本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

手帳の選び方から夢が叶う手帳の使い方まで、美崎流4つのポイント【セミナー報告】美崎栄一郎さんの愛媛講演に参加してきました

45

先月の徳島での講演に続いて、今月は愛媛での美崎栄一郎さんの講演に参加してきました。

テーマは

「もったいない手帳の使い方、していませんか?来年の手帳を買う前に知っておくべき 失敗しない手帳選び&夢を叶える」

でした。

同じような内容のセミナーに続けて参加したので、前回よりも本質的なポイントがよりクリアに理解できました。

この記事では手帳選びのポイント2つと夢が叶う手帳の使い方のポイント2つをご紹介します。

なお、前回のセミナー報告記事と合わせてお読みいただくと、より分かりやすいと思います。

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

 

美崎栄一郎流手帳の選び方、2つのポイント

 
 
 
前回の徳島講演での内容とかぶるテーマでしたが、そこはさすが美崎さんでした。

本質部分のポイントは当然ながら同じなのですが、それにまつわるエピソードとか具体例とかひきだしの多いところはさすが。

今回は人間には「視覚」「聴覚」「触覚」の3タイプがあるというお話が印象的でした。
(美崎さんご自身は触覚タイプだそうです)

そんな導入(脱線?)部分からはじまって、まず前半のテーマ、「手帳の選び方」のポイントです。

手帳の選び方、2つのポイント

(1)アクセスしやすいサイズ

手帳へのアクセスが容易になるサイズを選ぶということ。
仕事が決まる(入る)瞬間、電話できまるのかメールなのかは人それぞれでしょうが、10秒以内に手帳にアクセスして予定が確認できることが重要。

そしてそれが可能なサイズを選ぶということです。

職場でデスクの上に置きっぱなしにできる人は大きい物でもいいでしょうし、外回りでつねに鞄の中に手帳を入れて持ち運ぶ人は軽くて小さめの方がいいでしょう。

この手帳へのアクセスする環境でサイズを決めるのがひとつ目のポイントです。

(2)マンスリーから始める

これは特に初心者の方へのアドバイスです。
手帳にはいろいろな形式のものがありますが、基本はマンスリーのページとのこと。

予定はマンスリーのブロック内に書くことからはじめて、最初はこれだけでいいとのこと。
慣れてくればウィークリーに落としこむようにする。
(一元化という目的もあります)

ということで、マンスリーのページはこだわったほうがいいようです。
使いやすいのはマンスリーブロックタイプでしょうか。

特に初心者の方で、手帳選びに迷っている方は、この2つのポイントから選ぶと自分に向いている手帳にたどり着くと思います。

夢が叶う手帳の使い方、2つのポイント

次に後半の「夢が叶う手帳の使い方」です。

今回も下記の緊急度と重要度のマトリックスで解説してくれました。 

 
 

ポイントは2つ

(1)「緊急ではないが、重要」な事項に期限を決める

上記のマトリックスはビジネス書ではおなじみのものですよね。

夢を叶えるためにはこのBのエリア、「緊急ではないが、重要」な事項を以下に実行に移すか、言い換えればAの「緊急で重要」のエリアに移すことが大切。

そのために「緊急ではないが、重要」な事項に日付を決める、期限をもうけるのがひとつ目のポイントです。

一つでも実行してスタートを切る。
すると動き出すわけです。

(2)「緊急ではないが、重要」な事項を実行するためのバッファーを設定する

しかし、この「緊急ではないが、重要」な事項を実行することがなかなかできない。
それは「緊急で重要」な事と「緊急だが重要でない」ことに忙殺されて時間がないから。

ならば、「緊急ではないが、重要」な事項を実行するための時間を取る、つまり予定にバッファーを設けようというのが2つ目のポイントです。

半日単位ぐらいのまとまった時間ブロックをあらかじめ手帳の予定欄にとっておくのです。

夢を叶えるキーポイントは「緊急ではないが、重要」にあります。
手帳を使って夢を叶えるというのは、1にも2にもこの「緊急ではないが、重要」な事項のマネジメントなのだと今回のセミナーであらためて確信しました。

ならば、今後の手帳の使い方の方針は決まりますよね。

なお、セミナーでは上記のポイントを実行するための細かいテクニックも解説していただきました。

ToDoの書き方などは、「そうだったのか!」と目からうろこ。
今回も何枚ものウロコがとれて、ますます視界良好になった気がします。
 

 

新鮮野菜を食べながら懇親会、美崎節炸裂!

 
 
徳島のときは夜遅かったので遠慮したのですが、今回は朝のセミナーだったので、ランチ懇親会に参加させていただきました。

やっぱりセミナー後の懇親会に参加しないと、半分損した感じですよね。

会場は CHARLIE’S VEGETABLE という野菜のバイキングのお店。
新鮮野菜がずらっと並んでいて、こういうタイプのお店は初めての体験でした。

しかも、野菜といって侮るなかれ、かなりお腹いっぱいになるんですよ。
 

 
 
 
ここでの会話は完全オフレコですので、この記事では書けません。

が、美崎さんの全国に会社を作る構想や、商品開発コンサルタントのお話など話題と笑いはつきません。
(上の写真のお箸にまず食いついたあたり、美崎さんらしいです)

なかでも美崎さんの次回作の話はもう抱腹絶倒でした。 

いやぁ、本気で次回作楽しみです。
 
 
美崎さん、主催された長谷部様、参加された愛媛のみなさま、楽しくも学びの多い時間をありがとうございました。
 
手帳で夢を叶えましょう!

美崎栄一郎さんの手帳術・ノート術の本

 

美崎栄一郎さんプロデュースの手帳

 

【ブログ後記】

僕は手帳はかたくなにモレスキン派なのですが、美崎さんの手帳術セミナーに2回も参加したし、なにより美崎さんが1年で15冊の手帳を伝った話を聞いたら、他の手帳も使ってみたくなりました。
仕事用にモレスキン以外の手帳も検討しようかな。
第一候補はやっぱり美崎さんプロデュースの手帳でしょうね。

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA