本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

Tombow 修正テープ MONO AIR【文房具】新機構で初体験の超絶軽い引き心地

 
先日修正テープMONO AIRを購入したのでご紹介。

この修正テープ、名前に「AIR」ってついてますが、本当に驚くほど軽い引き心地なのです。 

MONO AIR は、新機構で初体験の超絶軽い引き心地

仕事ではあまり出番が無いけど、必要なときにないと困るのが修正テープ。
 
▲今使っているのも、Tombowの修正テープ。
 
いつ出番が来るかわからないからペンケースに常駐しています。
 
 
 
▲これ、現在の僕のペンケースなのです。
つくしペンケースを愛用していて、左側によく使うペンを、右側にハサミとたノリとか作業系のものを入れています。 
 
 
 
▲この作業系の道具たちもできるだけスッキリ収納するために”ペン型”のものを使っていますが、修正テープってその形状がどうしても邪魔になるんですよね。
そこで、「もう少し小さい修正テープがほしいな」と思って色々物色していたところ、アンテナに引っかかったのが今回紹介する「AIR」でした。
 
 
 
▲まずは小さいというのがいいですね。
もっと小さい修正テープもありますが、あまり小さくなりすぎても使いにくいので、コレぐらいの大きさがいいかと。 

ちなみに僕が買ったのは6mm×10mのものですが、他に4.2mmと5mm幅のものあります。
またこのいわゆる「MONOデザイン」以外に3種類(+限定バージョン)のカラーバリエーションもあります。

 
 
▲ただし、厚みはあります。
 
 
 
▲この厚みは何かというと、新機構の「エアータッチシステム」を搭載するための厚み。
紙面にヘッドを押し当ててテープを引いているあいだはロックが解除されて抵抗をなくし、引き終わって紙面から離す時にはロックしてテープを切る仕組み。

言葉で説明してもわかりにくいのでこちらの動画を見てください。

 

そして、地味ですが僕がこの修正テープを気に入った理由があります。
 
 
▲それはこのヘッドのキャップ。
 
 
 
▲こうやってキャップを外して使うわけですが、コレが実にいい!

▲というのも、修正テープってそれほど出番が無いため、ペンケースのなかで長く待機しているわけです。
そうするとキャップがない場合こんなふうにテープにホコリが付いてしまいます。
すると、次に使う時にテープの張り付きがとても悪く、貼り始めがきれいにならないことが多いのです。

僕の場合は修正テープにはキャップが必須。
こういう実用面での配慮もいいですね。

さて、実際に使ってみます。

 
▲上からペンはLAMYサファリ、トラディオ・エナージェル、ジェットストリームです。

 

 
 
▲右上のは今まで使っていた修正テープ。
ホコリのせいか、やっぱり貼り始めのくっつきが悪いですね。

その他はAIRなのですが、ちょっとこれ、あまりに引き心地が軽すぎて、コツを掴むまでなれないうちはちょっと苦戦しました。 

 
 
▲特に離す時にピッと勢い良く離すとご覧のようにテープがめくれてしまいます。

 
 
▲そうするとこんな風に、次の使い始めがきれいにならない。
引き心地があまりに軽いので、ついつい勢いでピッと離してしまいますが、引き終わりはしっかり止まってゆっくり離すのがコツのようです。

そのコツさえ掴んでしまえば、この修正テープはすごくいい。
これまでの修正テープとはまったく別次元の軽さ。

そしてもうひとつ気がついたのは音が静か。
あのメカニカルな独特のカリカリという音がせず、シューという音。

これなら静かなオフィスでも図書館でも周りを気にせず使えそうです。





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA