まいぷら

まいぷら(MyLife+ マイライフプラスの短縮形)は、50歳からLife Shiftして「人生を味わい尽くす」ための”プラス”を発信するブログ。書評、ガジェット、ライフスタイル、旅、アウトドア、ときどき讃岐うどん

ミニ・シェラカップ欲しさに「BE-PAL 9月号」を買ってきた! 旅心をくすぐるかわいいやつ

IMG_1982

こんにちは、お盆休みも引きこもってブログ書いている一龍(@ichiryuu)です。

昨日ブログを書きながら何気なくFBのタイムライン観てたら「BE-PAL」のCMが流れてきたのですが、そこで僕の目は付録のミニ・シェラカップに釘付けに。

ときどきやられるんですよね、BE-PALさんに、付録でグサッと。
なんせ、シェラカップといえば、僕らの世代にとってはアウトドアでの万能カップの代名詞。

直接火にかけることができ、一人旅のバックパッカーにとってこれほど便利なツールはないというぐらい重宝するもの。

僕もずいぶん貧乏旅行したけど、いつもザックにはシェラカップをぶら下げていました。

ということで、能書きはこの辺にして早速紹介。


BE-PAL 9月号」特別付録ミニ・シェラカップをレビュー、細部まで凝った作りでよくできている!



IMG_1973

近所の本屋さんで買ってきました、「BE-PAL 9月号」、800円でございます。


IMG_1974

今回の付録はシェラデザインズのマウンテンパーカが誕生して50週年を記念したものなんですね。

シェラのものではないけど、マウンテンパーカも昔は好きでよく着ていました。
(シェラのは高くてとても貧乏学生の僕には変えませんでした)

この写真のように、ザックにカラビナでシェラカップをぶら下げるのが定番スタイルでした。



IMG_1975

さて開封
箱を見た瞬間「意外にでかいな」と思ったけど、こういう梱包でした(笑)。



IMG_1976

まぁ、梱包はいいとして、細部を観ていきましょう。
スタイルとしては伝統的なシェラカップを一回りかふたまわり小さくした感じ。



IMG_1977


特に目を引くのは底面のデザイン。
刻印になっていて、なんともカッコいい!



IMG_1978

側面には容量が記載されていて、50mlと100mlのメモリ、そしてすり切りいっぱいで140ml。
正規のサイズのシェラカップが約300mlの容量ですから、約半分ぐらいですね。




IMG_1979

凝っているなぁと思ったのはこのハンドル部分と本体の結合方法。
こういうふうに針金状のハンドルを本体が巻き込むような状態で、本体のまわりを一周ぐるりと回っています。
これが正式なシェラカップの作りなんですよね。

この形状のため、熱いものを入れても、口に当たる部分が熱くなりにくくなっているんです。
よく付録でここまで再現したなと感心してしまいました。


まぁ、実際にフィールドで使える付録ですが、ちょっと小さいので僕は机上で小物入れとして使おうかなと思います。


こんな感じ

IMG_1983





「ウルトラライト」なギアの特集も個人的に興味深々



FullSizeRender

さて、付録につられて購入した「BE-PAL」ですが、この「ウルトラライト」特集も実は興味深々。

というのも、僕が大好きな四角大輔さんが、ウルトラライトギアを駆使して軽量な荷物で世界中を飛び回っているのを知ってから、僕の年齢的な体力の衰えもあるし、そろそろ荷物の軽量化に本気で取り組もうと思っているから。

来年今の仕事を退職したら、あちこち旅をしたいし、そのためにも軽いギアを調べておきたいなと。



FullSizeRender

特にいま興味あるのはザックで、軽いのはもちろん、30L以上入って、僕の体にも合うザックはないかと探しております。

ちょっとこの特集も読み込んで研究しよう。



BE-PAL(ビーパル) 2018年 09 月号 [雑誌]


正規サイズのシェラカップがほしい方にはオススメはこちら
スノーピーク(snow peak) シェラカップ E-103

スノーピークのシェラカップ
他社との違いは持ち手の形状。
指を引っ掛けて安定してホールドすることができます。


スノーピーク(snow peak) チタン シェラカップ E-104


もし証書少々お値段高くなっても良ければ頑丈なチタン製がオススメ。





このブログをまた読みたいと思ったら登録を!→ follow us in feedly