本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

ぺんてる ノック式ハンディラインS【文房具】頻繁に使う方にはオススメのバリアフリーラインマーカー

僕はよく仕事でラインマーカーをよく使うのですが、今回キャップ不要の蛍光ペン、ぺんてるの「ノック式ハンディラインS」を購入してみました。

その使い心地も含めてご紹介したいと思います。  

 

ノック式はラインマーカー界のバリアフリー製品

仕事や勉強でラインマーカーを使う方はすごくたくさんおいでると思います。

僕もその一人で、ラインマーカーなしの仕事は考えられません。

ただ、ラインマーカーには大きな欠点が一つありますよね、それは乾きが早いためほとんどの製品がキャップ式ということ。

このキャップ式はノック式に比べてどうしてもひとつアクションが増えてしまいます。

「些細な事を」と思われるかもしれませんが、頻繁に使うものだからこそ、この「些細」なことがじわじわポディブローのように効いてくるのです。 

 
そこで以前から使ってみたかったノック式のマーカー、ぺんてるの「ハンディラインS」を購入してみました。
 
 
僕が購入したのはよく使うピンク、オレンジ、ブルーの3色。

まず最初の印象は「軸が太い!」ということ。 

 
 
試しにこれまで使ってきた他のラインマーカーと並べてみましたが、実は飛び抜けて太いわけではありません。

おそらく軸が先端からおしりまで同じ太さで、寸胴だからそう感じるのでしょう。
デザイン的にもう少し工夫できそうですね。

 
ラインマーカーとして肝心なのはペン先。
ゲルタイプのテキストサーファーゲル(右)は論外として、フリクションやマイルドマーカーと比べるとちょっと幅が狭いのかな。

 
この幅の狭さは好みの分かれるところですが、文字をマークするという点では特に問題ない幅です。

さて、気になるのはノック式の機構。 

 
わかりにくいのですが、ボディのなかに球状のフタがついていて
 
 
ノックするとその球状のフタが回転して
 
 
 
芯が出てくるスペースを開け
 
 
芯が登場
 
 
かなりメカニカルな機構を有しています。
 
 
最後はカチッと止まるのですが、何度かノックしているうちにちょっと気になった点がありました。

それは 

 
 
 
ノックする距離が結構長いという点です。
 
 
かなり押しこむ感じですし、途中引っかかりがあり、滑らかさもいまいち。

ちなみにこの”ノック”距離ですが、ノック式ボールペンと並べてみたらこんな感じ。

 
 
ノック式ボールペンの約2倍、2cmぐらいあります。

これは機構的にしょうがないのかもしれませんが、ちょっと長過ぎです。

ですが、いちいちキャップを外したりつけたりする”バリアー”に比べたら圧倒的に快適ではあります。

最期に一番肝心の発色ですが

 
 
これは問題ありません。

ということで結論。

若干太く感じるボディーと距離の長いノックではありますが、頻繁にラインマーカーを使う方にはオススメといえると思います。 

<追記>
ノック式の構造についてわかりやすい動画を追記しておきます。

 

 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA