本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

オグ・マンディーノの新訳本が2冊登場!早速未読だった『「成功」のルール 今日から人生を変える10の教え』を読んでみた

おはようございます、一龍です。
先日、私が大好きな作家、オグ・マンディーノの新訳本が2冊発刊されていることを知りました。

『「成功」のルール 今日から人生を変える10の教え』 と、『「奇跡」のレッスン 今日から理想の自分になる4つの法則』 の2冊です。

しかもこのうち前者は、昔読みたかったけれど絶版になっていて手に入らなかった本だとわかり、喜び勇んで早速注文、読んでみたのですが・・・。
やっぱりオグ・マンディーノはすばらしいです。

聖書に登場するザアカイを主人公に語られるストーリーは最初から最後まで示唆に富むものでした。
今回は本書から印象深かった部分をピックアップしてみました。

まずはオグ・マンディーノが語る成功哲学の一端を味わってみてください。
 

 

オグ・マンディーノ『「成功」のルール』のポイント

 

★美しい世界を楽しむために創造された

 

残念ながら人は仕事が忙しすぎて、忘れてしまう。自分はこの美しい世界を楽しむために創造されたのだということを。

★与えられた祝福に感謝する

 

 自分に与えられたものだけでどうにかここまでやってこられたのに、そのことを誇りに思い、感謝することを忘れていた。
 ほかの多くの人と同じく、他人をうらやみ、自分を哀れんで、いろいろなことが見えなくなり、神から与えられた祝福を数えてみようとさえ思わなかったのだ。

★人生は敗者のいないゲーム

 

 わたしはいま、確信している。人生はゲームのようなものだ、と。たとえどんな状況にあっても、誰一人として敗者にならないゲームなのだ。

★意味のない仕事はない

 

 どんな仕事でも意味のない仕事などない。
 心をこめてやる価値のない仕事などない。退屈すぎてやりがいを見いだせない仕事などない。
 つねに、求められている以上に働きなさい。あなたはかならず報いられる。

★ひたすら努力する

 

 成功を勝ち取るための確かな方法が一つだけある。
 それは”ひたすら努力する”ことだ。成功という栄誉を得るためにこの代価を払いたくないのであれば、平凡な生活、貧しい生活を覚悟しなければならない。
 あなたをののしり、わずかな見返りのためにどうしてそんなに働くのかと尋ねる人を、哀れに思いなさい。

★歩きなさい

 

 人生は競争ではない。急がずにゆっくり進みなさい。そうすればどんな道も、あなたにとって長すぎることはない。富と名声と権力がたやすく手に入る道を案内してくれる馬車に乗るのはよしなさい。人生はその全盛期においてさえ、そんなに楽をしてはいけない。誘惑に乗ったがために破滅することもある。
 歩きなさい。あなたにはそれができる。

★敵対する者は、最良の協力者

 

 自分の不運を嘆いて流す涙で、自分の両目を洗いなさい。そうすれば、あなたは真実が見えるようになる。
 あなたがいま闘っている相手は、あなたを奮いたたせ、あなたの力を磨いてくれる。あなたに敵対する者は、結果的にあなたの最良の協力者なのだ。

★今この瞬間だけに集中する

 

 あなたの手元にあって、あなたが好きなようにできるのは、”いまこの瞬間”だけなのである。
 明日について心配することが、今日という日を曇らせるのを許してはならない。まだ起こってもいないことを心配して、時間を無駄にしてはならない。
 ”いまこの瞬間”だけに集中しなさい。不幸なことが起こるかもしれないと心配する人は、実際にそうなったときには、二度苦しむことになる。
 過去を忘れ、未来を神にゆだねなさい。神はあなたよりはるかに有能なのだから。

★荷を軽くしなさい

 

 荷を軽くしなさい。今日から軽くしなさい。
 人間のほんとうの価値は、自分がなにを不要だと判断しているかによって測ることができる。

 生活をシンプルにしなさい。
 最小のもので満足できる者が、誰よりも豊かなのだから。

感想など

 

◆うれしい新訳本の登場

いかがだったでしょうか?
ピックアップした部分は断片的になってしまいますが、それでもオグ・マンディーノが語る成功哲学の一端は味わえたのではないかと思います。

ぜひ、本書でオグの世界にどっぷりと浸ってもらえたらと思います。

さて、本書は、十数年前に出版されていたこちらの本の新訳本として出版されたものです。
(原題は『The Success In The World』1981年発表)

また、今回もう一冊同時に発刊された姉妹本とも言えるこちらの本は、

おそらくこの本の新訳本かと思います。

世界中にたくさんのファンがいるオグ・マンディーノですが、すでに1996年に亡くなっているため、もう新刊を読むことはできません。

それは仕方ないとしても、現在、以前翻訳されて出版された本の多くも絶版となり、中古でしか手に入らないという残念な状況になっています。

そのような中、今回2冊の新訳本が出たのは嬉しいことです。

昨年はあの一冊1万円の超高額本『世界最強の商人』か角川書店から文庫本でリニューアルされて登場。

しかも、続編とセットで出版というファンにとってはこの上なく嬉しい出来事がありました。

こうした新訳本としてリニューアルされて出版されるという流れは非常に嬉しいし、まだオグ・マンディーノを知らない世代には著作と触れるチャンスとなるのでぜひ続けてもらいたいですね。

また、オグは生涯で19冊の著作を残したと聞いていますが、まだ邦訳されていない作品もあるようですし、ぜひそちらも新たに出版されることを願います。

◆人生を変える「成功」のルールとは

さて、本書について。

本書のストーリーは、容姿は醜いが愚直で誠実な生き方を貫いて成功をおさめたザアカイの生き方を、彼に仕えた親友でもあるヨセフの目を通して描いていきます。

このザアカイという人は聖書に登場する人物で、イエス・キリストや聖書のエピソードを題材にした物語を通して成功哲学を語るというのはオグの得意とするところです。

今回もイエスとのエピソードを交えて書かれています。

本書後半では人生を幸福に生きるためのルールを、ザアカイが書きまとめます。

著者のオグ自身がナポレオン・ヒルの成功哲学に影響を受けた人で、この本との出会いによって

自殺を思いとどまり、人生の最悪の時期を脱し、やがて作家として成功をおさめた経験をもったひとだけに、物語中でザアカイの手によって書かれる”「成功」のルール”は、平易な言葉で語られていますが、説得力があり、また、どれも読んだその時から実行できるものばかりです。

それらのルールの雰囲気は、上記のポイントとしてピックアップした部分から感じていただけると思います。

ただし、物語中でザアカイがまとめたのは9つのルールでした。

表紙に「今日から人生を変える10の教え」とあるように、本書では10番目のルールも登場します。
しかしこの10番目のルールは、この物語の核心部分となるもの。

ぜひ本書を手にとって、「10番目のルール」をお確かめください。

オグ・マンディーノをまだ知らない方に一人でも多く手にしてほしい一冊です。

目次

1 失うものは何もありません。手に入れるものがあるだけです
2 無理なことなんて何にもないさ。無理だって思いさえしなければね
3 不安をやわらげ、逆境から救ってくれる存在
4 願うことこそ、それをかなえる第一歩だ
5 自分がこんなにも忌み嫌っている仕事
6 自分たちの目で、しかと確かめてみよう
7 人間はいつになったら気づくのだろう
8 自分はこの美しい世界を楽しむために創造された
9 立ち向かう秘訣は、しっかりと立つことだ
10 誰でも地上で天国を味わえる
11 成功のための九つのルール
12 行動しようと決断しなければ何も変わらない
13 人生をよりよく生きたいという願いにけっして背を向けない
14 ただし、自分自身に対しては誠実であらねばならない
15 小さな鳥は、とうとう鳥かごから解放された

関連書籍

オグ・マンディーノが人生を立て直すきっかけとなったのがナポレオン・ヒルの成功哲学でした。

ナポレオン・ヒルの成功哲学に興味を持たれた方にはこちらがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA