本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

東京で美術館や博物館を巡るなら「ぐるっとパス2016」を検討してみてはいかが?

7月後半から8月初めにかけて、関東方面に出張に行った際に、美術館や博物館をお得に巡ることができる「ぐるっとパス」を使いしまた。

使い方次第ではかなりお得なパスなのでご紹介しておきます。

東京で美術館や博物館を巡るなら「ぐるっとパス」がお得でオススメ

地方の方は「ぐるっとパス」と聞いても知らない方が多いと思います。
僕もお友達から教えてもらって初めて知りました。

詳しくは公式サイトを確認していただきたいのですが、

ぐるっとパスの公式紹介ページサイトはこちら

東京の美術館や博物館、さらには動物園、水族館など79施設で使えるパスなのです。

「ぐるっとパス2016」全79対象施設の一覧はこちらから

 
 
 
僕は一番最初に行った「古代ギリシャ展」の東京国立博物館で購入しました。
79施設の入場チケットや割引チケットが一冊に綴られていて、2000円で購入できます。

image

気をつけないといけないのは、すべての施設が無料ではないこと。
また、常設展は無料だけど、企画展は割引という施設もあります。

こちらのサイトがわかりやすいです。
 

割引だけだと100円とか300円だとか、ちょっとお得感が薄い施設もあります。

また、「ぐるっとパス2016」の最終有効期限は2017年3月31日なのですが、
使いはじめるとそのチケットの有効期限は2ヶ月しかありません。

image

僕の場合は7月26日に使い始めたので、9月25日までが有効期限となります。

東京在住の方なら毎週末美術館めぐりをして元が取れると思いますが、僕のように短期の出張で上京している人にはおそらく元は取れないでしょう。
(僕の場合は大学生の子どもが東京にいるので、香川に帰る前にプレゼントしました)

 

また、このチケットは基本的に割引クーポン束だと思ってもらっていいのですが、
 
 
 
 
 
地下鉄など公共交通機関とのお得なセット購入もできるようです。
 
 
 
 
 
 
あと、施設の地域ごとにスタンプがあって、これを集めるとプレゼントに応募できたりします。
 
 
 
さて、今回僕が実際にぐるっとパスを使った施設ですが、
 
東京国立博物館の「古代ギリシャ展」。
ここは割引だけでした。 
 
 
 
汐留ミュージアムの「ミケランジェロ展」。
ここは入場料全額1000円分無料。

 
上野の森美術館の「ポール・スミス展」。
ここは割引だけ。

 
 
上野動物園。
ここは全額無料(600円) 。

あと僕は行けなかったのですが、オススメなのが

日本科学未来館
東京確率科学博物館
葛西臨海水族園

などは無料となります。 

 
 
もう夏休みは終わってしまいましたが、冬休みや春休みにお子さんとこういった施設をめぐるのもいいと思います。
 
 
見たい施設や企画展と、自分のスケジュールを考えて利用してみてください。

このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA