

表紙に書いてある”勝者の”というキーワードは「その手帳を使っていると勝者になる」ということなのか、「たくさん売れている手帳」ということなのか今一つ良くわからないのですが(笑)、それはともかく特集は DIMEが選ぶ手帳ベスト5+α からスタート。

 
 
トップバッターで紹介されているのはほぼ日手帳ですから、やっぱり売れている手帳ということか。
 
モレスキン好きの私としては、モレスキンは選ばれているのかが気になりましたが、ちゃんと紹介されていました。
 
 
 
ただし、これはモレスキンのウィークリーバーチカルダイアリーで、どちらかと言うとマイナーというかマニアックなモデルかな。
しかもB5サイズ(通常のラージサイズよりも更に大きい)。

もし使うのであればラージサイズがオススメかな。 


あと、このコーナーで気になったのがこちら



デイリータイプですが、時間軸がベージの上に横に表記されています。
基本的にシンプルな形式で、かなり自由度の高い使い方ができそう。

常識破りの[新発想]手帳術

特集パート2は手帳術の紹介。

4人の方の手帳術が紹介されていますが一番面白かったのがDr.コパさん。
 
 
風水で運気を上げる手帳術が紹介されていて、例えば

・大切なことはラッキーカラーで書く
 (今年のラッキーカラーは緑だそうです。残り少ないけど緑のペンで書こう。) 

・悪いことがあった日のページは破る 

 (破りたくない人はラベンダー色のペンで消す)

といった、アドバイスが書かれています。

当然ながら、こんな発想はなかったなぁ。

なお、Dr.コパさんプロデュースの手帳はこちら。

Dr.コパの風水手帳2016
小林 祥晃
河出書房新社
2015-09-25



 

手帳と併せて使って便利 ライフログアプリのススメ

さて、アナログ手帳とデジタルデバイスを組み合わせて、それぞれの長所を活かしてさらに活用したいという方にはこのコーナーが参考になるでしょう。  

 
 
 
当ブログでもおなじみ、プロブロガーの立花岳志さんの登場。

この記事では触れられていませんが、立花さんはモレスキンやロルバーンなどのノートも使われていますが、生活のあらゆるシーンをiPhoneなどのデジタルデバイスで記録されています。

やはり、細かくライフログを残すのはいちいち紙に書くよりデジタルで記録したほうが便利。 

ただ、アプリによって得意不得意があるので、自分の記録しておきたいこととそれぞれのアプリの組み合わせが大切になってきます。

その辺りはこの記事で参考にしていただきたいかなと。

手帳と一緒に持ちたいグッズ12

手帳特集の楽しみの一つが手帳の周辺グッズ。  

 
 
 
へぇー、こんなのがあるのかと文具好きの私にはほしいものだらけになるのですが、ふと見ると

 

 
 
なんか見たことある人が・・・(笑)。
それはさておき、気になったものう二つ

ひとつ目はこちら



モレスキンみたいなゴムバンドが手帳につけられるもの。
なんだ、これさえあればどの手帳もモレスキンになってしまうじゃないか!(いやそんなことはないのだけど)

それとこれは紙面で紹介されたものとは違うのだけど、同じような商品を挙げておきます。

システも手帳に挟んでおけるモバイルバッテリーです。
手帳とスマホの使用シーンは結構シンクロするので、手帳記入時に充電というのもいいと思います。

ということで、今回のDIMEさんの手帳特集を軽くご紹介しました。
これから手帳を選ぶという方、ぜひ参考にしてみてください。

なお、Amazonでは手帳特集コーナーが設けられています。

Amazonの手帳特集コーナーはこちら

すごい品揃えなので、かなりの見応えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA