まいぷら

MyLife+(略して「まいぷら」)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ

「美女と野獣」【映画レビュー】ディズニーの底力をまざまざと見せつけられた傑作というか怪作!

「美女と野獣」【映画レビュー】ディズニーの底力をまざまざと見せつけられた傑作というか怪作!


ゴールデンウィーク中に今年これまで映画館で観た映画のレビューを毎日アップしていますが、ラストはつい先日観た「美女と野獣」。

大ヒットしたアニメ版の実写版ということでストーリーは知ってるし、苦手なミュージカルだし、そもそもハッピーエンドのディズニー作品が好きではない僕はスルーしようと思っていた作品。

ですが、いざ観てみるとこれスゲェ〜、恐るべしディズニー!となってしまいました。 


「美女と野獣」のオフィシャルサイトはこちら 

 

美女と野獣 (字幕版)

美女と野獣 (字幕版)

 

 

 

 

 

美女と野獣」、ディズニーの底力をまざまざと見せつけられた傑作というか怪作!

 

ディズニーの底力をまざまざと見せつけられた作品、すべてが圧巻


先述したような理由でどうも乗り気ではなかった「美女と野獣」でしたが、観終わった後は「観てよかった」と180度真逆の感想となりました。

というのも、この作品の完成度の高さはなかなかないですね。
もうすべてが完璧というか、さすがディズニーとしか言いようがない。

まずは映像。
CGを多用しているのだが、燭台のエミールや時計のコグワースといった脇役たちの金属の質感とそれでいて人間のような動きが見事に表現されている。

圧巻だったのがポット夫人とカップの少年。
陶器の質感が伝わってくるんですよ。

また、城内の装飾についてもよくできている。
これだけクオリティーの高いCGはそうあるものではない。



そしてあざとすぎるとわかるほど明快な演出なのだが、それを不自然と思わせないところもさすが。
どういうところかというと、

ベル役のエマは
前半 田舎娘の垢抜けないエマ → 後半 美しい王妃候補

野獣は
前半 ただ恐怖の存在 → 後半 優しく繊細な王子の本質を垣間見せる

お城は
前半 廃墟のうような城 → 後半 ロココ調の可愛らしく美しい内装

といった具合で、その変化がみるみる進んでいくので「どんどん変わっていくなぁ」と、演出の手の内が見て取れるのだが不自然さを感じさせないのだ。


更にいえば、

この物語はストーリーを知っていて、最後は絶対にハッピーエンドで終わるとわかっているのに、いつの間にか物語に引き込まれて、野獣が打たれて亡くなるときは「あああ、死んじゃうよ、早く言えよ!愛してるって言えよ!」となってしまうのだ。


もうあらゆる意味で、全方位的に完璧。
あらためてディズニーの底力を思い知らされた傑作、いや怪作といっていい作品と言い切れます。



エマ・ワトソンは「ラ・ラ・ランド」を蹴って「美女と野獣」を選んで大正解、この役はあなたしかいないよ


それにしてもエマ・ワトソン、良かったです。

彼女に関しては「ラ・ラ・ランド」を蹴って「美女と野獣」に出演したということを聞いていたので、「ラ・ラ・ランド」が痛くお気に入りになった僕としては、彼女の歌唱力も含めて「どれほどのものか確かめてやる!」といったスタンスでおりました。

僕は正直言ってエマ・ワトソンはベルのイメージじゃなかったのです。

ですからオープニングの村の朝のシーンでは違和感たっぷり。
「やっぱりちょっと違うんじゃない?」と思ったのですが、それはもう最初だけのこと。

本好き、好奇心旺盛、行動力があって、意志が強い。
この役柄、実生活でも秀才の彼女はまさにハマリ役なのですよ。

観終わったころには「ベルを演じられるのは彼女しかいないなぁ」と結論に到達していました。



ディズニーのすごさは映像だけではないことに気がつく


さて、最後に、

今回は作品に引き込まれてしまいつつも、そこはストーリーを知っているという余裕から、いろいろ邪推しつつ観るという楽しみ方をしていました。

例えば時代考証

場所はフランスの某地域として、城内の装飾はロココ調だから少なくともルイ15世以降の時代だな。
庭園が幾何学模様のフランス式庭園というのもちゃんとしている。

ただ、ガストンが飲み屋でぶっ放すのが、銃口が広がったマスケット銃なんだけどこれってどうなんだろう、けっこう古いタイプじゃないのか。

といったことを考えつつ観ていたのです。

で、映画が名シーンのひとつ、野獣とベルのダンスシーンに差し掛かった時、1つ疑問が湧いたのです。

「ベルって田舎育ちの、本好きの娘なのにどうしてこんなにちゃんと踊れるんだろう?」と。

そしたらすぐに

「父にダンスを習った」

とベルの口から解答をいただきました。

いや、これには驚いた、ちゃんと台詞で疑問点をカバーしてくれている。

こういった点でも「恐るべしディズニー」とあらためて感じるのでありました。

もう、ほんとそつないわ。

 

美女と野獣 (字幕版)

美女と野獣 (字幕版)

 

 

 

美女と野獣 (オリジナル・サウンドトラック / 英語版)

美女と野獣 (オリジナル・サウンドトラック / 英語版)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2018/10/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 






あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com