本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

陰山手帳2017ライト版【手帳レビュー】「生活」「時間」「目標」をしっかり管理、陰山手帳のエッセンスはそのままにモバイル性を高めた手帳

 
 
前回に続いて「陰山手帳2017ライト版」のレビューを写真多めでおおくりしたいとおもいます。

「陰山手帳には興味あるけれどちょっと大きいんだよな」という方にはオススメ。

「陰山手帳2017」のレビューと見比べながら読んでいただけたらと思います。

 
 

 

※最新の「陰山手帳2020」と「陰山手帳2020ライト版」のレビューはこちら

 

www.s-ichiryuu.com

www.s-ichiryuu.com

 

 
 
 
  

外観、カバーなど

「陰山手帳2017 ライト版」もまずは外観やカバーからレビューを始めていきましょう。

 
▲ライト版は標準版の黒or茶のカバーでビジネスライクな外観とは違ってまさしく”ライト”な外観。

▲サイズも標準版(A5)よりひと回り小さい(B6)装丁です。

▲厚さに関してはぱっと見差を感じませんが

▲若干ライト版のほうが薄くなっています。

 
▲重さは実測227g(公式には235g)。
標準版より約180g軽くなっています。 
 
 
 
▲本体カラーはブルーで、透明ビニールカバーです。
写真やポストカードを挟んで楽しむことができそうです。 
 
 
▲ロゴは金で刻印。

 
▲表紙をめくっても
 
 
▲裏表紙もカード入れなどのポケットなし。
ペンホルダーもありません。
これはちょっと残念かも。

手帳ページの紹介

さて、ここからは手帳ページの紹介をします。
基本的な構成は標準版の「陰山手帳2017」と同じ。 

▲まずは表紙をめくって
 
 
 
▲ロゴが登場するのも標準版と同じですが、「ライト版」の赤丸デザインがあるのが特徴というか目を引きます。
が、細かい相違点は、標準版は「ビジネスと生活を100%楽しめる!」とあるのに対して、ライト版は「家族も自分も幸せになる!」とあります。

この違いは正直言って手帳の中身をみる限りではわかりませんでしたが、ライト版のほうがよりパーソナルというかプライベートでの使用を意識しているということでしょうか。
 

 

 
 
▲次のページは3年カレンダー。
この構成は標準版と同じですが、ライト版にはチェックリスト欄がありません。
 
 
 
 
▲次のページからは使い方の説明ページ。
 
 
 
▲4ページに渡っています。
ちなみに標準版にはあるマンスリーブロックの年間カレンダーは省かれています。
 

マンスリーブロックページ

 

▲次にマンスリーブロックのページ。
2016年12月から2017年12月まで用意されています。

標準版と大きく違うのは、標準版が見開き2ヶ月なのに対して、ライト版は見開き1ヶ月となっていることです。
好みの問題ですが、僕はこちらのほうが好き。

▲なぜなら一マスあたりの面積が広いから。
標準版が縦2.3cm×横2.0cmなのに対して、ライト版は縦2.7cm×横3.0cmとなっています。 

▲左がライト版、右が標準版。
並べてみると一目瞭然ですね。 

一マスが広い代わりに、ライト版ではページ下部のフリースペースがなくなっています。
 

 
 
 
▲マンスリーブロック上部には標準版と同じく旧暦月名も記載。
 
 
 
 
▲左下にはチェックリスト欄。
これは標準版にはありません。 
 
 
 
▲右ページの下は前月と来月のカレンダーが。
こういうのあると便利なんですよね。 
 
 
 
▲記載事項としては六曜と「母の日」とか「ひな祭り」といった年中行事が記載されているのは標準版と同じです。

ガント・チャートページ

 
▲次にガント・チャートのページ。
構成的には標準版と同じ。 
 
 
 
▲ページサイズが小さいので項目数を10⇒8に減らしています。
そのかわり一項目の上下幅は狭くしていないのがいいですね。
使い勝手良さそう。 

週間バーチカルのページ

ここからが手帳のメインページです。 

 
 
▲標準版はバーチカルレフトだったのに対して、ライト版は週間バーチカルタイプとなっています。
2016年11月28日から2017年12月31日まで。
時間軸は7時から23時。
1時間につき2行ずつとっています。 
 
 
 
▲ページ上部は日付、曜日、六曜、そしてイラストの月齢。
1日毎の重要事項を書くスペースもあります。
このあたりのデザインは標準版と同じ。 
 
 
 
▲標準版と違うのは下部のデザイン。
週間バーチカルタイプとなってフリースペースがとれないため、1日毎に3cm×3cmのメモ欄が設けられています。 
 
 
 
▲また、陰山手帳の特徴の一つ、「朝」「昼」「晩」の食事と「睡眠」に関する記述スペースも簡素化されていますが設けられています。
 
 
▲ページ右上部分には陰山先生のコラムが毎週掲載。
これも標準版と同じです。

その他のページ

メインのページはここまで。
ここからは付録ページを紹介します。

キャッシュフロー管理票

 

 
▲標準版にもあるキャッシュフロー管理票のページはライト版にも。
項目も同じです。

 

1行日記

 
 
▲「1行日記」は標準版と同じく見開き1ヶ月で2016年12月から2017年12月まで。
 
▲ただし、天気欄はスペースのみ、体調欄は削除されています。

 

10大ニュース

 

 
▲2016年と2017年の「10大ニュース」を記入するページもそのまま。

日本の国立公園

 
 
▲標準版と同じ内容ですが、色がちょっと地味かな。
 

ノートページ

 
▲ライト版にもノートページがあります。
5mm方眼罫で、
 
 
 
▲ページナンバーも記載されています。
ただし、17ページまでで、標準版が54ページあるのに対してかなり少なくなっています。 
 
▲最後はパーソナルデータのページ。

裏写りテスト

さて、標準版と同じく裏写りテストをしてみました。 

 
 
 
▲使ったペンはご覧のとおり。
「LAMY サファリ(インクは純正のブルーブラック)」「トラディオ・エナージェル」「ジェットストリーム」「Signo 0.28mm(ブルーブラック)」「フリクションボール 0.5mm(ブルーブラック)」の5本です。

 
▲筆圧強めで書きましたが、
 
 
▲結果はご覧のとおり。
トラディオが若干インク抜けしたものの、おおよそ良好です。
ただ、紙が薄いのでどうしてもすけて見えるのは仕方ないかな。

「陰山手帳2017 ライト版」レビューまとめ

上記以外で補足しておきます。

 
 
ライト版は残念ながら180度ぺたっと開く綴じ方ではありません。

また、栞もついていません。

これは残念な点ですね。

しかし、これ以外は大きさといい軽さといい、常に持ち運ぶことを想定した場合、かなりいい手帳だと思います。 

しかも陰山手帳のエッセンスの

  • 生活管理
  • 時間管理
  • 目標管理 
に関してしっかり記述できるようになっています。
ライト版ということでフリースペースが大幅に削られているのは、「たくさん書きたい」という方には向かないと思いますが、上記の3つをしっかり管理できればいいといった、目的を絞り込んで使う方には標準版よりもこちらのほうがオススメかと思います。

「陰山手帳は好きだけど、ちょっと大きすぎて」 と躊躇していた方は、ライト版を選択することをオススメします。 

 
 
 
家族も自分も幸せになる! 陰山手帳2017 ライト版

こちらは標準版の陰山手帳です。

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2017(黒)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2017(茶)

標準版の「陰山手帳2017」のレビューはこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

〈追記:2017年9月19日〉

陰山手帳2018年版のリンクを追加しておきます。
2018年版はカバーカラーが黒と茶にくわえてアイボリーの3色展開となりました。

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2018(黒)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2018(茶)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2018(アイボリー)

こちらはライト版です。

家族も自分も幸せになる! 陰山手帳2018 ライト版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA