本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

コンパクト超音波アロマディフューザー投入!【日々改善】集中力アップと乾燥対策をはじめてみる



この何の飾りもロゴもないポーチ、何が入っているかわかりますか?

って、タイトルでバレバレなんですが、コンパクト超音波アロマディフューザーです。

これ、なかなかの優れものなのです。

 

コンパクト超音波アロマディフューザーを使ってみる

香りで書斎の環境改善

何度かブログの中でも言及してきましたが、僕の書斎(個人的には書斎のことを作戦司令室、机のことをコクピットと呼んでいます)はちゃんとした”部屋”ではなく廊下の突き当りの一坪ほどの小スペースです。

そのため、エアコンがなく、夏は天然の暖房を扇風機で、冬は極寒の中を電気ヒーターでなんとか耐えぬいています。

そんな厳しい環境の書斎ですが、プロブロガーを意識するようになってから少しでも環境を良くしようと少しずつ環境改善を続けています。

数年前に出版されたこちらの本

この中に紹介されている「 STUDY HACKS!21 香りで集中力をコントロールする」では、

勉強モードに入るときにはレモングラスなどの柑橘系のオイルを焚くと、気持ちがシャキッとします。勉強が終わってゆっくり眠りたいときは、ラベンダーへと切り替えます。 

と、香りによる集中やリラックス環境を作り出すハックが紹介されています。

これを読んでから、アロマに興味を持つようになっていたのですが、たまたま知人から無印良品のアロマディフューザーをいただき、先日オイルを買ってきて使用してみました。

アロマディフューザーの使い方

私がいただいた無印良品のアロマディフューザーは数年前のものというこで、現在販売されているものは多少仕様が異なると思われますが、基本的な構造や使い方は同じと思われます。
(型番はPD-SD1。現在販売されているものは11SS。) 

ポーチを開けるとこんな感じ。
コンパクトにセットされていて、旅行にももっていけます。 

セット内容はアロマディフューザー本体(右)とACアダプターだけ。
ポーチにはオイル瓶が3本収納できるようになっていますが、アロマオイルは別売りになっています。

オイルも無印良品で選んできました。

最初の一本として、集中力を高めたいので柑橘系で、でもそんなに刺激が強くないものをということで「スウィートオレンジ」を購入しました。

使い方は簡単です。
付属の計量カップで55ml水を計って 
アロマディフューザー本体に投入。
アロマオイルを2、3滴たらして蓋をセット。
「MIST」スイッチを長押でON。
ものすごく細かいミストがかなりの勢いで噴出され、それと同時にスウィートオレンジの香りが広がります。

このミスト、本当に細かいので、直接手をかざしてもサラッとしていて、全然べとつきません。
いや、すごいわ。

最後にディフューザーの良いところを紹介しておきます。

アロマというと加熱して蒸発させることで拡散するものが一般的ですが、ディフューザーは加熱せず、超音波の振動でミスト状にして拡散します。

香りに加熱しないのでエッセンシャルオイルの自然な香りを楽しむことができます。 

冬の乾燥対策にもいいですね。

ちなみにLEDライトも内蔵しているので、部屋を暗くしてリラックス系のオイルで楽しむのもいいかも。 

ということで、冬に向かうこれから、集中と乾燥対策に書斎で使っていこうと思います。

 

このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA