まいぷら

MyLife+(略して「まいぷら」)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ

【7/17 kindle日替わりセール】相原孝夫 (著)『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』 299円

おはようございます。
今日、7月17日は「漫画の日」。
1841年のこの日、イギリスの絵入り諷刺週刊誌『パンチ』が発刊されました。
1992年に終刊になるまで151年間発行されていたそうです。
ちなみに日本では、1862(文久2)年に日本語版の『ジャパン・パンチ』が刊行されたそうですが、江戸時代の終わりにもう刊行されていたんですね。


さて、本日のKindle日替わりセール本は、モチベーションに頼らない働き方を提唱した本。
気持ちではなく、仕組み化や習慣化で成果を上げ続けることを最善としている僕は、この考え方に大賛成です。


相原孝夫 (著)『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』 299円 




仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか
Amazonの内容紹介より

モチベーション高く働く――。意欲が常に湧き上がっている、理想とされる働き方だ。モチベーションという言葉が仕事の場面で使われ始めたのは2008年のリーマンショック頃。以来、時を同じくして職場うつの問題が急浮上。高い意欲を礼賛する風潮が、働き方を窮屈にしたのだ。そもそもモチベーションとは、ささいな理由で上下する個人の気分。成果を出し続ける人は、自分の気分などには関心を払わず、淡々と仕事をこなす。高いモチベーションを維持する人などいない。気持ちに左右されない安定感ある働き方を提言する。







Kindleを読むならKindlePaperwhiteがおすすめです!









マンガ好きにぴったり、32GBの大容量モデルも登場!

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル



カラーページの多い本なら










最上位機のKindle Oasisも発売中






kindleは無料の専用アプリを使ってiPhoneでも読めます。



このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly