まいぷら

MyLife+(略して「まいぷら」)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ

「メッセージ」【映画レビュー】人は確定した未来を受け入れられるのか?

「メッセージ」【映画レビュー】人は確定した未来を受け入れられるのか?

今年映画館で観る7本目は「メッセージ」。

これまでのハリウッドSFエイリアンものとは一線を画す秀作でした。


「メッセージ」オフィシャルサイトはこちら

 

 

メッセージ (字幕版)

メッセージ (字幕版)

 

 



  

 

「メッセージ」は他のSF映画とは一線を画す秀作!人は確定した未来を受け入れられるのか?

 

予告編に騙された!


SF好きな僕にとってこの作品は予告編を観ただけで「絶対見に行く!」と楽しみにしていた作品。

だって柿の種みたいな宇宙船がどーんと浮かんで立っているですよ!
この姿だげでもうワクワクしますから。

しかし、この作品、予告編にすっかり騙されました(もちろんいい意味で)。



この予告編を観たら、エイミー・アダムス演じる言語学者ルイーズは最愛の娘を亡くした母親だと思うし、宇宙人の到来と絡めて母と子のストーリーかなとか思いますよね。

でも違うんだな、これが。
いやもう本当に騙されました。

詳しくはネタバレになるので書けませんが、ぜひ皆さんも予備知識無しで映画館に足を運んでください。
多分そのほうがこの作品は楽しめます。

観客がこんなに真剣に見入る映画は初めてだ


でね、今回は土曜の昼間の一番込み合う時間帯に観に行ってきたのですが、当然館内は大入り。
親子連れやカップルが多く、当然ながら館内はポップコーンの匂いが立ち込めておりました。

ほんとうに真剣に集中して映画を観たい僕は、上映中一切何も食べないし、周りでポップコーンの臭がするのも、食べている音が聞こえてくるのも嫌いなのです。

だから「ああ、今日は集中できそうにないなぁ」と思っていました。

ですが、映画が始まってから、ポップコーンを食べる「ガサガサ」とか「ムシャムシャ」という音がぜんぜん聞こえてこない。

みんな、一瞬たりともスクリーンから目を離せないといった緊迫感を持って集中して観ているんです。
こんな体験初めてでした。

で、あとで調べて納得。
監督は「プリズナーズ」の鬼才ドゥニ・ビルヌーブ監督ではないてすか!
なるほどって感じです。

もうね、ある意味最後まで気が抜けなくて、集中しすぎて”しんどい”映画です。
最初の母と子のシーンから宇宙船到来シーン、そしてエイリアンとのコンタクトのシーン。
最初から最後までずーっと緊張しっぱなし。

映画を観終わってすぐに原作を読み始めてみて気がついたのですが、原作とはかなり趣の違った作品に仕上がっています。

その点を「原作の良さを伝えきれていない」と批判する評論家もいるようですが、僕は逆に見事に原作から監督独自の世界に消化できている秀作だと思いました。

そもそも、原作のまんま映像化することにそれほど価値があるのか?と疑問に思いますし、エイリアンとのコンタクトシーンは見事としか言いようがありません。


人間は確定した未来を受け入れられるのか?


ところで、本作品を理解する上で重要な「サピア=ウォーフの仮説」というものが登場します。

メチャクチャ簡単に説明すると

使用する言語がその使用者の価値観や思考を形作る


というもので、本作の場合、エイリアンの言語解析をするうちにルイーズは「時空を超えたヴィジョンを得る能力」を身につけていきます。

エイリアンには時間の流れが一方方向ではないのですね。

まぁそれはいいのですが、ルイーズは将来起こることをはっきりとしたヴィジョンで観てしまう。
その未来のヴィジョンには、相当つらいことも含まれています。

でもそれもすべて受け入れて生きていくことを決意します。
これがこの作品の大きくて深い一つのテーマですが、考えてみればこの能力って残酷すぎて僕はちょっとムリだわ。
僕だったらなんとかして未来を変えようとするだろう。

だからルイーズの決断にはかなり違和感を感じてしまう。
人間そこまで強くなれるのかと。

その点に関しては本作を観て各自で考えてもらいたいとおもいます。
べつに決まった答えのあるものでもないですから。


いずれにしても、本作品はエイリアンとのファーストコンタクトもののSF作品ではあるが、これまでの派手なドンパチのおバカSF(「インディペンデンス・デイ」とか)とはあきらかに一線を画す秀作だといえます。

ぜひ映画館で最初から最後までハラハラしつつ集中してみていただきたいと思います。

 

メッセージ (字幕版)

メッセージ (字幕版)

 

 



原作




あなたの人生の物語
テッド チャン
2014-09-30




原作の「あなたの人生の物語」はSFの名作であり秀作。
ですが意外にも短編小説で、すぐに読了することができます。




あわせて読みたい

 

www.s-ichiryuu.com