本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

休みボケでやる気がでないときにモチベーションアップする方法

おはようございます、一龍です。
新年の仕事が始まってまだおやすみモードから抜けられない方もいるでしょう。
私がそうなんですが、今日ご紹介するのはそんな方におすすめの本。

原田陽平さんの『モチベーションアップAtoZ』 です。
なんかやる気がでないという方のために、モチベーションを引き出すための方法をピックアップしてみました。

 

やる気がでないときにモチベーションアップするためのポイント

 

★アファメーションで動き出す

 

アファメーションとは、自分に催眠術をかけるようなものなのだ。

なんでもいい。
自分が動き出す”合言葉”を見つけておこう。
そして、そのフレーズを毎朝、繰り返し声に出してみる。
そして、潜在意識に働きかけておく。

ただ、「なりたい自分」をイメージしながら、それを毎朝、繰り返して声に出す。

⇒ この人生の主役は自分。デキる自分になれる魔法の言葉を持っておく。

★楽しむことを、楽しめ

 

「未来に期待しても何も生まれません。
だから、まずは自分が大好きなことをやることです。
(中略)大好きなことをやっていると、いつもワクワクして、どんどん色々なことができるようになります。
好きなことをやるのが習慣になるからです。
常に挑戦する、そして大好きなことのために大胆な選択をすることが習慣になるのです。
逆に、”やらなくてはいけないこと”をやっていると、物事はあまり上手くいかないでしょう。
誰かの指示に従って”やらなくてはいけないこと”をするために動くようになる。
それがあなたの習慣になりますよ。」

(Twitterの元CEOディック・コストロ、ミシガン大学の卒業式でのスピーチ)

⇒ 楽しいことは、人生のミッションになる。すぐに答えが出なくても、ワクワクを追求すべし。

★ゴールはでっかく、とにかく、でっかく

 

人生のゴールは、できるだけ大きい方かいい。
ぶっ飛んだ夢の方がいい。
手が伸ばせないほど、高いハードルの方がいい。

 

そして、人にはとても恥ずかしくていえなくても、自分だけにはその夢を宣言しておこう。
きちんと、声に出して。
きちんと、紙にも書き出して(キーボードやタッチパネルで文字を何気に打つようになった今の時代に、あえて”文字を書く”ことで、その内容はきちんと潜在意識の中に入って行く)。

自分が「こうなりたい!」を宣言することで、自分とゴールの間に続く道ができることになる。

⇒ かなわないほどデカい夢も、道を設定すれば、いつしか普通サイズの夢になる。

★自分だけのストレス解消法で自分をレスキュー

 

疲れたな、って思うとき、ちょっとイライラしたとき、自分なりのストレス解消法を決めておくといい。
僕にとってのストレス解消グッズは、トランポリン。

ぴょんぴょんと上に跳びあがっていると、ついさっきまでのこともフカンに見えてくる。
この、ちょっとした”幽体離脱感”で、飛び跳ねているのにクールに成れる。
そして、たったの数分間で意識が大きくシフトする。
だから、立ち止まったら、跳びはねるのが僕のやり方。
自分なりのストレス解消法があることは、自分だけの救急箱をもっているようなもの。

⇒ トランポリンで5分間飛び跳ねれば、ストレスも瞬時にリフレッシュ。

★カラダを動かすことで、ココロも上がる

 

落ち込みから抜け出すにはどうすればいいのだろう?

僕の場合は、とにかく”身体を動かす”。
無理やりにでも身体を動かすことによって、心拍数が上がってくる。
心拍数が上がると、テンションも少しずつ上がってくる。
すると、下に落ちていた気持ちも、少しずつ上の方へ上がってくる。
心拍数が上がっているときには、不思議なことに、なぜだかネガティブなことが考えられない。
そして、ネガティブを指していたココロ・メーターの針が、少しずつポジティブな方に傾きはじめる。

誰だって生きていれば、落ち込みは、またいつかやってくる。
それでも、「身体を動かせば、心も動く」ということを知っておくだけでも、これからは、もうそこまで落ち込まなくてもいいかもしれない。

⇒ 心拍数が上がると、ネガティブなことは考えられない。

★いつでも、どこからでも、ゼロからのスタートを

 

変わらないこと。
それは、変わり続けるということ。
だから、ゼロからのスタートは、いつでも、どこからでもあり。
どんなにサイアクでも、どんなに凹んでいても、今のこの瞬間から、いつでもスタートする。

ゼロは、何もないゼロかもしれないけれど、無限が広がるゼロにもなりえるのだ。
いや、ゼロこそが成功の原点になるのだ。

⇒ ゼロにリセットする勇気さえあれば、また、新しい冒険が始まる。

感想など

本書にはAからZまで、自己啓発的なメッセージが書かれています。
その中からタイトル通り、モチベーションアップに関連した項目を幾つかピックアップしてみしました。

落ち込んだりやる気がでない時のモチベーションアップとして著者がおすすめしている方法はまとめると、

・アファメーション

・体を動かす

この2点でしょうか。

アファメーションは自分の心のスイッチですから、どんな言葉でも自分できめてしまって使えばいいのですが、思いつかない人はワンピースの「海賊王に俺はなる!」というの使うといいですよ。

「◯◯王に俺はなる!」

僕の場合は「ブログ王に俺はなる!」って感じです。

言うのは勝手ですからね、遠慮無く「営業王」でも「会計王」でもなってしまいましょう。

もう一つオススメなのが音楽。
この曲を聞くと仕事を始めるというテーマ曲を決めて、それをやる気のスイッチにする方法です。
プロレスの入場テーマみたいな感じですね。
格闘モノの映画のサントラとかいいと思います。

2つ目の「体を動かす」については、トランポリンは一般家庭や職場にはなかなか置けないですよね。
僕のオススメは早足で歩くというもの。

トイレにいくとき、コピーをとりに行くときなど、職場のローカをテンポよく颯爽と歩くと、自分で自分のことを「デキる人」のように思えてきます。

お試しあれ。

まだまだ休みモードが抜けない年初の一週間ですが、モチベーションアップして新年のスタートダッシュを決めましょう!

本書はカシオペア出版、水野俊哉様から献本していただきました。
ありがとうございました。

目次

Prologue
Affirmation アファメーションで動き出す
Balance ”豪遊実験”でバランスの大切さを知る
Company リアルな世界で、本当の仲間ができる
Digital Detox デジタルツールを使いこなすためにも、デジタルデトックス
Enjoy 楽しむことを、楽しめ
Fortune 自分だけの幸運を定義する
Goal ゴールはでっかく、とにかく、でっかく
Herbal Tea コーヒーよりも、ハーブティー。ナチュラルな自分で臨む
Intuition 直感は、大抵正しい
Jump ジャンプする瞬間を逃さない
Know 知ること>お金
Looks 人は外見で判断される
Meditation 毎朝10分間の瞑想で顔が変わる
North Korea 近くて遠い国、北朝鮮へ行ってみた
Oh!
Prosperity ”奪う”より、”与える”ことで豊かさが発動する
Question どうしよう?と悩んだら、とりあえずやってみる
Relationship ”ほめて”良くする人間関係
Stress 自分だけのストレス解消法で自分をレスキュー
Travel 世界を旅して思うこと
Up カラダを動かすことで、ココロも上がる
Vibration 自分の波動を感じてみる
World 
XL エクストララージ
Yes どんな人生にもイエスという
Zero いつでも、どこからでも、ゼロからのスタートを
Epilogue

関連書籍

原田陽平さんといえばなんといっても”稼ぎ本”。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA