本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

「デッドプール」【映画レビュー】これまでにないニューヒーロー誕生、ただし2作目以降に期待したい

「デッドプール」【映画レビュー】これまでにないニューヒーロー誕生、ただし2作目以降に期待したい

今年映画館で6本目、「デッドプール」を観てきました。

「デッドプール」のオフィシャルサイトはこちら

アメコミは殆ど知らないので前知識ほぼゼロの状態で観てきましたが、今までにない型破りで自由なヒーローは確かに面白い。

面白いのだが・・・

 

デッドプール (字幕版)

 

 

 

 

「デッドプール」、今ひとつアクション映画にも「おバカ映画」にも徹しきれなかった?消化不良感が残ってしまった

まず最初に、デッドプールというキャラクター、僕はアメコミを読んだことがないし、この映画を見るまでどういうキャラなのかまったく知りませんでした。

ただ、CMを見てこれまでのヒーロー物とは違って面白そうだなと。

それに、ミュータントものなので、映像的にも面白いものが見れるかなと期待していました。

ですが、先に総評すると「物足りない」の一言かなと。

では、どうしてそう感じたのか、少し説明したいと思います。

意外に少ないアクションシーン

sub01_large-4

まずこれが一番物足りない理由です。

冒頭の車に飛び込んでのアクションシーンは、「これすげぇ!」ってなったんですよ。
「これは今までにないすごいアクションだ!」となって、すごく期待が高くなりました。

ところが、全編この勢いで行ってくれたら多分大満足だったんですが、ここから最後の決戦まで、アクションらしいアクションがほとんどない。

これではアクションもの、格闘ものが好きな僕としては満足できません。

弱い敵のボスキャラ

さらに言うと敵のボスキャラであるエイジャックス(フランシス)が弱い。

この人もミュータントですが、その能力は「痛みを感じない」というもの。

ただし、デッドプールのような再生能力はなく、ただ痛くないだけ。

これでは最後の決戦シーンに入る前に、どっちが勝つか見え見え(まぁ、ヒーロー物だからヒーローが勝つに決まっているんだけど)。

ならば、徹底的に卑怯な手を使ってヒーローを窮地に落として欲しかったんだけど、そういう工夫もなく、決戦シーン終了。

やはり、ヒーロー物は悪役が強くないと面白く無いですよ。

「おバカ映画」にも徹しきれなかった?

sub04_large-4

さらに残念だったのは、映画の冒頭で「おバカ映画」と自ら言っておきながら、「おバカ映画」に徹しきれていないこと。

主役のデッドプール自身、常にくだらないジョークをしゃべり続けているのですが、ストーリー自体ももっと「おバカ」に徹して欲しかった。

やはり、どこかヒーロー映画の部分を残したいのか、全体的に「正義」なるものを引きずっているんですよね。

もっとぶっ飛んでいいのに。

魅力的なキャラクターを活かしきれていない

ということで、デッドプール自体はこれまでにないヒーロー像で面白い。

社会的正義より、個人の自由を尊重する、僕としては愛すべきヒーローです。

ですが、全体にどうもこのキャラクターを活かせていない感が感じられてすごくもったいない。

彼の能力が「再生能力」というどちらかと言うと地味目な能力なのも一因でしょうか。

世代的には懐かしく嬉しい「ワム!」

結構ディスってしまいましたが、よかった点も書いておきましょう。

それは主人公が「ワム!」好きなこと。

BGMに「ケアレス・ウィスパー」がかかるところなんて、世代的にはとても嬉しい。

最近はこういう綺麗なメロディーの曲がないから、若い世代にも聴いて欲しいなんて思いながら見ていました。

結局これはラブストーリー

sub02_large-4

そしてもうひとつ。

アクション映画としてみると物足りない作品でしたが、この映画は結局ラブストーリーなんですよ。

お相手のヴァネッサがとても綺麗で素敵。
ガンを患ったウェイド(デッドプール)にとても献身的に接して、健気な一面も見せてくれます。

そんな愛する彼女を守るために、そして彼女のもとに帰りたくて戦うデッドプールの姿にも感動します。

ちょっとグロいシーンやエッチなシーンも有りますが、カップルで楽しめる映画だと思います。

2作目以降で本領発揮か?

ということで、今回はちょっと辛辣な映画レビューとなってしまいましたが、この作品がシリーズ最初ということもあって、「誕生秘話」的なシーンを盛り込まないといけないという制約もあったのは事実。

その分アクションシーンが少なくなってしまうのは仕方ないこと。

本作品でしっかりデッドプール誕生のいきさつも語られたし、彼女ともよりを戻したことだし、次回作では心置きなく大暴れできるはず。

2作目以降を期待しています。

ちなみにエンドロール最後に次回作についてデッドプールがちょっと語ってくれますので、エンドロールが始まっても直ぐに席を立ってはいけませんよ。

 

デッドプール (字幕版)

 

 

 

デッドプール2 (字幕版)

デッドプール2 (字幕版)

 

 

 

あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA