本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」【映画レビュー】究極のファンサービス作品だった!

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」【映画レビュー】究極のファンサービス作品だった!

今年劇場で観る映画12本目、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に行ってきました。

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公式サイトはこちら

まさにスター・ウォーズ世代の私にとって、2015年を締めくくるのにふさわしい作品でした。
そして、期待を遥かに上回る素晴らしい映像に感動でした。

 

 

 

 

 

 

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は究極のファンサービス作品だった!

 

総評として、オマージュシーンにあふれている作品でした

待ちに待った「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に行ってきました。
劇場はオールドファンでしょうか、結構年配の方が多かったのが印象的でしたが、エピソード4、5、6からのファンにはもうとにかく嬉しいシーンの連続の作品だったように思います。

sw_tfa_sub_03_4_large

ハン・ソロとチューバッカの登場シーンでもう会場がわきましたよ。

sw_tfa_otherphoto_02_large

お馴染みのキャラクターが次々と登場し

sw_tfa_sub_04_4_large

キーとなるアイテムが出てきて、

sw_tfa_sub_04_1_large

あのシーンのオマージュだなとわかるシーン満載。

sw_tfa_sub_03_2_large

ミレニアム・ファルコンが穴(今回はスター・デストロイヤー)に逃げ込んだり、Xウィングは超低空飛行するし、敵を倒すためにファーストオーダーの要塞に侵入したり(なんであんなにセキュリティが甘いのか?)、相変わらず要塞の構造が超逆バリアフリーだったりなどなど、数々のスター・ウォーズのお約束も再現され、とにかく全体としてオールドファンには楽しい!

また、親会社がディズニーになり、スター・ウォーズの世界観が変わるのではないかと心配されましたが、しっかり前作の雰囲気を引き継いでくれていて安心しました。

映画の始まりで、ルーカス・フィルムのロゴは登場しますが、ディズニーのお城のロゴは一切登場しないというのもかなり気を使っている証拠かもしれません。

総評としてオールドファンにとっては無条件で楽しめる内容に仕上がっています。

新キャラ、目新しいメカはあまり登場しなかったのが残念

オールドファンには嬉しい内容となっていますが、その半面、新キャラや新メカはあまり登場しなかった印象があります。

sw_tfa_otherphoto_04_large

一応細かいモデルチェンジはいろいろあって、ミレニアム・ファルコンのアンテナの形や、

sw_tfa_sub_03_6_large

ストーム・トルーパーのアーマーの形状や、Xウィングもモデルチェンジしているのですが、「おおこれは!」と思うような魅力的な新メカは登場しませんでした。

ちょっと帝国側(ファーストオーダー)の新型戦闘機はチラ見せがありましたが、総じて目新しさがなかったのがちょっと不満ですね。

もちろんエピソード6の30年後の設定なので、登場するキャラクターは新しいのですが、

sw_tfa_sub_03_3_large

今回の適役のカイロ・レンはいうまでもなくダース・ベイダーに変わるポジション。

sw_tfa_sub_04_3_large

凄腕のパイロット、ポー・ダメロンはウェッジ・アンティルス的存在。

といった感じで、良くも悪くもやっぱり旧作のキャラクター配置を思い出させてくれます。

そんな中で異彩を放ったのは

sw_tfa_sub_04_2_large

キャプテン・ファズマぐらいでしょうか?
ただ、このキャラクターは出番が少なくて今後に期待といったところ。

sw_tfa_otherphoto_01_large

あ、そうだこのバイク忘れてた。
でもこれもたいして出番がなくて・・・。

といった感じで、エピソード1が公開された時のような新メカのオンパレードはなかったですね。
ちょっと残念。

BB-8の可愛さにキュン死する

そんな中、一人(?)気を吐いたのはBB-8でした。

sw_tfa_main_large

旧作でのR2-D2的な存在なのですが、このロボットの見せ方が本当にすごい。
このあたりはさすがディズニーというべきか。

sw_tfa_otherphoto_03_large

表情のないロボットをこれだけ感情表現豊かに見せるとは驚き。

sw_tfa_sub_03_1_large

とにかくかわいいの一言。
ぜったい映画を見終わる頃にはBB-8の可愛らしさにキュン死することでしょう。

戦闘シーンはこれまでにない迫力

さて、旧作へのオマージュだの、目新しさがなかっただのと言っておりますが、やはり旧作とは違うなと思わせる点もありました。

sw_tfa_sub_02_large

それは陸上での戦闘シーン。

監督が変わったせいか戦闘シーンでの肉体アクションがこれまでにない迫力でした。

sw_tfa_sub_01_large

特にストーム・トルーパーの戦闘シーンはこれまでのシリーズ中最高。

エピソード1〜3がCG全開的な作品だっただけに、”生身”感が強く出ていて戦争映画としての要素も感じられる内容となっています。

そうなんですよ、スター・ウォーズって戦争映画なんですよね。

総括:ものがたりは始まったばかり、今後の展開に期待!

sw_tfa_sub_03_5_large

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」はエピソード7、8、9の三部作の一本目。

シリーズ物とはいえ全く新しいストーリーであり、まだまだ全体像が見えてこない、ほんの序章。

新主役のレイの出生についても謎だし、物語の鍵となるルークにいたっては実質2作目からの登場となりそう。

タイトル通り”覚醒”段階なのです。

次回作の公開は2017年の公開予定。
早くみたいですね。

 

 

あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com

 

www.s-ichiryuu.com

 

www.s-ichiryuu.com

 

www.s-ichiryuu.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA