本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

【2016年まとめ(1)】2016年に当ブログで人気だった本・雑誌&グッズ

6555438221_5a750cf479

photo credit: YV.Photography Welcome at home Danbo via photopin (license)

毎年年初恒例のまとめ記事1本目。

2016年に当ブログで人気だった本・雑誌&グッズのまとめ報告です。

ちなみに昨年の報告はこちら

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

 

2016年、当ブログで人気だった本

まずは当ブログで人気だった本をランキング形式で発表します。
同率で複数の本が同じ順位となったためきりが悪いのですが12位から発表します。

第12位 同率4冊 『合本 世に棲む日日』『ま・く・ら』『男と女は打算が9割』『詳説世界史研究』

この本はKindleセールでお買い上げ頂きました。
当ブログでは未紹介。

こちらの本も当ブログではレビューを書いていないのですが(下記の『ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?』の紹介記事で関連書として紹介)、2015年もランクインした当ブログでは隠れたベストセラー本。

かなり癖の強い主張だけに敵も多いと思われる里中李生さんの著書。
僕は結構好きなんですけどね。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

この本は山川の世界史に準拠したかなり詳しい内容の世界史参考書。
下記の佐藤優さんの著書を紹介した時に関連書として掲載した本です。
大人が世界を学びなおす時にいいと思います。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第8位 同率4冊 『あなたの1日は27時間になる。』『ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?』『勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!』『効率が10倍アップする!「時間」を生み出す教師の習慣』

この本は当ブログでは紹介していないのですが、2015年の年末に読んで、2016年の僕の時間術の基礎となった本です。

ここ数年、プレゼンの参考になるということでビジネスパーソンの間で落語が流行っているためでしょうか、こちの本はコンスタントによく売れております。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

子供向けの手帳術と言っていいのかな。
手帳で学習を自己管理する本です。
手帳の効用って大人も子どもも同じなんですよね。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

当ブログではおなじみの栗田正行先生の著書。
タイトルに「教師の時間術」とありますが、世界一忙しい日本の教師の時間術はそのままビジネスパーソンの参考になります。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第7位 

ビジネス書の世界では古典とも言ってい定番中の定番な本ですが、新訳でしかもKindleセールで超お買い得になったタイミングでドーンとお買い上げ頂きました。

これから先、こういった名著が電子書籍でオトクな価格でどんどん登場してくるんでしょうね。

当ブログでは未紹介。

第5位 同率2冊 『世界最強の商人』『ヤクザの必勝心理術』

もともと約1万円くらいしていた同タイトルの著書がカドカワさんから文庫本で超お手軽価格で登場したのが2014年。

とにかく名著なのでたくさんの方に読んでほしいと下記の記事も書いたのですが、その後もKindleセールに時々登場してはコンスタントにお買い上げいただいております。

 

www.s-ichiryuu.com

 

この本に関して意外や意外。
インパクトの強い本で、内容も結構強烈。
ビジネスパーソンの参考にはなりにくい本なのですが、多くの方がタイトルで検索して訪問していただいています。
ちょっと何を目的に購入されているのか心配だったりします。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第4位 『リラックスと集中を一瞬でつくるアイスブレイクベスト50』

こちらも当ブログでは未紹介なのですが、多数お買い上げ頂きました。

第3位 『ゼロから始める手帳活用術』

当ブログでは美崎栄一郎さんの著書は多数紹介してきましたが、特に人気の一冊がこちらの本。
手帳選びのシーズンには必ずたくさんお買い上げいただいております。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第2位 『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』

第2位も美崎栄一郎さんの本。
この本はデビュー作で、電子書籍化されてからはKindleセールにも度々登場。
”ノート術”は当ブログ読者との相性が良いのでしょう、コンスタントにお買い上げいただいております。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第1位 『2人から100人でもできる!15分でチームワークを高めるゲーム39』

毎月のAmazonアソシエイト報告でもおわかりかと思いますが、書籍部門では年間通じてほとんどずっと1位の売上。
当然ながら年間ランキングにすると、もうお話しにならないくらい他の本を大きく引き離してダントツ1位の売上でした。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

2016年、当ブログで人気だった雑誌

雑誌部門では『趣味の文具箱』が人気でした。
Kindleセールでバックナンバーも超オトクなお値段となったため、まとめ買いしていただきましたが、中でも下記の29、30号が人気でした。

2016年、当ブログで人気だったグッズ

続いて人着だったグッズの発表。
こちらはベスト8を発表します。

第8位 スター・ウォーズ R2-D2 USB車載充電器

 

 

キャラクターの人気はもちろんですが、R2-D2のデザインってUSB充電器とかハブとかに合う気がします。
今、「ローグ・ワン」が公開中ですが、今年の年末のエピソード8も楽しみですね。

第7位 LAMYボトルインク ブルーブラック

LAMY ラミー ボトルインク ブルーブラック LYVT08936 正規輸入品

僕もユーザーの人だからでしょう、当ブログはLAMYユーザーの読者が多いようで、第6位のグッズもそうなのですがLAMYの周辺グッズとペン自体もたくさんお買い上げいただいております。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第6位 LAMYコンバーター

LAMY ラミー 万年筆用 コンバーター LZ24 サファリ アルスター ネックス用 正規輸入品

インクに続いてLAMYのコンバーター。
LAMYの万年筆をメインペンとして使うなら、やはり必要ですよね。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第5位 ロルバーン 縦型ミニ

デルフォニックス ロルバーンポケット付メモメタリック縦型 ミニ ゴールド

僕にとっての必需品。
常にワイシャツの胸ポケットにこのロルバーンが入っています。
デザイがオシャレでメモパッドとしても使える非常に便利な逸品です。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第4位 モレスキンデイリーダイアリー(ラージ)

モレスキン 手帳 2017 デイリー ハードカバー ラージ スティールブルー DHB2112DC3Y17

2017年からは「ほぼ日手帳カズン」をメイン手帳にしていますが、昨年まで5年間僕のメイン手帳だったのがモレスキンのデイリーダイアリー。
やはりデザインではモレスキンが一番かっこいいですよね。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第3位 Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

昨年の超特価セールで買い替えたのを機に、レビュー記事を書くとともにブログ読者の皆様にオススメしまくったのがこのKindle Paperwhite。
現時点で一番コストパフォーマンスのバランスの取れた僕の一押し電子書籍リーダーです。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

第2位 陰山手帳2017ライト版

家族も自分も幸せになる! 陰山手帳2017 ライト版

第2位は陰山手帳のライト版です。
本家の陰山手帳の機能はそのままに、サイズや重さがコンパクトになっていて女性におすすめの手帳となっています。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

第1位 陰山手帳2017

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2017(黒)

2位の陰山手帳ライト版を大きく引き離して1位となったのが正規サイズの陰山手帳。
ちなみに黒と茶の2種類ありますが、黒が茶色の2倍売れました。

当ブログでの紹介記事はこちら。

 

www.s-ichiryuu.com

 

まとめ、総評など

まず書籍部門。

単行本に関しては、実は2015年の人気ベスト3と同じという結果でした。
また、『世界最強の商人』『ま・く・ら』も昨年ランキングしているので、2016年の当ブログの人気本は2015年の流れをそのまま引き継いで固定されているような結果となりました。
ただし、ブロガーとしては過去の記事にいつまでも依存している訳にはいかないもの。
2017年はこれらを超えるヒット記事を書きたいと思っています。

雑誌に関してはKindleセールが大きく影響する傾向が顕著に出た年でした。
99円均一とか100円とかでバックナンバーもそろえてセールをするわけですから財布の紐もつい緩んでしまいます。
リアル書店で雑誌が売れない時代となっていますが、近い将来紙の雑誌は消えるかもしれませんね。
ともかくこのKindleの雑誌攻勢は今年もさらに勢いを増すものと観ています。
当ブログとしてはKindleセール情報の発信をこまめにしていくことになるでしょう。

さて、人気グッズの方では陰山手帳の圧倒的な売れ行きに僕自身も驚きました。
この手帳、ダイヤモンド社様から献本(?)していただいたもので、実験的に写真を多数掲載して「詳細レビュー」というかたちで紹介しました。

これがかなり反響があって、売上にもつながりました。
それに気を良くして手帳レビューシリーズを最終的に6冊分書くことになりましたが、これが手帳好きとしてはとても楽しい。

まだ先の話ですが、このコーナー、うちの名物コーナーにして今年の9月の手帳シーズン開始にはまた「詳細レビュー」をやってみようかと思います。

各出版社様、手帳の献本ぜひよろしくお願いします。

ということで、2016年に当ブログで人気だった本・雑誌、そしてグッズのまとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA