本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

うどん虎龍(こたつ)の中華蕎麦【グルメレポート】観音寺にうどん屋が作る絶品中華蕎麦があった!

香川県は言うまでもなくうどん王国なのですが、うどん屋でありながら蕎麦やラーメンをだしているお店も珍しくありません。

なかにはうどんよりも蕎麦やラーメンのほうが人気になっているお店もあります。

そんなうどん店の一つが観音寺市にある うどん虎龍(こたつ) さん。
とにかく中華蕎麦が評判のお店なのです。  

 

うどん屋の中華蕎麦はあっさり系でくせになる味

店構えを見ていただくとお分かりのとおり、のれんには「うどん 虎龍」とあります。
が、 提灯やのぼりには「中華蕎麦」の文字が。

ここはとにかく知る人ぞ知る中華蕎麦が評判のうどん屋なのです。

実際、僕が訪れた時も、ほぼ満席に近い状態でしたが、うどんを食べているお客さんは一人もいませんでした。 

そのうどん屋さんの中華蕎麦、いかなるものかというと、店内に貼ってある解説がすべてを物語っています。
 
 
 
 
麺にはうどん用の小麦粉と中華用のものをブレンドして使用。

あまり県外の方は知らないと思いますが、実は日本で精製されている小麦粉のうちトップランクのもののほとんどは香川県でうどん用に消費されています。

だから讃岐うどんは美味いのですよ。
当然ながらその小麦粉を使ってつくったラーメンの麺も美味いわけです。

また、これは確証はないのですが、うどんの製法で作るということは、おそらく ”ふむ”ということかと。

つまり麺にコシができるわけです。

そしてスープはうどん出汁と鶏ガラと豚骨のスープのブレンド。

要するにここの中華蕎麦は 、讃岐うどんの製法のいいとこ取りをした中華蕎麦ということです。

では紹介しましょう。

 
 
 

 

今回は麺は中(2玉)にメンマ増し、味玉乗せで注文しました。
 
 
 
 
まずはスープから味見をしましたが、これはもう形容のしがたい味。
 
あっさりしています。
コッテリ感はありません。

しかし、旨味が濃縮されていて、かすかにいりこ出汁も感じます。
ちょっと甘目の味付けでパンチがあるというよりは、じわじわ染み渡る感じ。 

 
 
 
そして麺はというと、特に太麺というわけではありませんが、しっかりとコシがあり、するすると喉越しもいい。

完全に見た目はラーメンの麺ですが、やはりうどん的な要素も感じられます。 

 
 
 
 
そして特筆すべきはこのメンマ。

太い!

最近やわらぎメンマなるものが流行りのようですが、しっかりとした歯ごたえで、僕はこういうの大好き。
このメンマだけで御飯を食べたいぐらい。

あまりのメンマの太さにちょっと存在感が薄くなってしまいましたが、チャーシューはフライパンで炙ってから乗せてくれるこだわりよう。

また、味玉がもう絶品!

これはうどん屋でありながら、みんな中華蕎麦を食べているはずです。
僕はラーメン歴は浅いけど、ちょっとこんな中華蕎麦は食べたことがないな。

ちなみにうどんを食べたことがある常連さんに「ここのうどんはどうなん?」と聞いたところ、一言

「まあまあ」

という答えが帰ってきました(笑)。 

食べてみたいけど、みんな中華蕎麦を食べているので、注文する勇気が無いです。 

 
 
 

 

お店情報

関連ランキング:ラーメン | 観音寺駅

営業日は虎龍さんのFacebookページでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA