まいぷら

MyLife+(略して「まいぷら」)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ

【全点50%OFF】光文社 思想・哲学フェア(5/11まで)【kindleセール情報】『読書について』『自由論』など

512x512bb-5



【全点50%OFF】光文社 思想・哲学フェア(5/11まで)が開催中です。

【全点50%OFF】光文社 思想・哲学フェア(5/11まで)のページはこちら


思想・哲学フェアということですが、古典的名作小説もラインナップに入っています。
今回もセール対象71冊から気になった本をピックアップしてみました。

 


【全点50%OFF】光文社 思想・哲学フェア(5/11まで)から気になった本をピックアップ


『読書について』 378円 



読書について (光文社古典新訳文庫)


「読書は自分で考えることの代わりにしかならない。自分の思索の手綱を他人にゆだねることだ」……。率直さゆえに辛辣に響くアフォリズムの数々。その奥底には、哲学者ショーペンハウアーならではの人生哲学と深いヒューマニズムがあります。それが本書の最大の魅力です。

けっこう厳しい読書論ですが、身につまされる主張でもあります。
読書好きなら読んでみる価値はあるかも。


『自由論』  534円  



自由論 (光文社古典新訳文庫)
本当の「自由」とはなにか、考えたことはありますか? 個人の自由への干渉はどこまでゆるされるのか。反対意見はなぜ尊重されなければならないのか。なぜ「変わった人間」になるのが望ましいのか。市民社会における個人の自由について根源的に考察し、その重要さを説いたイギリス経験論の白眉。哲学を普通の言葉で語った新訳決定版! 現代人が必ず読むべき、今もっともラディカルな書。

ジョン・スチュアート・ミルの超有名な著書。
19世紀の人だが本書の中身は今の政府と個人との関わりを見ていると、本書の内容は今も十分通用すると感じます。


ヴェニスの商人』 253円  


ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫)

裕福な貴婦人ポーシャへの恋に悩む友人のため、貿易商アントニオはユダヤ人高利貸しのシャイロックから借金をしてしまう。担保は自身の肉1ポンド。商船が難破し全財産を失ったアントニオに、シャイロックはあくまでも証文どおりでの返済を迫るのだが……。「ユダヤ人には、目がないのか。ユダヤ人には、手がないのか……」登場人物の生々しいまでの真情が胸を打つ。迫力の安西シェイクスピア、第3弾登場!

タイトルを知らない人はいないシェイクスピアの名作なのですが、実は僕は未読なんですよね。
欧米人の教養の基礎ともいえるシェイクスピアですからこのセールを機会に読んでみてはいかがかと。


種の起源(上)』  426円



種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)
進化の研究を科学にし、進化が起こるメカニズムとして自然淘汰説を提唱――『種の起源』の登場は、史上最大のパラダイム・シフトだった! 本書は専門家向けの学術書ではなく、一般読者向けに発表された本である。名のみ知られるばかりで、その内容については多くを語られることのなかったこの歴史的な書を、画期的に分かりやすい新訳で贈る。これを読まずして生命は語れない。

単なる科学書ではなく、彼の著書はキリスト教世界にセンセーショナルな風邪を吹き込んだことでも重要な本です。
下巻もセール対象となっています。


種の起源(下) (光文社古典新訳文庫)





菊と刀』  459円 



菊と刀 (光文社古典新訳文庫)

恥、義理、恩、礼節――日本人が忘れてしまったものはなにか? そして依然として日本人を突き動かしているものはなにか? 第二次世界大戦中、米国戦時情報局の依頼を受け、日本人の気質や行動を研究した文化人類学者ベネディクト。日系人や滞日経験のある米国人たちの協力を得て、日本人の心理を考察し、その矛盾した行動を鋭く分析した。ロングセラーの画期的新訳。

米国人による日本研究で、日本と日本人とは何かを考える時この本の研究結果は面白い。
日本研究本のロングセラー。


ソクラテスの弁明』  459円  



ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)

ソクラテスの生と死は、今でも強烈な個性をもって私たちに迫ってくる。しかし、彼は特別な人間ではない。ただ、真に人間であった。彼が示したのは、「知を愛し求める」あり方、つまり哲学者(フィロソフォス)であることが、人間として生きることだ、ということであった。(「訳者あとがき」より)。ソクラテスの裁判とは何だったのか?プラトン対話篇の最高傑作、ついに新訳で登場!

哲学を学ぶ時、やはりその期限ともいうべきソクラテスは避けては通れません。
この機会に読んでおきたい。



まとめ


以上、【全点50%OFF】光文社 思想・哲学フェア(5/11まで)から、気になった本をピックアップしました。

哲学・思想というと、とっつきにくいジャンルですが、社会人の教養として最終的に哲学に行き着くことは必然かと思います。

kindleUnlimited対象本も多数ありますので、プライム会員は気軽にポッチってみてはいかがでしょう。
なかなか手が出ないジャンルですが、ぜひこの機会に。


Kindleを読むなら新しいKindlePaperwhiteがおすすめ








マンガ専用機もあります。







カラーページの多い本なら




最上位機のKindle Oasisも予約受付中





無料アプリでiPhoneでも読めます。



このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly