まいぷら

MyLife+(略して「まいぷら」)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ

「パッセンジャー」【映画レビュー】人は他人の人生を奪っていもいいのか?意外に深いSFラブストーリー

「パッセンジャー」【映画レビュー】人は他人の人生を奪っていもいいのか?意外に深いSFラブストーリー


2017年、映画館で見た3本目は「パッセンジャー」。

この作品も実際に観たのは3月30日で、ずいぶん時間が経ってしまいましたが、時間がなくてレビューを書けずじまいでした。

ゴールデンウィークの今、書いておこうと思います。


「パッセンジャー」のオフィシャルサイトはこちら 

 

パッセンジャー (字幕版)
 

 

 

 

 

パッセンジャー」、人は他人の人生を奪っていもいいのか?意外に深いSFラブストーリー

 

ラブストーリーの影にある深遠な哲学


この作品は去年予告編を見たときから楽しみにしていた作品でした。
それと同時に、SFミステリーものだと勝手に思い込んでいたのでした。

ところがいざ観てみると、SFラブストーリーだったんですね。
ただ、いい意味で裏切られたなと。

映像も美しいし、二人の心の動きもすごく丁寧に描写されている。

そして、もうひとついいのは、ただのラブストーリーではなく、人は他人の人生を奪ってもいいのかというもう一つのテーマがあったこと。

目的地まで120年かかる宇宙船で、クルーも乗客も全員冬眠装置で寝ているわけです。
たまたま機械の不具合で90年も早く一人目覚めてしまったジムが、孤独に耐えきれず美しい女性を起こしてしまうのがこの作品の大筋の流れ。

もちろんいかなる場合でも人は他人の人生を奪ってはならないでしょう。
作中でオーロラもジムのことを「殺人者」と呼んでいます。

しかし人間って素晴らしいなと思わせるのは、そんな自分の人生を奪った相手でも「許せる」という点で、これがこの作品の救いとなっています。

考えてみればふつうの世の中での恋愛や結婚も、程度の差こそあれ、相手の人生を奪うものなんですよね。
それを許してともに行きていくのが人間の「愛の力」といったところでしょうか。


設定には無理があるが考えさせられる内容でもある


本作品はSFラブストーリーとして楽しめる作品ですが、ちょっと考えさせられる内容もありました。

そもそも120年も旅する宇宙船で乗客全員が冬眠装置で寝ているのはわかりますが、クルーも全員寝ているというのはいかがなものか。

文字通り全自動なわけです。
これ、すごく怖い。
この作品のストーリーは「機械の故障は絶対ありえない」という過信から生まれたようなものなんですよ。

我々の実社会ではたとえば東京の「ゆりかもめ」は無人運転しているわけで、遠隔地で管理している人がいるとはいえ、もしものときは乗客が不測の事態に対応することになります。

宇宙船で宇宙を旅するのはまだまだ先の話でしょうが、今後自動運転が普及してくれば現場に責任者がいないというシーンに出くわすことも増えるでしょう。
なんだかそんな社会への警告も感じる作品なのです。


そしてもう一つがAiロボット。
どんなに人工知能が発達しても、人間の機微を本当に理解できるのか。
Aiロボットがトラブルを招くことが将来たくさん起こるのではないかという危惧も本作品では感じたのでした。


主演女優に驚いた!


さて最後に、本作品で僕が一番驚いたことを書いておきます。

この映画、ストーリーの関係上登場人物が極端に少い。
ほぼ、人間3人とAiバーテンダーロボットのみ。

で、映画を観ながら、Aiロボットは置いとくとして(重要な役どころですが省略)、クルー役のローレンス・フィッシュバーンはかなり個性的な顔立ちですし、大ヒット作「マトリックス」に出ていたから、「あっ、あの人だ」とすぐわかる。

そして、主演のジム役のクリス・プラットは「ジュラシック・ワールド」でハンドサインで恐竜を操っていたあの男前ねという感じで、この人もすぐにわかるし見覚えがある。

ところがもう一人の主役のオーロラ役の女優さんが誰だかさっぱりわからない。
「こんなきれいでセクシーな女優さんを自分が覚えていないはずはない」と思いつつも、でも誰だかわからないというモヤモヤ感を抱きつつ映画を観終えたのです。

で、気になるのですぐに調べてみると名前はジェニファー・ローレンス、「ん?聞き覚えがあるぞ」。
そしてさらに、過去の出演作には「ハンガー・ゲーム」とあるではないですか!

「えっ、あのハンガー・ゲームの主演の娘がオーロラ役なの?」とちょっとひっくり返りそうなぐらい驚きました。

だってぜんぜん違うんだもん。

main_large-13

ハンガー・ゲーム」も観ていますが、正直言って「なんで主演の女の子がこんなイモ姉ちゃんなんだ」と思っていました。

いやぁすげぇ、変われば変わるもんだ。
ハリウッドの特撮以上に、ジェニファーの変貌ぶりに驚愕したのでした。

この驚きを味わえただけでも観る価値があったとか、なかったとか(笑)。

いやほんとハリウッドスターってスゴイなぁ。

 

パッセンジャー (字幕版)
 

 






あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com